子供たちの足を速くする

昨日紹介した本のタイトルです。
子供たちの足を速くする! 金哲彦著 MCプレス社 

その前に、昨日ですね。春日部大凧マラソン大会実行委員会から封書が来たのです。
踏切の時間が判らないと記事にしたから、早速、抗議の連絡か、いや、そんな意地悪な大会じゃないから、正確な踏み切りの時刻の連絡か。と封筒を開くと、ネットタイム付きの完走証と参加したランナー全員が載った記録一覧表でした。
記録も大事ですけど、たのくるは、踏切の正確な時間が知りたい。
まあ、来年、試すか。

さて、本に話題を戻すと写真が大半で読みやすいと書きましたからもうあらかた読んでしまいました。
余り詳しく紹介すると著作権にも関わるので読んだ読書所感ならいいですかね。所感なので本に書いていないことも書きますけど。

さて、速く走るには何が大事か。
まず姿勢ですね。骨盤の前傾。これは走り込んでいるランナーさんだと既に身に付けていいますよね。お尻が少し後に突き出た感じで腰から背中は真っ直ぐで丹田(へその下)にくっと力が入った感じ。首だけが突き出ないように注意。首だけ前に出して前傾姿勢と勘違いしがちな場合がある。大凧マラソンでそんな感じで走っていたので人の事は言えませんけど。

骨盤前傾は良いですね。皆さん判っていますから。次はやはり股関節が柔らかいこと股関節の可動域が大きいことですね。そのための補強運動があります。筋トレと違い、補強運動ね。
代表的なのはランジですね。大きく前に踏み出すように深く体も沈めて。先日のマラソン完走クラブ練習会でもやりました。

後は手を上に上げて真っ直ぐ立ち、片方の足を前に伸ばす。手を伸ばしたまま降ろして、足と手をタッチ。骨盤ごと動かすつもりで。

片足を持ち上げて外の横に大きく開く。片足だけハードルを越えるように回す。大臀筋も意識して。持ち上げたまま今度は反対側の脚の方へゆっくりと回す。

前後に脚を高く振り上げる。これと似たような運動は最近、お風呂上りにやっていたんです。どちらかと言うと腸腰筋と股関節が良く動くようなイメージで片足づつ後に引いて前に振り上げてと。それで良いみたいですね。
ついでにもう少しアレンジして足を速く振り下ろす動作も意識すると良いかなと思いました。本に書いていないけど家の中でするには片足で立って手は壁に軽くついて、脚をぶんぶん振る。足首は90度で固定。前に振った足は素早く戻すと言うか降ろす感じでそのまま後へ。

今まで試したことが無かった運動は、かかとでお尻を蹴る動作。ハムストリングを鍛える感じですね。真っ直ぐ立ってお尻に手を当ててかかとを手に当てる積もりで。少しづつ前に進みながらがやりやすそう。マラソンだとかかとは高く上がらないのでこんな走りはしないでしょうけど。立ってやるレッグカールみたい。ハムの補強運動だと考えれば良いか。脚が動きやすくする補強かな。まあ、自分はたまに程度で良いや。

階段の2段飛ばし。最近、1段飛ばしはやっています。2段を試しにやってみたら、これキツイ。
それ、脚が短いからやね。長い人は2段飛ばし、大臀筋を使うトレーニングになって良いでしょうね。脚だけ使って2段飛ばしは出来ないから自然と大臀筋が使えるようになる。

ということで家で出来そうな補強運動は
・ランジやランジで横に向いて股関節を伸ばす
・脚を前後に振り出す。振り下ろす。
・脚と手を前でタッチさせる。出来たら顔の高さで。
・片足づつハードルを越えるイメージで横に脚を開きぐるっと回す。大臀筋もほぐせるね。

確かに歳を取ってくると体、特に股関節とか固くなっていますからこれを柔らかく良く動くようにすると故障も防げるだろうし、速く脚も回転させられそう。

脚ぶんぶん丸
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
意味不明

お風呂上りに脚をぶんぶん。寝る前に股関節を良くストレッチ。取り合えず継続してみよう。
速くなるかどうかは自ら人体実験だ。

コメント、アドバイス、大歓迎です。
ランオフのつなぎ記事(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スピトレで股関節に違和感たまに出ます(^^;;
股関節の柔軟性が失くなってるかもですね、ランジ良さそうなのでやってみます。

たのくるさん、こんにちわ。

やっぱり補強運動は大事なんですね。
筋トレとストレッチも面倒ですけど何とかやっています。
補強運動はさらに面倒でやれてません。
どうしようかな〜?←悩んでる振りしてますがヤル気ありません(笑)

アカリパパさん、
速くなるかは別としても股関節が柔らかく可動域が大きい方が故障は少なくなるのは間違いなさそうです。横に開脚でハードル越え動作のストレッチも良さそうですよ。

helloweenさん、
速い人は別に速くなる補強運動は必要ないでしょうね。速い人はインターバル走で良いそうです。
インターバル走は速い動きを思い出させるらしい。
遅い人がインターバル走をやっても速い動きを知らないのでしんどい割りに効果が少ないとのこと。

たのくるさん、こんばんわ。
いろいろありますね~
どれが自分に合うかわからないのですが、「柔軟性」が大切なのは、最近身にしみています。

kinさん、
股関節を柔軟に良く動くようにするは、やっておいて損は無いと思います。肩甲骨や肩の力を抜くのも大切なようです。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数