FC2ブログ

シューズに合せて着地を調整

かすみがうらマラソンで足裏が痛くなって新シーズンで対応しなければと思っています。

昨年11月の大阪マラソン前に足裏が変形性関節症と診断されたこともあって、厚底シューズを買ったのは良いのですが、
ズームフライを履くとターサージールよりさらに足裏が保たず(笑)

折角買ったズームフライなので←勿体無いおばけ発動

本題に入ると、

元々、今の着地位置は特に意識して変えて来た訳でも無くて、少しでも速く走ろうと何年か走って来て、今はこうなっていますと言う結果的なものです。

今の着地は、ややフォアフォア気味の着地。
ビデオや写真で撮った訳でも無いのであくまで私の接地イメージだったり、足の感覚からのこんな接地順かと言う想像なんですけどね。

最初、前足部の足の外側(小指側)から拇指球側に着いて行って(第一接地)、
踵も着きますがおまけ的に最後に着く(第二接地)。

一方、ズームフライのソール形状は、ミッドフットから踵部分が厚く、前足部が上に反り返った形←皆さんご存知

今の私の着地だとズームフライの前足部、特に外側の痛くなる薬指辺りが最初に着地して衝撃が一番強い←痛くなって当たり前か

ターサージールでも同じ着地で同じように痛くなるんじゃ無いかと思いますよね←私だけか(笑)
実際、マラソンの最後の方は痛いですけどね。

ターサーはズームフライより反り返って居らず、着地時に外側の中足部や前足部も接地するのに対して、ズームフライは反り返り分だけ前足部のみの着地になってしまう。

私の走り方では、ズームフライの本来の機能を使う着地になっていないのでは無いか?

ズームフライは厚く底による足の保護とプレートの反発を活かすために反り返った形状をしています。
反り返った前足から先に着地してしまうと足裏が痛くなって当たり前なのかも。

ソールの比較
ターサージール


ズームフライ




土曜日にズームフライニットで走ってやはり痛くなってしまったので、日曜日に着地を調整。

ズームフライの形状に合せて、ミッドフット着地で厚底部分から接地して、身体が前に進むに合せて、前足部の反り返り部分で前進の力を得るイメージで走ってみました。

もっとも何年か掛けて作って来た着地なので、簡単には変えにくいです。

サブ3を達成した6年ほど前の着地は、踵寄りのミッドフット着地でした←ミズノのF.O.R.Mの見立て

日曜日は意識してミッドフットにするため、膝を前に振り出す度合いを多めにしてすぐに真下に踏み付ける調整をして走りました。

いつもと違うので後ろへの脚の巻き上げが少なめ、膝を前に繰り出す分、内転筋を使う動作の違いが有ります。
実際、走っていて内転筋が疲れました(笑)

後ろへの巻き上げの度合いが従来の高さまで戻ればもう少し楽に走れるかと思っています。

来週もズームフライニットとズームフライで走ってみます。
えぇ、足の痛いのは気のせいだ(笑)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。60歳、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数