目線と前傾

今日はランニングフォームで幾つか気になる点を書きます。ちょっと当たり前過ぎるような話でそんな事はわかっているわいと言われそうですが(笑)

前傾姿勢が良いと言われていますが、どこが良いのでしょうか?
ランニングフォームを修正する時に何のためにどこを何故直すのかの理解は必要だと思っています。

まず前傾姿勢の良いところは前に進んで行くと言うランニングの本来目的に上手く重力を利用しマッチしているからだと思っています。

・前傾することで前へ倒れ込む動作が自然と生まれる。脚を前に出さないと倒れてしまう(笑)

・前傾姿勢だと重心位置はおへその辺りとなる。それより上の頭などは重心位置より前に位置する。

・足の着地位置が体の重心下に取りやすくなる。おへその左右に下ろすイメージ。

・重心より少しだけ前に位置する頭より後に足を下ろせば良いので脚を無理に前に大きく降り出す必要がなくなる。
結果的にも踵着地せずに足を踏めるようになる。

・前に降り出した脚は空中動作中、一瞬体を追い越すが振り戻し動作で重心下に着地する。

つまり、無理に脚を前に前にと降り出さずに済、太股やハムストリングスの負担が軽くなると思います。

脚を前に降り出し過ぎて踵着地になるとブレーキの掛かった走りになるのはご存知の通り。

一方、分かっているけど前傾姿勢が取り辛い、気が付いたら、後傾している、あるいは腰の上に上体を載せて走っていると言うことはあるかと思います。

運動公園や皇居で練習している時に、前傾姿勢を維持して走っているランナーはそれほど多く無いように思います。
後傾姿勢は流石に少ないですが走り始めたランナーさんは割と多いように思えます。大半は真っ直ぐ上体を立てた姿勢か僅かに後傾したぐらい。


体幹が弱いと前傾姿勢を取って走るより真っ直ぐ体を腰の上に載せた方が楽だと思います。女子ではエリートである国際ランナーでも前傾姿勢で走れていないか、もう少しだけ前傾姿勢の方が楽に速く走れる方も見ていて居るかと思います。
体幹は鍛えている積りでも鍛え方がまだ不足で後半維持出来なくなったりするものです。女性が男性より体幹が弱いのは筋肉量の性差によるもので仕方の無いところもありますが前傾姿勢を維持する鍛え方は十分出来ると思います。男性も同じですが。

スタビライゼーションを1分間維持出来ないと弱いかと思います。2分ぐらいは軽く出来ないと強いとは言えないかと思っています。

前傾姿勢で勘違いしやすい所。
・猫背になって頭だけが前に突き出た姿勢。
・背筋は伸びているが首だけ前に突き出した姿勢。

・腰の所で上半身を曲げて前に突き出した姿勢。

前傾姿勢を崩し易いこと。
・前方、かなり遠くを見てしまうこと。
所謂、ヘッドアップです。
・体幹自体の持久力不足
腹筋もですが背筋も。疲れて猫背や腰が落ちてしまうこと。

視線としては15mから20m先を見ることで前傾姿勢を維持しやすいかと思います。その視線で背筋は伸ばして走り、首の突き出しを防止する。

何か今日は上から目線な書き方ですが、お前は出来ているのかと言われそう(笑)
決して上から目線では無く、自分のフォーム注意点でもあります。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数