数字で見る全日本マラソンランキング

健康のためジョギングから、自己ベスト更新を目指して走り始めた2011年4月から2年2ヶ月。
全日本マラソンランキングが3冊たまりました。そして2012年度は遂に100位以内のランキング入り。
まあ自分のランキングはあまり興味が無いというか、自分の年齢でサブ3を達成すると50位以内とかに入れてしまうのです。

自分の努力次第だと思いますが、50歳を過ぎていつまでサブ3で居られるのか?
全日本ランキングから読み取ってみましょう。

その前に、この3年間で日本マラソン状況はどうだったのか<-大袈裟 3冊から軽く見てみましょうか。
ランキング対象大会の合計で有って、あらゆる大会の合計ではありません。喜多マラソンとか含まれないんですよね。

参加人数:
2010年度 男14万6060人 女3万3155人
2011年度 男19万7334人 女5万2449人
2012年度 男21万5067人 女5万8687人

参加人数は、2010年度から2011年度で飛躍的に増加しています。2011年3月に東日本大震災の影響は大きかったと思いますが、2010年度は東京マラソンまでは終わっていたので3月-5月ぐらいの大会が中止になりましたかね。
それにしても大きく増えています。
一方、2011年度から2012年度は、男女とも1割ほどの増加。大会がいくつか増えたとは言え、全部埋まる状態だと人数も飽和に近いでしょうか。

平均タイム:
2010年度 男4:33:48 女5:07:35
2011年度 男4:38:25 女5:10:04
2012年度 男4:35:31 女5:07:58

経年で大きな変化は見られませんね。

サブ3率には琵琶湖国際基準、福岡国際基準以上などサブ3以上を含めます。国際は国際女子資格3.15以内。
同じく女子サブ3以上も含めて国際女子資格。
サブ3率:
2010年度 男3.3% 女0.6% 国際 1.9%
2011年度 男3.0% 女0.4% 国際 1.5%
2012年度 男3.0% 女0.4% 国際 1.3%

平均タイムも大きく変化していなかったですが、サブ3率、国際女子資格率もあまり変わっていません。女子の場合、参加人数の増加で逆に率としては下がっている数値です。
もっとも参加人数自体が増えているので同じ率なら、人数自体は増えていますね。

と言うことで人数で書き直してみると
サブ3人数:
今度は、-2:30、2:30-2:45、2:45-3:00と女子 -3:00、3:00-3:15の人数
2010年度 男 325 1051 3495 女 173 440
2011年度 男 404 1301 4101 女 226 575
2012年度 男 418 1396 4739 女 236 550

参加人数の急増した2011年度に最上位、琵琶湖国際資格ランナーも急増。2011年度から2012年度は-2:45ランナー数は微増ですが、サブ3ランナー数が3年間を通して急増中ですね。
女子の方は参加人数の急増した2011年に急増していますが、2011年以降は微減でした。サブ3数は10名増。

サブ3.15、サブ3.5、サブ4:
それでは、3時間15分以内、サブ3.5、サブ4をついでに見てみましょう。女子はサブ3.5、サブ4。その順です。

2010年度 男 3.3% 6.1% 18.9% 女 2.5% 10.8%
2011年度 男 2.9% 5.5% 17.4% 女 1.9% 8.7%
2012年度 男 3.2% 5.9% 18.4% 女 2.0% 8.9%

サブ4は3:30-4:00の比率。3.15も3:00-3:15、サブ3.5も3:15-3:30の比率です。
ほぼ同じ比率ですが、同じ比率なら参加人数が増なので、人数増でしたね。

2010年度 男 4840 8913 27488 女 829 3585
2011年度 男 5786 10846 34303 女 1003 4592
2012年度 男 6845 12712 39568 女 1147 5236

人数だと純増という感じが判りますね。三年間を通して割合はあまり変わりがないが、参加人数が増えているので、高い走力のランナー数は増えていっているということですね。

さて、次は50歳代をと思ったけど、長くなったし、50歳代のランナーさんも少ないだろうし、今日はこれでお終い。3年間を並べて見ると面白いですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数