喜多マラソン:レース以外編

喜多マラソンを走って来ました。

一応、フルマラソンなので2度に分けて記載。

まず、ベールに包まれた<-大袈裟、「1人用リック」から。
1-R.jpg
重さは計っていませんが、おそらく300gも無いような超軽量のミニ・バックパックでした。色は青と黄色が選べました。昨年までの黒いエコバックから比べると、まあ、あのエコバックも味が有ると言えば有りましたが、格段の進化。 

今年の参加賞が予想外に良かったので、それを見られたスベオトさん改め、masaさんは、「今年は給水にスポドリが出るかも」と言っていましたが、確りオール水でした。でも、バナナが補給食で出ていました。
凄いぞ喜多マラソン、進化しています。

ちなみに、昨年までのエコバックをご存知ない方に紹介。今まで2度出ていたので2つ持っています。
ECOB.jpg
黒地のエコバックに白く大きな文字で東京喜多マラソンと入っているので使う場合、裏を向けないとちょっと目立ちます。それに引き替え、今年の1人用リックは、上部に小さい白い文字で印刷されているので目立たないですし、ワッペンなどを貼ればもう、オリジナルの1人用リック。

ペラペラの生地ですが、ベルトは上下で締められ、試したわけじゃないですが、揺れにくい感じです。下のベルトは前に来る側にチャック付きのポーチが左右あり、使い易そう。
1-R-B.jpg
裏はメッシュになっているので蒸れは少しましかな。真ん中もメッシュでタオルとか入れちゃうとメッシュを通し、汗が染み込むからタオルとかはビニールに入れないと駄目かも。

背中は2室で上がメイン。下は小物入れかと思っていじっていたら。
1-R-withP.jpg
メッシュの袋と口を絞れる紐が付いており、ペットボトルを入れられるのでした。
どの程度揺れないかは分りませんが、真っ直ぐ真ん中に立てるのでメインにタオルとか入れたらより安定するかも。ペットボトルを入れない場合は、携帯やスマフォ、お財布を入れても良いしね。なかなか良く出来ているじゃないですか。

ちょっとしたロング走の時に良いかな。着替え一式は入らない気がしますけど。
1人用リックのレポでした。

今年、惜しくも参加されず一人用リックをゲット出来なかったランナーさんも来年も1人用リックかもしれないので諦めずにゲットしましょう。来年は更に進化して、二人用リックになっているかもしれません。

さて、今日の喜多マラソン。
喜多マラソンの呼びかけをしていた関係もあり、陣地取りの案内をしました。強い日差しや雨を防げる場所は、橋の下しか無く、川側は大会本部と駐車スペースで土手側だけ。貴重な一等地なので本当に確保できるのか。

今まで陣地を取ってくれていた、さぶろうさんやるーぷさんから情報を入手。6時半に行けば取れそう。始発で行くしかない。しかし高崎線の始発は遠くから来ることから最寄駅は5:38と遅い。それでも王子駅には6:15に到着。

ダッシュでタクシー乗り場へ。会場の江北橋までタクシーで行きました。いや、速い速い。歩くと3kmほどなので30分は掛かっちゃうのですが無事6時半前に到着。

陣地は空いているか?

ガラガラでした。
昨日止まっていたトラックも消えており、コース際の2mほどの平地にシートを広げました。
いやー、早く来た甲斐が有ったなと安心していると、大会本部の会長さんが来て、坂の所は良いけど、地面の所は車が来るので敷かないでねとのこと。

えー折角、来たのに。
たのくる「去年は良かったですよね。」
会長さん「去年と今年は違っててね。国土交通省とか色々あるんだよ」
たのくる「いつからだと良いですか?」
会長さん「大会が始まったら良いけど」

と言うことで、一旦、平地に敷いたシートを斜面に引き上げる。実際にその後、荷物預かり用シートを積んだトラックが止まったりして、平地は暫く使えませんでした。大会の時間が徐々に近づいてそろそろ、トラックも引き上げそうな頃に平地にシートを敷き直して無事、陣地確保。

流石に6時半に来たので、会場受付の始まる8時まで思いっ切り暇。最初に訪れてくれたのは、masaさんでした。
普段走っているコースなので大会には出ず、大会前にランと応援で来てくれました。
次が、るーぷさん。るーぷさんも喜多は走らず応援に徹するそうです。
まあ、正しい選択かと。

その後は、たのくるブログを見ていますよという方、それから最近ブログを始められた、マラソンバカと呼ばれてのゆうさん。大阪だと「マラソンアホと呼ばれて」となるのかな。ブログタイトルとは全く違う印象ですけど。

俺は俺の道を行く! サブ3を目指してのたけしさん。

最近、コメントを頂いているキョウセイさん、K.Tさんと続々と来て頂きました。
喜多マラソン大好き、きりさんも到着。
華さん、ponkoさん、てーいさんとお馴染み美ジョガートリオも到着。
一気に賑やかになりました。

