ジョグでつなぐ

このゴールデンウィークは、自分なりにマラソンのリフレッシュ期間として、春日部大凧マラソン以外は、ジョグと流しでつないで来ました。今日もジョグと流し。こういう練習だと健康的だなと思う。

クリールの速くなる特集で、コニカミノルタの監督さんが、土で走ることを薦めていたので流しは土で行うことにしました。ふくらはぎを使って足で地面を蹴り込むフォームだと土では滑って上手く走れないそうです。宇賀地選手や松宮選手は土もトラックも同じように走れるフォームだそうです。技術の低い選手はトラックは走れても土では速く走れないそうです。

どうしても、ふくらはぎを使って走ってしまうランナーさんは、土で練習するのも良いかもしれません。
そう言えば、武庫川新年走ろう会の10km走は武庫川河川敷の土のコースでしたが、道路ほど上手く走れず苦労しました。
一方、激走などのトラックでは楽に走れるのは、足(足首、ふくらはぎ)を使った走りになっているのかもしれません。

シーズンオフ中のインターバル走は夢の島陸上競技場のトラックでと考えていましたが、土の上での練習の方が良いのかもしれません。土でも変わりなく走れるフォーム、重心真下(実際はやや後ろ気味)で蹴り込まないフォームを意識して走ってみようと思います。

2014年5月5日(月)の練習:
上尾運動公園。朝10時。曇り。
16.6km 1:27'57(05'17/km) 心拍測定無し 186 95


公園周回は05'03/kmあたりで10km。土のある場所へ移動して100mの流しを5本。
少しづつとは言え毎日走っているのに、ちっとも痩せない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ふくらはぎの話、貴重な気付きをいただけました!

と言うのも、ずっとふくらはぎの左右の筋に強い
凝りが慢性化していて困ってたんです。更になか
なか直らない左足首の故障にもつながっている
疑いもありまして。

確かにマイコースでじゃりで滑るところも
苦手イメージがあり、ふくらはぎに頼ってる
可能性が高そうですね。

土の上の走りでフォームが改善されるなら
今度試してみようと思います。

きりさん

徐々に調子が上がっているようで良かったです。
詳しくはクリールを買うか、立ち読みで(笑)。
土で蹴り込むとずりっと滑るみたいですね。
ランスマで、真鍋未央コーチが言っていたのが、並んだ空き缶を踏み潰して行くイメージだそうで、
重心真下に真っ直ぐ下ろして行く感じを上手く教えていますね。多分、そんな感じで足を下ろしていけばよいようです。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数