フリーランで通勤

FREE3.jpg
最近、プチ気になっているベアフット系ランニング。芝生で裸足ジョグはすっかりお気に入りに。

時々、足底筋膜炎になるのでこのシーズンオフ中は、その克服が一つのテーマ。裸足ジョグもその一環です。
それじゃあ、ちょこっと過ぎるから、普段から鍛えるとまで行かないまでも足底へ刺激が入るものが欲しい。

練習は相変わらず週3日ペース(今週は風邪のため、平日練はおさぼり)、週5日の通勤を活用できたらということで、新横の雅さんを真似て、ナイキ フリーランを買ってみました。

ジュエンやB&Dで黒色を探していたんですが、無くて昨日はアートスポーツに行ってみました。最初に探したのは、ナイキ フリー3.0。 フリーシリーズで一番、裸足に近いシューズです。ナイキは幅が狭めで、サイズは25cmで丁度良かったです。つま先はかなり余裕が有りますが、つま先を詰めると足幅がきつ過ぎかな。

しかし、通勤でも目立ち難い黒い色が無い。ジュエンとかでも黒い色が少ないのは知っていたのです。
お店に人に、黒い色は有りませんよねと聞くとやはり無いとのこと。
と、お店の人がこれ、タイプが違うますが25cmですと出してくれたのが、フリーはフリーでもフリーラン+3。

ミッドソールの厚みの差8mmというフリーラン入門用とも言うべきシューズ。どうせなら一番裸足感覚に近く厚みさ4mmの3.0が良かったんです。それでも履いてみたところ、3.0の方がフィット感は良かったですが、まあ悪くは無いし、黒色ということで、しばし迷う。

しかし、こうして写真に載せたということは、結果がお判りのように購入。駄目を押したのは、シューズに付けてある札で「現品限り 25.0cm」最後の一つには弱い性格。

まあ、靴箱もない本当に現品限り品でしたが、特に汚れもなく5500円が安いのか、ネットで探せばゴロゴロしているのか知らないまま購入。

早速、今日通勤で履いて見ました。+3なのでクッション性はかなりありますが、足裏が縦横切れ目が入っていて、確かに普通のランニングシューズとは歩いた感触が違っていました。裸足ほどじゃないけど、微妙に足裏が刺激されている感じ。

個人の足型にも寄るんじゃないかと思いますが自分の場合は、裸足で歩く感覚とも違い、土踏まず部分に歩く度に刺激が入ります。あとは当然ながら前足部の指の付け根、拇指球部分。足指もランニングシューズより自由な感じがしました。

職場内をフリーランで歩くのは支障があるので、一応、革靴を置いておきました。

あー、今回は新しくシューズを買った理由を家族には説明していません。明日、なかなか面白い感覚のシューズとして紹介しようかなと思っていますけど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ソールの白い所も黒だと良いので、黒マジックで塗ろうかとも思ったんですが、万一、スーツのスラックスに油性マジックの黒が付いたら拙いのでそのままに。昔のタイプでは、全部黒色もあったみたいなんです。
ナイキさん、真っ黒なフリー3.0 V6を作って下さい。
また、ランニング関係の小さなお願いが増えてしまった。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

ベアフットシューズが何故か、SKYSENSOR JAPANに(笑)

先日、ベアフット系シューズを探しに行き、サイズが合わず失意のうちに手ぶらで戻った、そんなGW前半。
今日は仕事帰りに御徒町・上野に行き、リベンジして来ました。

タイトルからバレバレでした。
誤解の無いように書くと、ASICSのSKYSENSOR JAPAN。ベアフット系シューズでは有りません。<-えっ、知っていましたね。

今日はサイズが無いだろうとベアフット系シューズには見向きもせず、値段の安いレース用シューズが無いかジュエンを物色。

新横の雅さんが愛用されている、SKYSENSOR JAPAN V-Aの方では無く、SKYSENSOR JAPANの方を購入しました。
SKYSENSOR-JAPAN01.jpg
SKYSENSOR-JAPAN02.jpg

買ったのは1足ね。
SKYSENSOR JAPAN V-AとSKYSENSOR JAPAN。何が違うのかと少し調べたら、踵のホールド感とか、使われている材質の違いでV-Aの方がより横ぶれを防いでくれるらしい。

