FC2ブログ

エピック リアクトがやって来た

先日の厚底シューズの波に乗れ
が何故か、ブログ村マラソンの注目記事1位に。
特に注目されていない当ブログとしては珍しい(笑)。
それだけランナーの皆さんに取って、厚底シューズと聞くと耳がダンボなのかな←表現が古い?

何れにしても私自身がナイキの厚底シューズへ興味深々丸←古いってば

ナイキ エピック リアクト フライニット、16200円
で唸って手が出なかったところ、ナイキオンラインショップでクリアランスセール。
会員登録して送料無料の11340円。

シューズに払える限界値ギリギリでしたが←過去、超えた事有り←限界値じゃ無いじゃん(笑)

12000円は、あまり自分に色々言い訳せずに買える限界値か(笑)
ナイキの厚底シューズを試せるなら納得出来る範囲か。

変形性関節症の足裏を保護する上でも今後の重要なアイテムになるかも知れません。
普通にお値段手頃な入門用シューズを追加で買うかも知れません←まだ買うのか

買ってからアマゾンを見ていたら、ズームフライが9990円で売っていたのでもう一足かと思ったら、サイズが大きい物しか有りませんでした←内心、ほっとした(笑)

買ってから、より安い物を見つけると心の平安が保て無いので見ないようにしよう←大袈裟な

さて、到着したエピック リアクト フライニット。
500km走っても新品同様のクッションニング。
高反発なのに軽量で、頑丈なのに柔らかい。
と言う売りなのですが、ヴェイパーやズームフライのようなプレートは入っていないようです。
代りに着地を反発に変えるReactフォームで
足を前へ押し出すような感覚を得られるとの事←メーカーサイト



2色有る内の色の淡い方にしてみました。
家族に見せたら落ち着きが有って良いと好評。

重さを測ってみたら、24.5cmで187.5g。
ターサージールが25.0cmで160gぐらいなのでやはり少し重いか。
200gを切っているのでレース用としても使える重さです。
むしろクッション性が有ってこの重さは凄いかな。
ルナテンポ2と同じぐらいの重さか。

磨り減るのを防ぐためか、つま先と踵部分に白いプレートが貼り付けて有ります。
このプレートのカバー範囲だと前足部の蹴り込む箇所や踵の前側はカバーしていないのでどういう減り方をするかな。

それ以外のアウトソールは触ると沈み込むような柔らかさ。

軽さを実現している1つに、
「シュータンとアッパーを一体化したブーティースタイル構造を採用し、従来のシュータンにみられた足の甲への圧迫感がなくなっています。」←メーカーサイト

足の甲をおおうシュータン(ベロ←まんまだけど)がシューズのアッパー部分と一体化されています。

この作りは個人的にはシューズが履き難くてあまり好きでは無いです。
履いた後は関係ないですけどね。

到着して写真と重さを測り、履き心地を試しただけなので、走ってみた感じやフィット感、謳っている反発性とクッション性がどうなのか興味深々丸←古いってば

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数