ちゃららさんが来ないね。ブログでDNS宣言が出ていました。実は、6月からブログを再起動した怪盗紳士や9000さんも密かに登場するかと期待していたのですが、喜多で再始動も確かに何ですね。
またどこかの大会でお会いしましょう。

えーと、漏れていないと思うけど、大勢だったので盛れていたらごめんなさい。

何となくガチの大会とは違い、トイレも一時間前に行った切りで適当な準備をしてまあ、レースの時間が近づいて来ました。

一応、今までの様式というかスタイルで、今日は始発で早起きだったので、始発に乗る前にローソンの鮭ハラミお握り一つ。会場到着後、7時ぐらいにカステラ1パックと野菜ジュース。8時半にaminoVITAL パーフェクトエネルギーとaminoVALUEコンク。aminoVITAL3000mgを摂取。
昨日の夜は1本だけどOS-1も摂取して保水して置きました。

今日の補給食はHONEY STINGER 3本と塩熱サプリを6錠。ペットボトルは持たず、給水の水のみで行く方針。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

レースが始まる前は、曇り空で橋の下なので風も涼しく、喜多マラソンらしくなく、コースレコード続出じゃないかと、るーぷさんと話していたのですが、

そこは、喜多マラソン。走るころには、晴れ上がっていました。

アフターは有志7名で、徒歩で王子駅まで歩きガストでお食事。フルマラソンを走って駅まで3km歩いたけど、暴食は控えてダイエットデーに。と言ってもミックスグリルなので1000kcalは越えているけど。
ストイックに飲み物はお水にしておいた。


レース編へ続く。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

喜多マラソン陣地のお知らせ

当日、陣地が確保できたか、ここに書きます。
(確保できました!)

今日の記事、本文:
いよいよ、今度の日曜日に迫ってきた第52回六無月東京喜多(北)マラソン(正式名称ね)。
今まで、さぶろうさんやるーぷさんが陣地を朝早くから確保して頂いて、ありがたく利用させてもうらだけでした。今回は喜多マラソンを何度も呼び掛けてきたこともあり、自分も陣地を確保しようと思っています。

場所は昨年までさぶろうさんが確保してくれていた、喜多マラソンの一等地、江北橋下。コースを挟んで大会本部(川側)の向かい。ただ早起きして行きますが限られた場所なので取れないかもしれません。

kaijyo-map.jpg
確保できなかった場合、ゴールより少し離れたコースの川と反対側に取ろうかと思っています。
暑くて、雨でも橋の下は快適なので確保したいですけどね。
雨の場合、コースからは離れますが橋の下、本部の裏側も空き地だったと思うのでそこにすると思います。
もちろん、どなたか先に確保して下さってもうれしいです。

陣地は、100円ショップで買った青いビニールシートを敷きます。目印は、ブログ村ミニ幟。
IMG_20130217_090756441S.jpg
ブログ村では、後発の傍流なので正式ブログ村幟は持っていないので。

ブログ村マラソンのランナーさん、ブログ村マラソンのランナーさんと会ってみたい読者さん、気軽にお越し下さい。上手く橋の下が確保できたら、ペットボトルや補給食を置いたりして補給基地として使ってもらえたら早起きした甲斐が有りますね。

かく言う、たのくるも喜多マラソンでのフルマラソンは初めて。過去2回連続で出ていますがいずれもハーフでした。ちょっと体調的には良い記録を出せそうもないですが、隔週で4回連続フルマラソン距離を走ってきたので、完走は十分出来ると思っています。

喜多マラソンの魅力を一番ご存知のさぶろうさんの昨年度記事を紹介します。
喜多マラソン完全ガイド

コースは今年、3周と謎のコースになっていますが、雰囲気などは同じかな。初めての方は、他の大会と比べて不満な面もいくつかあると思います。RUNNETの大会レポとか読んでも点数とか低いんです。
それでも一度走るとやみつきになる楽しさが喜多には有る(個人の感想です)

給水等が追いつかないこともあるかもしれません。ボランティアの中高校生は一生懸命やってくれているので、感謝しながら走りましょうね。今年は3周なのでコース際に陣地を設置すると給水、補給食で何度も立ち寄れ自前で十分確保できるかもしれませんね。

よーし、適当に頑張るぞ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

土曜日に会場偵察も兼ねて、前日受付に行ってこようと思っています。陣地設定で変更があったら、土曜日に改めて記事にします。また当日、確保できたか出来なかったかは、この記事の冒頭に更新を入れます。

それでは、会場でお会いしましょう。
(って何人、来て下さるかな)

結局、蒸し暑かったりして、ランナーの皆さんは、ヘロヘロになって走っているかもしれないので、冷やかしの応援も歓迎です。
希望者が居るかどうか判りませんが、アフターは去年と同じで、王子駅かな。
誰も居なかったら、1人でメガポテトを暴食するかな。ちょっと寂しいけど。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