自分の場合、余り踵のホールド感は気にならないのです。4スタンス理論では、前方着地タイプのランナーは、踵のフォールド感を気にしないと書いてあり、それを読んでから、更に気にならなくなりました。

それでも、雅さんも愛用されていますし、V-Aの方が良いシューズのようです。ただ、値引率が恐ろしく悪い。
メーカー希望価格も少し高くて16,275円。値引きで13000円台。

一方、SKYSENSOR JAPANの方は、メーカー希望価格が15750円。ジュエンでセールをしていて、9975円?だったかな。両方とも、フラットソールの代表格かな。

それでも9975円を今、通常の会員割引だから10%として9000円ほど。まだ高いな

とターサーゲール3の売れ残りが無いかと探して、ジュエンの御徒町本店、BENEX館、ランニング館とハシゴ。
上野駅に一番近いランニング館で、ターサーゲール3、8300円を見つけました。札が付いていて、28.0cmのみ。

28cmのTEAM75のランナーさん、ゲール3が欲しければランニング館にGO TO
ゲール3は、先日、スポーツショップを徘徊した時に、B&D上野店でワゴンの中に6300円で見つけたのです。しかしサイズが24.5cm。大き目を履いているから履けなくないがと一瞬迷ったが見送った。

あ、話が逸れたというか、ゲール3は、女性用とSlimは見つかるのですが男性用25cmがもう店に無かったのです。それで、SKYSENSOR JAPAN 9975円。隣にターサーJAPANが同じく9975円。やっぱり高いなと店を回っていると。

SKYSENSOR JAPAN 8379円。えぇ、少し離れた処のJAPANは9900円なのに。色とサイズが限定のようで、25.0cmと25.5cmのみ。

ピッタリじゃないですか
25.0cmの箱を探すと見つかり、ビニール袋に入った新品、JAPAN君が横たわっていました。

そのうち、モデルチェンジするかもしれないし、踵が緩めかもしれないけど、気にならないし、緩さを知っておいて、V-Aをまた買っても良いしと、色々と理由を付けて、即購入。7541円でした。

色使いは地味だけど、踵のJAPANという金文字が良いね。家に帰って重さを計ると、180gでした。お店にも計りがあったから店で計れば良かったけど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ところで、ターサージール。春日部大凧マラソン、10kmなので使おうかと思っていましたが、足首、アキレス腱はまだ今一なので、今回も封印。

つくばマラソンでの初サブ3を記念して買ったターサージールを購入後、買ったシューズは、Adizero Mana7 2足、ターサーゲール3、フェーザーファイン2と今回のSKYSENSOR JAPAN。と距離を踏めていないのに、シューズばかりが大増殖しています。
ターサージールのフルマラソンデビューはいつだろうか

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

シューズコレクション&印象

フェザーファイン2を買ったのと、故障で走れないので

あ、笑っている場合じゃなかった。まあ、今日は一日雨で走れませんけど、今持っているシューズの印象など。
ここに書く印象はあくまで個人としてのものでして、シューズの相性や何を履くかはランナーさん毎に違っていて当たり前です。だからはあまり反論とかしないでね。

速い記録を狙う順に持っているシューズを書くと(これ自体、個人の感想ですけど)

ASICS ターサージール:
つくばマラソンでのサブ3達成を記念して購入。まだ20kmぐらいしか走っていない。
良いシューズです。走力的にはサブ3以上向けかな(個人の印象ね)。サブ3というよりサブ50とかサブ3の一歩先以上という印象です。もっとも、ASICSのサイトではサブ4以上とかシューズナビゲータで10kmを45分として、レース用を選ぶと、ターサージールも出てきます。サブ3.5狙いの人が履いて駄目ということは無いはずだけど、ターサージールを履くより、もう少しクッション性のある別のシューズを履いた方がパーフォマンスがより出ることもあると思います。あ、個人の感想ね。履くのは自由ですよ。

