何かあるかなタートルハーフ

21日(日)は、自分に取ってマラソン・シーズンインしてから4週連続大会に当る、第41回タートルマラソン国際大会(正式名称ね)。

昨年も自身、3度目のハーフマラソンとして出場しました。灼熱のハーフマラソンという強烈なイメージがあります。暑いと言えば夏の喜多マラソンですが、昨年のタートルハーフもそれに劣らぬ暑さでした。夜に雨が降り上がったばかり、南の風が吹き込んだのか12時の気温は28度。

えぇと言うほどの気温じゃないんですが、一旦、秋らしくなり涼しさに慣れた後の戻りの暑さ。この暑さに耐えられず大会で熱中症で搬送されたランナーは23人。
夜のニュースにも取り上げられました。

大会運営自体は良くて、暑い日なので事前にスポーツドリンクを飲むようにアナウンスでも促し、給水もスポーツドリンクでした。如何せん、涼しさに慣れた体には蒸し暑すぎる日でしたね。

6月の喜多マラソンより暑く感じながら走りました。ハーフ2度目の喜多では1時間50分。3度目のタートルで初の100分切り、1時間35分25秒(04'31/km)でした。最後はへとへとで20km目のラップは4'58でしたけど。
それでもほぼ同じコンディションの喜多から比べて15分ほど短縮できたのでした。

そう言えば、タートルマラソンと全く同じ場所で2ヶ月後に開催された足立区フレンドリーマラソン。この時は、北風の烈風吹きすさぶ中での大会。灼熱と極寒(大げさ)を味わったのでした。

そんなタートルハーフがまたやって来ます。週間天気を見ると最高気温21度、最低気温13度、曇り時々晴れと絶好のマラソン日和。あれ、良いやないの。もうあの灼熱マラソンは味わわなくて済のだろうか。

待てよ。何か一癖二癖ありそうなコース。今、日本に近づいて来ている台風が二つある。一つは早々に逸れそうだが、台風21号。南の海上を抜けて行きそうだが、関東に近くなるのは21日。
強烈な南の湿った熱風とか吹き荒れたりしないよね。

走るコンディションはともあれ、今回のタートルハーフでは当初サブ3ペース(4'15/km)で走る練習の予定でしたが、方針変更。走力アップを図るための練習の一環として、サブ3ペースより速く走る積りです。心肺も脚力も同時に追い込むスピード持久力を養成。より速いスピードで走っておけば、サブ3ペースが楽だねと感じられるのを狙っています。まあ、そう都合良くは行きませんけどね。

取り合えず前半11kmは4'05/kmで、残り10kmをスピードアップ。残りをキロ4分で行けたら最高。渡良瀬ハーフでは失敗したけど。
サブ3に挑戦すると言っている割にはハーフのベストがしょぼいのでそろそろ更新しておかないといけません。つくばまでのハーフは後、3本残っていて、成田POPハーフがPB更新本命ですが、タートルも良い練習になるように確り走りたいです。

何かあるよタートルハーフ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント、アドバイス、大歓迎です。

南風の熱風だけは止めて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数