マラソンのウェア変遷

新横の雅さんの記事でマラソンの時に着るウェアのお話が載っていて良かったので、真似して自分のフルマラソンでのウェアの変遷を記事にします。自分の思い出みたいなものなので、ほとんど参考にならないと思います。

初マラソン:勝田マラソン
走っている写真が見当たらないので、着た物だけ(笑)
nukegara.jpg
初マラソンと次の長野マラソンまで、CW-Xのタイツを履いていました。やはり脚が攣るとか、持つのかとか42kmへの不安があったし、実際に30km走の練習でも、CW-Xじゃないですが、機能性タイツを履いていました。この時は真冬の初フルということで、寒くなるのを恐れ、2枚重ねでした。
上から順に
・ランニングキャップ
・コンプレッションの半袖シャツ
・アンダーアーマーのルーズノースリーブ
・CW-Xスタビリィティモデル
・RUNNERSの短パン(ポケット3つ)
・RUNNERSのウエストポーチ
・CW-Xのアームカバー
・タビオの5本指ソックス
・ミズノ ウェーブスペースエアロ10とインソール

長野マラソン(2回目):
4月15日でしたが、長野にしては暑いような日でした。
同じく抜け殻から
nagano08.jpg
走っている写真もあるから載せてみると。あ、この時、苦しんでいます(笑)
nagano-run.jpg
春先と言うことで、上を一枚にしています。手袋無しと、それ以外は勝田と同じですね。
・ランニングキャップ
・色付きのメガネ(度付きサングラスと言うべきか)
・ASCISのランシャツ(タイトなタイプ)
.CW-Xのアームカバー、CW-Xのタイツ、RUNNERSの短パン、RUNNERSのポーチ
・RxLの5本指厚手タイプ
・Adizero Japan Wide

ASICSのランシャツは所謂、ランシャツじゃなくてかなりぴっちりとするタイトなもので、これはゼッケンを付けるのも付けたあと着るのも面倒でした。レースでは二度と使用していません(笑)
初マラソンで安全を考えてエアロ10という厚めのシューズにインソールを入れて履きましたが、長野ではAdizero Japanにしました。保険で、ソックスをRxLの厚手タイプにしました。
日差しが強くて、むき出しの肩が日焼けしてヒリヒリしました。

つくばマラソン:
サブ3を目指して走ったつくばから、所謂、ランパンを使用しています。上は、ランシャツじゃなくて、RUNNERSのノースリーブです。お腹部分が裏起毛になっていてお腹が冷えるのを防いでくれます。
Epson012-s.jpg
この時も苦しそうですね。いつも苦しそうなんですね(笑)
ゲータとアームカバーは、マグダビです。ウエストポーチは、ASICSの軽量コンパクトタイプで2室になっています。奥のチャック付き1室に定期券、お札などを小型のジプロックに入れて格納し、外の1室に補給食を3食入れて走りました。
この時は手袋なしですね。ソックスはASICSの滑り止め付きの1500円ぐらいのもの。シューズはAdizero Japan2。

勝田マラソン2013:
つくばとほぼ、同じです。違いは手袋。それと寒いのでスタートまで、クリーニング店でコートやスーツを返してくれる時に包んでくれる薄いビニール袋をポンチョ替わりに着ていました。スタート前には脱いで、クルクルと丸めてポチのベルトに挟んでおいて、第一給水所で捨てました。

ポーチもつくばと同じ物ですが、違いはアームカバーの上腕部分に補給食を左右1食づつ刺したこと。もう1食をポーチに入れていました。アームカバーに刺した方が取り出し易いですね。ポーチに入れて置いた方は面倒で食べなかったら、後半、バテた気がします(個人の感想です)
勝田の40km辺りで上り坂に向かい風が来ると食べていてもバテた気はしますね(笑)

喜多マラソン:
ランパン、ノースリーブだったと思います。

かすみがうら、大田原:
つくばとほとんど同じ装備です。シューズとソックスは、ターサーゲール3とザムストの定価2300円のソックス。

別大:
暑い予報だったので、裏起毛ノースリーブの替わりに、所謂、ランシャツにしました。でも暑くなかったのでお腹が冷えた気がしますね。胸に水をこぼしたりしましたしね。このランシャツは、ランパンと同じミズノで統一デザインです。betu-run-s.jpg
あ、まだ前半なのに既に苦しそうです。まだ胃痛に見舞われる始めたころか、いつも苦しそうに走っているのかは良く判りません(笑)

所謂、ランパン、ランシャツは走り易さという点ではとても走り易いです。上に着るシャツは、ノースリーブでも腕振りには影響がないので、肩の日焼けや肩の冷えを防ぐならノースリーブの方が良いように思います。特にお腹が冷えるのを防ぐのは、RUNNERSの裏起毛ノースリーブが優れていると思います。背中の方はメッシュなので多少暑い日でも大丈夫だと思います。

ランパン、ランシャツの方がガチっぽいので、これからのハーフと、かすみがうらはランパン、ランシャツで行こうかと思います。来週のふかやハーフは寒そうなので、また裏起毛にすると思います。
この土日で書いておいた記事でしたが、ふかやハーフは雪で中止になってしまいました。次の週の立川ハーフは大丈夫かな。スタート地点の自衛隊基地はさすがに大丈夫でしょうけど、昭和記念公園内は大丈夫でしょうか。

振り返ると、いつも、ランニングキャップは被っていましたね。色付きメガネ(サングラスじゃないんです)とキャップは続けて使っていたんですね。それ以外は少しづつ変わって来ていました。

ランパンの他に、インター一体でランパン並みに横スリットが切れ込んでいる短パンも持っています。これはお尻にポケットがあるので、定期券+お札のジプロックを入れてポーチなしで走れるのでハーフなどでは活躍しています。
あまりガチに見えないのも良いかな(笑)
ガチに見せずにガチで走りたい時に、成田PoPハーフで貰ったTシャツと合わせて使用しています(笑)

機能性タイツですが、確かにランパンだけと比べると脚の動きを拘束される感じがします。自分のようなぎりぎりサブ3だと、もし機能性タイツを履いたら、サブ3は無理かもしれないです。タイツだけだとお尻の形剥き出しなので、短パンも履くから二枚重ねですしね。ちなみに下着パンツは履きません。
機能性タイツも良いと思いますが、フルマラソンの時は完走後に脱ぐのが少し面倒ですよね。脱ぐ時に脚が攣りそうになった事が有ります。その点
ランパンは脱ぎ易いです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数