ASICS ターサーゲール3:
helloweenさんとの駒沢30km走で履いただけ。ジュエン20%中だったので品切れになる前に購入。
サブ3狙いの人が履くと良いシューズかなと思います。あ、個人の感想ね。
範囲としてはサブ3以上からサブ3.5狙いまでかな。
勿論、サブ4を達成した人がレースで履いたのも知っていますし、脚が潰れる、故障するということは無いです。
ただ、30kmを過ぎて脚が痛くなったりしたとしたら、もう少しクッション性のあるシューズでレースに臨んだ方がよりパーフォマンスが出たかもしれません。あ、個人の感想ね。
良いシューズだったから、継続して売ってくれたら良いのに、さすがに最近は店頭で見なくなりましたね。
ジールよりはクッション性があるから丁度良いのにね。軽いしある程度クッション性もある名作だと思います。

ASICS スカイセンサーネオ2:
持っているのはネオ2。最新モデルはネオ3。違いは良く知りません。
かなり軽いのでサブ3からサブ3.15ぐらいは狙えるシューズ。フラットなソールなのであまり蹴りだしたりしないでピッチを刻むようなランナーさんが合っているかも。あ、これも個人の感想ね。
レースで使ったのはハーフマラソンぐらいで、スピード練習も含めた練習用として重宝しています。ソールの耐久性も高いので相当走っていますけど、まだ大丈夫な感じ。

Adizero Japan2:
これでつくば、勝田と連続サブ3を達成。サブ3からサブ3.15ぐらいが良い感じかな。個人の感想ね。
クッション性は初代Adizero Japanの方があり、少しソールが固い印象がありますが、ヒール厚もある程度あるのでクッション性は感じられますけど。ターサーと同じでフロント部分と踵部分が分かれてバネでつながれた作りなので蹴り出して走るランナーは好むかな。安いし好きなシューズです。

Adizero Japan:
初代モデル。これ安いかったし、クッション性も思ったより有り、ソールのゴムチップが柔らかい分、すぐ削れるんですけど、脚には優しかったかな。もう流石に店頭では見ることが無くなりました。サブ3.5からサブ3ぐらいまでカーバー出来るシューズかなと思います。名作なので復刻して欲しいぐらいです。

Adizero Mana7:
3990円だったので思わず2足も購入。プロネーションが入っているのを知って買いましたが、やはり親指側の土踏まず部分外側が結構硬く、フロント部分のチップもカツカツと固い感じで着地が結構、硬く感じます。
二足も買っちゃってどうしましょうという感じ。オーバープロネーションじゃないので合わなかったですね。ターサーゲール3とかAdizero Japan2の方が優しく感じます。あ、個人の感想ね。
Mana7は、Adizero Japan初代のソールをベースに作られたので期待したのですが、初代Japanの柔らかさからは、似て非なる別物という印象。ソール自体は確かにそっくりなんだけど。

フェザーファイン2:
まだ走れないので履いていませんけど。これ良いシューズです。あ、個人の感想ね(ひつこいけど)。
ソールに使われている素材や踵部分のクッション性などかなり脚に優しい印象でかつ、25cmで220gと軽量。
サブ4からサブ3.15まで広く使えるかなと思います。個人的な印象ね。
サブ3.5狙いのランナーさんは、これぐらいのクッション性を持ったシューズで走った方が後半に苦しまないで良い気がします。どの道、フルマラソンの後半は苦しいものですけど。
何故、そう力説するかと言うと、あ、個人の感想ね。ある程度軽いシューズなら脚の運びも楽でフルマラソンで重たいシューズで走った時に比べ疲労も違うこと。クッション性は重たいシューズと比べてもそう遜色が無いこと。と足運びとクッション性のバランスが良いため。
あ、それを信じてサブ3.5やサブ3.15を達成できなくても責任は持てませんけど。

ミズノ ウェーブエアロ10:
初マラソンで使ったシューズ。元々、サブ4を狙うために買ったシューズですが、初マラソンはサブ3.5狙いの3時間20分辺りを狙って走りました。結果的にはサブ3.15ぐらいは行けるシューズです。
ソールの形状が蹴り出し易くなっていて結構、スピードも出せる上にクッション性もあります。重さは25cmで220gか230gでした。最新モデルはエアロ11ですが、エアロ10と同じ形状を継承。

ミズノ ウェーブエアロ9:
安いので買った練習用シューズ。エアロ10と比べると、エアロ9でサブ3.5を狙えるのは、もっと走力が必要かなと思います。あ、これ個人の感想ね。エアロ9からエアロ10でレース用として進化した感じを持ちます。

