二日連続でトレミ

フナレン・アフターから帰宅し、9時に寝たのでさすがに早く目が覚めましたが、やはり外は結構な雨。
今日も二日続けて、コナミスポーツに行くことにしました。法人契約都度払い会員で1回1000円です。

昨日は閾値ペースを含む練習をしたので、今日はロング走系と言いますか、ジョグで20kmぐらい走れたら良いなと思っていました。昨日、Tシャツを持って行くのを忘れ長袖Tで暑かったから、今日はランパン、ランシャツで。
ジムにもランパンランシャツ系の人は居ますけど、どちらかというと筋トレ主体のマッチョ系で痩せたマラソンランナー系はあまり居ませんね。

トレミは一応、最長60分のようでじゃあ、今日は60分2本で20kmと思って開始。

1本目:6'00から入り、1km過ぎて、5'40、1km過ぎて 5'30として暫く巡航。5'15で暫く巡航。変化と言えば声なしのTVだけなんで飽きますし、またまた徐々に滝汗。どうしてジムに来られる皆さんはそんなに汗をかかないのでしょう。
取り合えず1本終了で11.2km。

給水後、2本目。
単調さと汗の噴出に飽きてきて、10km走れば終わりにすれば早く済むからと5'00で開始。徐々にビルドアップして早く終えるかと思いましたが、流石に飽きて堪えられなくなり、5kmで止めてしまいました。最近、根性が無く、今日はこれぐらいという練習を完了できていません。こういうのが続くと、歳のせいにして加齢による衰えと勝手に納得して段々と走力を失うことになり、拙いなと思います。体調により、最初思っていた練習が出来ないことはあると思うのですが、そうでもないのにやめちゃうのは集中力が足りないかなあ。取り合えず、今日は滝汗のせいにしておきましょう。

コナミスポーツには二種類のトレッドミルがあり、昨日試したし、今日も走った方は新しい方ですが、もう一種の方の最高速度を流しがわりに調べてみました。トレッドミルで流しって今一、イメージできませんけどね。最高で16km/h=03'45/kmと二種とも同じでした。03'45/kmで走る時は傾斜を付けて負荷を上げれば、インターバル走としても使えそうです。
3'00/kmまで出るトレミもあると聞きますが、ニーズは少ないでしょうね。以前、コナミにサンドバックは無いのか聞いたことがあるのですが、それは時々聞かれるそうで、でも実現していません。ゴルフレンジより良いと思うのですけど。

ジムトレの部は16kmで終わり。何度か書いていますが、コナミスポーツでは1本で鉄分とカルシュームが1日分取れる、「ミルクで元気」が売っていて、毎回練習後に摂取しています。

夕方になってようやく、雨が止み、ジムトレの滝汗トラウマから逃れたくて(嘘)、単にもう少し走りたくて、外ランへ。
着替えて玄関を出たらまた小雨が降っていましたが、折角なのでスタート。3時過ぎにおやつでカップヌードルを食べてまだ1時間半ほどしか経っていないので、ジョグで。たまにカップヌードルのあのしょっぱい味というか塩分を食べたくなるんですよね。

年上の方はご存知かと思いますが、浅間山荘事件の時、寒い中で警察官、機動隊員がカップヌードルをすするシーンが印象に残っているんですよね。寒い時は温まりますね。滝汗で塩分を失った時にも食べたくなるかな。あ、暑熱順化が終わったので、そんなに塩分は出ていないのでしたけど。食べたいから食べたというだけかな。

二部練の外ジョグはいつもの上尾運動公園へ。公園内は雨でもジョグやウォーキングに来た人たちなので、いわば同志。
街中を走るよりは特別な目で見られなくて良いから来ちゃいます。
公園までは05'30/kmぐらい。公園内では05'10で入り、カップヌードルでちょっと横腹が痛むのでそのまま2km分。
徐々にペースがあがり、結局公園内は、5'10, 5'11, 4'50,4'50, 4'51, 4'43, 4'36, 3'51。またキロ5に戻して帰路へ。

2014年6月8日(日)の練習:
コナミスポーツ 10時過ぎ
11.2km 1:00'00(05'21/km) トレッドミル
5.0km 23'25'04'41/km) トレッドミル 少しビルドアップ
上尾運動公園 17時。小雨から曇り
14.0km 1:10'23(05'01/km) ジョグとちょっとペースアップ
合計 30.2km 6月累計 109km


まだまだ梅雨に入ったばかりで、今後もトレミは使うでしょうから、滝汗対策にUSB扇風機を購入。少しは涼しくなるかな。
録画しておいた日本陸上選手権とランスマを見る。ランスマは特に感想なし。楽しいですけど。
日本陸上選手権では、ランナーのフォームを食い入るように見る。10000m走は牽制しあって終盤までペースが上がらず、レースとしてはあまり面白くなかったですが、やはり腕振りは大きく振らないですね。着地はどうしても重心真下よりやや後ろに着地しているように見えるのですが、
前に振出した脚が体を追い越す
前に出た脚が着地のため後ろに振り戻される(この振り戻し速度がラン速度に高い相関性)
体が慣性で前に出てきて振り戻した脚の真上に来る
着地時、体が前に進み続けるので少し重心真下より後ろに見える
それで体が前に倒れるようにスムーズに進むと見えました。

アスリートの科学では、短距離走者ですが、「実際には重心より少し前、そうでないと倒れてしまいます」と書かれてあったのですが、そのように見えないんですよね。
桐生選手など短距離走者の走りも見ましたが、短距離走者は確かに少しだけ前に見える時があります。腕振りは当然ながら、拳が体の横より後ろに前にとダイナミックに振られます。
短距離走者は一軸走法にならないとも書かれていましたが、確かに正面映像を見ると、一直線上を両足が着地していくような一軸ではありませんでした。短距離走だと一軸走法ではスピードが出ないんでしょうね。

結局、今日は明治ラブを2回で450ml、ミルクで元気を200ml取ったので、鉄分は2日、カルシュームも2日、カップヌードルも食べて、育ち盛りの部活中学生並みの摂取でした(笑)育ち盛りは1リットル位飲みますかね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数