フルマラソン並みの筋肉痛

立川シティハーフマラソンの夜、かなりの筋肉痛。翌朝は遅発性筋肉痛も追い討ちし、体感的にはフルマラソン翌日の筋肉痛。腰から下、全部が筋肉痛となりました。

立川ハーフ自体は、故障明けの復帰としては目標通りにサブ3ペース(ちょい速い)を心肺的にも余裕を持って走れたのですが、改めてフルマラソンを走る要素として

・目標タイムで走るための体力(主に脚力と体幹)
・心肺能力(心臓、肺および血液、血管)
・スタミナ(エネルギー効率、対着地衝撃、疲労しない体)

故障中も脚力と体幹については日々5kmほどは歩くし階段1段飛ばしや毎日の(ちょこっとだけど)腹筋など体幹トレでそれほど落ちていない自覚がありました。心肺能力は多少落ちたかとも思いましたが最低限の維持をジムトレでやっていました。今回、はっきりと落ちていたのが、着地衝撃の耐性でしたね。

こればかりは、目標ペース以上で走る着地衝撃を受けることで養われているようです。走力自体はそれほど落ちていないので、ハーフぐらいだと走り切れてしまうのですが、その着地衝撃を足腰が受けて、当日夜以降の猛烈な筋肉痛となったようです。

足首で蹴り込んでいないのに翌日はふくらはぎが相当な筋肉痛で今はハムストリングより残っています。たとえ足を真っ直ぐ下ろして足首を使って蹴り込まないでも、着地衝撃でぷるぷる震えて筋肉痛になったのでしょう(笑)

フルマラソンと違い消化器など内蔵の疲労等はありません。あくまで着地衝撃を受けたのと久しぶりに走ったことで疲労した足腰の筋肉痛だけでした。普段は土日のセット練で60km走ると、月火と脚が重いのですが水曜日にはある程度回復し、閾値走などは出来るのですが、今回は回復ジョグが精一杯でしょうか。

間の月間記録を飛ばしてしまいますが、カテゴリ、ランニングを始めたころからに2014年2月の記録を記載。
これぐらいさぼってハーフを走ると、フル並みの筋肉痛となることを記録しておきます(笑)

2014年2月の練習記録:

1日(土) ランオフ、別大へ移動
2日(日) 別大 2時間59分3秒
3日から7日 ランオフ
8日(土) トレミ 20分(06'00/km), 15分(05'30/km),5分(05'00/km),5分(04'30/km),6分(04'00/km) 計10km
9日(日) 雪かき。トレミ 10分(06'00/km),20分(04'00/km),6分づつビルド走。6'00/km,05'28/km,05'00/km,04'30/km(以上、6分間)、04'15/km(3分)、03'55/km(2分),03'45/km(1分)、3分ダウンジョグ 計13.4km
10日(月) ランオフ
11日(火) 3.4km(05'25/km),5.0km(03'47/km),8.2km(04'51/km),3.4km(05'54/km) 計20.2km
12日(水)9.2km(05'43/km)
13日(木) ランオフ。通勤電車で足首を痛める
14日(金) ランオフ。夜、再び雪
15日(土) 雪かき。ランオフ。
16日(日) ジムでエアロバイク25km、トレミ 25分間(06'00/km) 4.3km
17日から28日までランオフ

2月累計 99.6km 練習日数 7日

さすがにこれだと、筋肉痛になりますね(笑)

明日はジョグかランオフですが、今週は仕事が少し山を越えて一息できるの状況。国立競技場の激走ランニング、3月6日で最後の開催となります。メニューは最後なのでスペシャルな5000mTT+3000mTT。
いつもの5000mタイムトライアルに3000mTTが追加されたようです。最後なので参加したいなあ。
5000mは閾値走か閾値超走で走り3000mはジョグでも良いかな。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数