NEWYORK 2160:
ASICSショップで足のサイズを計って薦められた24.5cmのシューズ。長く走ると足指が痛くなって駄目でした。これもオーバープロネーション向けですが、Mana7ほどガードしている印象は無いです。もともと、相当なクッション性があるシューズなので足を包み込む感じで優しいからかな。クッション性がある分、分厚く重たいので、このシューズでサブ3.5を狙うのは厳しい感じ。あ、これ個人の印象ね。だって重たそうじゃない。これでサブ4とか達成したランナーさん、凄いと思います。最近、達成したランナーさん居ましたね。凄いよ。

オーバープロネーション(足首が内側に倒れ込む人向け)のシューズはMana7とNEWYORKで残りはニュートラル向け。

あ、思いっ切り個人的感想を書いちゃった
個人的感想なので反論しないでね。と言うことで今日はコメント受付無し。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

フェザーファイン2を買う

故障中のランニング・モチベーションアップ作戦、その3

復帰ラン用にクッション性のあるASICS FEATHER FINE2を買いました。

その前に昨日は、脚の負担を少しでも軽減しようと、ビジネスでも使えるウォーキングシューズを購入。近所のモールにB&Dスポーツが入店してセールをやっていたので見に行ったのです。元々あったヒマラヤスポーツも新装オープンしていて、ヒマラヤでブリジストンのウォーキングシューズがセールで、13650円(税込み)のところを3990円(税込み)と大割引

新年度が今日から始まったし、早速、ウォーキングシューズで通勤しました。新年度で忙しいことは忙しいんですが、まあ、メリハリということで、少し早く帰り、御徒町のジュエン本店に寄り道。

日曜日にB&Dで見た時は、フェーザーファイン2、確か9000円ぐらいだったから、それぐらいかなと思って店内を探索。型落ちのフェーザーファイン初代でも安ければ良いかと、特売コーナーを見ると。

6279円
会員割引だと、5651円

型落ちじゃなくて、フェーザーファイン2の方でした。これは買えと言っている特売の値段だ。
20%引きの時なら5000円を切るが、25cmのサイズは1つしか残っていなかったら、文句無く即買い。

IMG_20130401_213035467.jpg

黄緑色で春らしくて良いかな。モチベーション、単純にアップ
まだ、走れないけど。

だが、待てよと買ってから。家に帰ると走れないのにまたシューズが増えたと言われるかな。
前回、Adizero Mana7を買った時は黙っていて走る時に見つかったんでした。

今日は見つかる前に話してしまえ。シューズの重さを計るために1つ持って、見せた上で、「古いのは捨てますよ」と言うと「別に古いのを捨てる必要はないけど」と先制告知作戦は大成功

元々、オープンな性格なので、隠すのは好きじゃないんです。これからも先制して告知するようにしよう。
で、フェーザーファイン2、25cmを計ってみたら、220gでした。

ミズノ ウェーブスペースエアロ10も220gか230gでクッション性も高かったですが、フェーザーファイン2も同じ感じかな。これなら、フルマラソンでもサブ3.15ぐらいなら走れます。サブ3はどうかわからないけど、案外、脚を守ってくれて走り切れたりするかも。まあ、全く練習出来ていない今はどちらも無理ですけど。

ちなみに初マラソンはエアロ10で走って3時間15分ぐらいで走れました。
フェーザーファインよりクッション性があるのが、GEL DS-TRAINERですが、オーバープロネーションが入っているので自分に合わないし、確かにちょっと重くて、流石に故障明けでもここまでクッション性は要らないかな。
ヒールが厚いのも慣れないと逆に走り難かったりしますしね。もっとクッション性のある、GT NEWYORKも6200円じゃ売っていないしね。

あ、それとDS-TRAINERの方が高かったので。と言うこと一番欲しいなと思っていたFEATHER FINE2が買えたのでした。他にプロネーションが入っていないシューズだと、GEL DS-SKY SPEED3だけど、FEATHER FINE2なら、復調して来て、キロ4以下で走る場合も軽いから十分走れそうなので良いかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

走れないのに、何故かシューズが2足増えた日でした。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

メーカー毎のシューズサイズ考

シューズのサイズ、自分の場合は、25cmを履いています。同じサイズの25cmでも、メーカー毎に履いた時に足の余裕が違いますよね。今日は、持っているメーカーでインソールの大きさを比較してみました。