喜多マラソン:コースの謎

喜多マラソンの案内ハガキが来ました。
クリックで拡大。
kita-hagaki.jpg

何々、昨年と変わったところは無いかと読んでみると
フル出場者は3周、ハーフ出場者は2周となります
「国土交通省の河川工事の関係で、当日コース変更することも有りえます。」とありました。

昨年度は、スタート地点から下流に下り、折り返してスタート地点に戻って来て、今度は上流に走って折り返すという1周21.0975kmのコースでした。フルマラソンは、2周。2周目に入る時に、ビニールのような襷を渡されて、それが2周目ランナーの目印でした。

板橋Cityや月例赤羽もそうですが、荒川河川敷、長い間工事が続いています。喜多マラソンもその影響を受けたみたい。まあ、仕方ないですね。

だが。フルが3周でハーフが2周とは、どういうことでしょうか?

まさか、ハーフと言いながら、フルの三分の二、28kmじゃないよね

逆に逆に、ハーフの1.5倍で良いのでしょうか? フルが36km
それなら、非公認とは言え、フルマラソンの自己ベスト大幅更新間違い無し。

有り得ねーなんで、主催の「北区ラジオ体操連盟健走会」のホームページを覗いてみました。
北区ラジオ体操連盟健走会

この中に第52回大会(今回ね)の紹介ページがありました。その冒頭を略し途中

コースは片道12kmの平坦で略直線のサイクリングコースと土手で自転車公害の影響もない自然に恵まれたコースです。ランナーとしてフルマラソンに挑戦したいという願望は男女共に有ります。特に女性の方に夢を果たして貰いたい。そして皆で楽しく走って汗を流してみませんか。ご家族やお近くの方、お誘い合わせの上、知人の応援やピクニック・土手遊び等にも適していますので、是非ご参加下さい。

赤字にしたところがコースの紹介のようですが、片道12km
往復しただけで、24kmになり、ハーフは越えてしまう。3周したら、36kmだが、スタート地点に戻って来れない。4周したら、48kmになるし、3周しますという記述と矛盾する。それにハーフはどうするのか
略直線というのは、略がどこに掛かっているのか判りませんでしたけど。

まあ、コースは置いて置いて、この文章、味が有ります。青字のところ。断定的と言うか、主催側の強い思いが。
「特に女性の方に夢を果たして貰いたい」って、要するに、おっさんより、女性ランナーさんが大勢出てくれた方が嬉しいと言っているのかな。
ちなみに、「土手遊び」という遊びがどういうものか、想像が付きませんでした。ダンボールを敷いて滑ったりする遊びかな。

ちょっと慌てた。下の方に大会要項が有りました。
4)フル出場者は3周走ること・
 各周回後タスキを渡します。肩に掛けて走ること。


昨年は2周目でタスキだったが、各周後タスキを渡すとあるので、2周目のタスキ、3周目のタスキと2本掛け?
それとも3周目に入る時に2周目タスキは返し、3周目(色違いか何か)を掛けるのかな。うーん、謎です。

その下にコース情報がちょっと有りました。

4)フル出走者は1周回14.065kmのため、毎周回後タスキを渡します。

おお、フルの1周は、14.065kmなんですね。14.065km x 3= 42.195kmとおお、計ったような3周だ。
凄く精密だ。

フルマラソンは、判った。1周、14.065kmをタスキを貰いながら、3周すれば良いのですね。

あの、ハーフは? 2周したら、28.13kmとハーフより、7kmも多いし。2周目はタスキを渡すとは書いていない。
フルマラソンとコースは別かな。1周は、フルと同じコースを走って、14kmを走り、残り、7kmは途中で折り返すとか何か。

あるいは、ハーフだけの特別コース。10.54875kmの周回を2周とか。ハーフのコースは謎のままでした。
と言っても、フルマラソンも1周が14.065kmと判っただけで、どんなコースなのか、タスキの色は、タスキは1本なのか、2本掛けるのか、判りませんけどね。

そういうアバウトさが、喜多らしくって、好きだな。

ちなみに、大会が近づいて来たので、陣地情報は、そのうち、記事にします。
場所は、江北橋下の大会本部のコースを挟んだ真向かいの予定。今までは、さぶろうさんが確保して下さっていた場所です。頑張って確保する積りですが、駄目なら別の場所になります。もし良かったら立ち寄って下さい。

じっくり読むと、ハガキ一枚でも楽しめるのが、喜多の魅力だね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

あ、ハーフは良く判らないですが、最悪、2周、28kmを覚悟しておいて下さい(嘘)
それじゃあ、楽しく走りましょう。

ハーフというカテゴリは作っていたのですが、今回、喜多マラソンという新カテゴリを作りました。つくばとか、別大とかは、作っていないのですけどね。後で見て楽しめるように。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数