控えめの練習

喜多マラソン2週間前ということでテーパリング気味と言いますか、疲れがたまリバーなので今日も控えめな練習。
昨日ずり落ちてしまった心拍ベルトはもう少しきつめに装着し今日は無事でした。しかしきつめだと肺の動きに多少なりとも制約があるからフルマラソンでは使わないことにしています。
本当か喜多マラソンなどで心拍数の推移とか記録しておくと良いのでしょうけど。

今日は閾値走でもと思いましたが昨日、中途半端に終わったマラソンペース走をリベンジせず(20km以上走ること)、
10kmだけ走りました。特に目的もないのですが、体にペースを覚え込ませる。気温の低い頃のマラソンペースは出だし苦しくありませんが、この頃だと楽には走れない感じです。ただ昨日の太股だる重感はなく、脚全体が鈍い筋肉痛。ペースは遅めですが、一応合計26km走ったので何の疲労も無いというのはないです。それでも以前よりはだいぶ丈夫な脚になったと思います。

2014年5月18日(日)の練習:
上尾運動公園。10時。晴れ。気温22-24度。風速2m/s
2.7km 14'35(05'24/km) 123(135) 180 101 アップジョグ
10km 41'57(04'11/km) 156(162) 193 117 Mペース走
0.5km 1'40(03'17/km) 143 192 82 流し4本
4.6km 24'39(05'21/km) 139(148) 181 98
合計 17.8km 5月累計 209km


今日は暑い日にどんなウェアが良いだろうと、アンダーアーマーのルーズなノースリーブを着てみると、風もあったためですが、ウェアの風通しが良いので涼しかったです。普通のランシャツは肩が露出するからこの時期の晴れた日のマラソンは日焼けダメージが大きいかもしれません。ただ風の抵抗はランシャツの方が上でしょうか。

10kmのMペース走は、心拍数がドリフト(徐々に上がること)しているか見たかったので本当はもう少し走れば良かったのですが、疲労残りを回避し止めておきました。しかし喜多マラソンでこのペースはきついかな。

1kmごとラップ
4'09 148(151) 191 123
4'14 152(153) 192 113
4'09 155(158) 192 120
4'09 158(159) 192 118
4'11 158(159) 192 115
4'12 158(160) 192 115
4'13 159(160) 193 117
4'13 158(160) 195 118
4'11 159(162) 196 118
4'13 160(162) 196 113

公園周回内は、人を避ける時に気を使い、急に横切られたり、横に動かれたりするので、その時に緊張し心拍が上がります。喜多マラソンもランナーのマナーは良くはないのでそれ以上に注意が必要です。数は少ないが、5列横隊とか居ますから抜く動きで無駄もで易い。

10kmペース走が終わった後は、水道水で給水し、土の直線路で流しを4本。真下に踏みつけると振り戻し(ターンオーバー)を意識して流ししてみました。土だと着地した後、蹴り込むとずりっと行くので、真下に踏み付ける良い練習になります。さすが、コニカミノルタの監督さんの指導方法です。
記録されたストライドは82cm。ピッチ数192とちょっと嘘くさい。03'20/kmを切ったペースで走っているのでその狭さとピッチ数は無いと思いますが、真下に踏み付ける、切り替えしを速くするを意識するとストライドは前に伸ばすフォームにはなりにくい感じがしました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数