と言っても3つのメーカーだけです。Adidas, ASICS, MIZUNO。どれも自分用なので25cm。
3sho.jpg
ちょっと違いが判りずらいかもしれません。その前に赤のインソール、汚れてる。
赤がミズノのウェーブスペースエアロ10。白がASICSのスカイセンサーネオ2。水色が、AdidasのAdizero Japan Wide。見え難いけど、赤と白の下にあるの黄緑が、Adidas Adizero Japan(ノーマル)。

サイズを実際に測ってみると、Adidasは25.5cm有りました。ヒールカップ(踵が納まる所からつま先までで。ヒールカップ外側も入れると長さは、26cm。1cmも長い。

まあ、これはインソールを取り出して計ったサイズなので、シューズに入れてみると何ミリか変わるのでしょうけど、それにしても長めですね。

ミズノとアシックスはほとんど同じでした。アシックスはスカイセンサーなのでヒールカップが薄く、ヒールカップ内からつま先までで、25cm。ミズノも同じ。精密なメジャーで計測したわけでは無いので1mm程度誤差はあるかもしれません。

意外だったのが、足幅。足幅が狭いと言われているAdidasの方が少し幅が広かったのです。薄っすらと黄緑が取り巻いて見えるでしょ?

AdidasでもWIDEとNormalで差があるのかと見てみると。
2sho-n-w.jpg

黒がAdizero Japan 2(ノーマル)。水色がAdizero Japan Wide。重ねても同じでした。
インソールで足の大きさが決まるのかと思っていたけど、シューズのアッパー部分の余裕度とかそちらの方が大きいようですね。

考えたら、インソールは足裏に敷くものであって、シューズのフィット感はアッパー部分だから、当り前かもしれない。Adizero Japan Wideはノーマルと比べて確かに少しWideです。インソールは同じサイズだったんだ。

比較の話はここまでにして、次はシューズのフィット感というか、どのサイズが良いかの話を少し。

シューズを買いに言った時に専門知識の有りそうな店員さんが言っていたのは、足幅は大事できっちり合わして下さいとのこと。緩いと走っている間に動いて、マメとか靴ずれとかになる。

つま先の余裕の話は聞かなかったけど、自分の足サイズが23cmで、黒爪を避けるために25cmにしていますと言ったら、否定していなかったから、別に悪くはないんでしょう。
RUNNETの相談コーナーでも、普段履くシューズより大き目を買えとアドバイスが出ていましたから、それ以来、大きめで25cmを買っています。

革靴とかは、24.5cmなんです。それ以下は滅多に売っていないこともあります。またランニングシューズで男性用は25cmからが多いのも理由です。

もう2年も前の話だけど、ASICSストアで足サイズを計測して、23cmと結果が出て、店員さんが薦めたのが、24.5cmでした。結果、失敗。長く走っていると足先が痛くなる。靴紐は確り結んでいても、やはり指先は、ちょっときつい感じです。足より、2cmも大きいけど、マラソン用としては、自分には25cmが良いみたいです。

これは多分、個人差というか、足指の形とかも影響が大きいかなと思います。自分の場合、薬指が少し開き気味で外に出た感じなので、つま先で当り易いのです。つま先に余裕が有った方が当らず黒爪になりにくい感じですね。
まあ、黒爪にはなっていますけど。

裸足で履くわけじゃないので、ソックスの厚みを考えると、特に5本指ソックスなんかだと、指と指の間に1mm以上、ソックスで広がるわけで1mm厚のソックスだと、植木算というか、足指算で、10mmは増えないけどね。
両サイド分だけかもしれないけど、確実に足指間は広がるから、つま先に当たり易くなりますね。

自分の場合、5本指ソックスを履いてアシックスで走ると30kmで足指が痛みます。薄手のノーマルソックスだと大丈夫ですね。

と言うことで取り留めのない話でしたが、足の形は個人差が大きいので、足幅はぴったり、つま先はある程度、余裕が有った方が良いかなというのが、自分の感想です。

裸足の足サイズのプラス1cmで良いと書いてあるのもみたことがあるけど、自分の足だと確実に黒爪ですね。それに24cmとか24.5cmってシューズの数が少ないんですよね。自分とっては25cmが一番良いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

故障で走れない間は、シューズを洗う良いチャンスでした。この際、全部きれいに洗っちゃおう。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数