皇居大会のトラウマ

昨日の関東マスターズロード選手権大会。エントリ代は4000円と高いのですが(拘るねえ)、老いてもランニングが好きというベテランランナーさんを初め、ランニングが好きだなというランナーが集まった大会でした。どちらかと言うと地味な大会でしたけど真面目な大会でしたね。それで今まで自分が抱いていた皇居大会のトラウマ、と言うと大げさだけど、小さな心の傷が吹っ切れた感じがします。

丁度、1年ほど前の6月のことでした。ある団体が主催した皇居10kmの大会に参加しました。皇居ランのデビューでもありました。皇居は1周5kmとかアップダウンがあるとか狭いコースがあるとかは知っていました。それでもその頃は大会経験も少ないし知らないコースなので600人ぐらいの大会でしたけど後ろの方に並びました。今よりもっと速くもなかったしね。

タイムは46分10秒でした。最初の1周が後ろに並んだこともあり24分20秒。その大会、速い人は速いけどどちらかと言うとファンラン、初心者も多い大会だったようです。

2周目に入りかなりばらけて来たので走り易くなり2周目は21分50秒。GPS時計を買ったばかりで記録を見ると最後の1kmは下り坂ということもあり3'50/kmで走っていました。1周、2周目の記録も当日のJogNoteを見て書いているんですけど。

1周目が人が多くて抑えて走ったこともあり余力もあったので、2周目最後は坂で飛ばし、桜田門に来た時にダッシュしたんですよ。
記録更新とか狙って最後の100mとかダッシュで頑張りますよね。ダッシュってどれが正しいのか知らないけど、腕も思いっ切り大きく振って顔も必死で真面目にダッシュ。それで何秒縮まるのか、良くて数秒でしょうけど、自分の中でベストを尽くすぞみたいに頑張る。

そうやってダッシュで桜田門を潜り、時計台に近づいた時に、大会を仕切っている人かな。誰だが正確には判らないですけど、その人が「突っ込んで来るよー」とちょっとおどけたような言い方で大きな声を出しました。計時係りへの注意だとは思うんですけどね。注意しろよみたいな。その声を聞いて周りからは笑いが起きていました。

こちらは懸命にダッシュしているのに何か必死で走っていること自体が否定されたような嫌な気持ちになりました。ファンランやったら最後はダッシュしたらあかんのか?笑顔でゴールするのがファンランか?頑張ったらあかんのか?

言った人も笑った人も悪気は無かったと思います。でも最後にダッシュしてゴールしようとするランナーを茶化したり笑ったりすることは無いんじゃないか。皇居ってそういういつも笑顔で走らないといけないところなのか。ダッシュしたらいけないところなのかと、トラウマというほどじゃないけど、心理的な抑制を持つようになりました。苦しくても楽しんでいるのに笑われたくは無いよというような。気にし過ぎやと言われればそうかなとも思いますけど、10km走ってきてゴールする時、笑われるって何か納得いかない。


その後も秋に順位を決めない大会に出ました。やっぱり一生懸命走ったけど最後のダッシュは止めました。もう皇居ではダッシュしない。と決めていたわけじゃ無かったけど抑制していたかな。

今回の関東マスターズロード選手権大会では自然とダッシュしていました。まあ1秒も縮まったかは疑問だけど。
茶化しも無いし笑いも当然ありませんでした。その後、自分より随分、年上のベテランランナーさんも頑張ってゴールして来て、自分も歳を取ってああやって元気で走り切りたいなと思いました。今度からダッシュできる時は必死でダッシュしたいと思います。

トラウマは消えたとは言え、多分、あの団体の大会は出ないと思います。ランニングの楽しみ方は色々あるでしょう。一生懸命必死で走るのもあり、タイム短縮もあり、楽しく笑顔でゴールするもありです。ダッシュで〆るのもありでしょう。
ちょっと今回は賛否あるかもしれませんけど。

最後はダッシュでしょボタン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

自分は笑顔でゴール
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント、アドバイス、大歓迎です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

思わず2度読み直してしまいましたが、全然おかしくない状況ですよね?
なんで笑ったんだろう?
皇居で走ったことないのでよくわかりませんが、自然とダッシュ、いいと思います。

私は笑顔もダッシュもなくヘロヘロなことが多いです(笑)

たのくるさん、こんばんは。
たのくるさんのお気持ち、よーくわかりますよ。
たぶん僕でも、同じように感じたと思います。
そして僕も、そこが主催する大会には二度と出ないでしょう。
気にしすぎなんてことはないです。
一生懸命、本気で頑張っている人を茶化すような言動はおかしいですよ。
なんか、僕も腹立ってきました(笑)

こんばんわ。
難しい。が正直な感想。
いろんなスタイルがありますよね。ただ、その状況で笑うのは、どうであれ納得いきませんね。もし茶化しているのであれば、なおさら。

2度と出たくない大会ですね。
ランナー心理を理解出来ない人だったんでしょう。

アレキさん、
多分、周りの人はつられて笑っただけで、「突っ込んでくるよー」がおどけて可笑しかったのだと思います。自分だったら、ファイトーと言うか拍手かな。

おっとーさん、
おっとーさんまで腹立たせて申し訳ないです(笑)。もう出ることはないので何の問題もありませんけどね。大会に出て思い出しました。丁度6月だったというのもあります。

kinさん、
コメントも難しい記事ですよね。あまり深刻な内容な書かないようにしているんですけど。茶化したのかどうかは聞いていないので判りません。言葉って言霊と言いますけど、何気ない一言が人を傷付けることがあるので慎重にですね。

アカリパパさん、
悪気はないとは思いますが、誰かが傷付いたらそれは配慮の無い言葉だったということですね。
ブログのコメントとかも気を付けねば。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数