FC2ブログ

ぺースの違いに寄るピッチ数とストライド

ブログを何年も書きていると書くネタが無くなります。

そうすると他のブログで面白いなと思って内容をフォロー←真似するとも言う 

興味を持ったブログの内容を上回る事は決して無い(笑)。
今日はちまきさん、官九郎さんのブログで書いて有ったピッチ数とストライドの関係。

当ブログでも真似しない回でも何度も取り上げた話題です。
ブログ内を「ピッチ数とストライド」で検索すると山のように出て来ます。

検索して確認すると以前書き尽くしていて同じ事を書いてしまいそうなので確認しない事にします←同じ事を書く事に変わりないけど、知らぬが仏(笑)

私のピッチ数とストライドは、走るぺースで変化します。
ピッチ数が変わらず、ストライドでぺースが変わるランナーさんも多いかも知れません←官九郎さんとか

ぺース事に見てみると
ぺース、ピッチ数、ストライドの順

05'57/km 184  0.90m
04'50/km 179 1.14m
04'24/km 188 1.20m  
04'11/km 192 1.23m

04'11/km 189 1.27m 古河はなもも2017
04'01/km 195 1.28m 古河はなもも2016
03'59/km 194 1.28m 大坂マラソン

03'58/km 189 1.33m 足立フレンドリ2016
03'53/km 196 1.32m 足立フレンドリ2015
03'51/km 189 1.37m 足立フレンドリ2017

並べて見ると、本気モードのフルマラソンの場合、ピッチ数は、195前後、ストライドは1.28m。

ハーフマラソンの自己ベスト、足立フレンドリー2017では、ピッチ数を189に抑えて、ストライドを1.37mに伸ばして走っていました。

サブ3ペースだと、190前後で1.23m辺りが多いみたい。

自己ベストを更新する理想のピッチ数とストライドは、おそらく
ピッチ数 195、ストライド 1.30m
ぐらいでしょうか。
大坂マラソンのピッチ数とストライドで走れるとサブ50。

脚が短いので上下動を抑えて走ると言うセオリーが通用しなくなって来ているので、ここ数年は、多少跳ねてもストライドを伸ばすような走りに変えて来ました。

足立フレンドリーで見ると2015年度は改造前でピッチ数が多め、2017年度は、ピッチ数を抑えてストライドが長め。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それぞれの平均心拍数はどうでしたか?
ランニングエコノミーの観点からの考察もお願い出来ますでしょうか?

まーさん

ハーフの心拍数が162(94.1%)、カロリーが845kcal=39.85kcal/km

フルマラソンの心拍数が153(88.9%)、カロリーが1462kcal=34.5kcal/km
フルマラソンは、都会なので42.35kmで計算。
フルマラソンのペースが1番効率が良いかなと思います。

No title

有難う御座います。
フルマラソンでは、ピッチ多めの場合とストライド長めの場合とでは、心拍数に変わりはありますでしょうか?

まーさん

科学的な根拠は持っていませんけど、自分の心拍数を見る限りだと、同じスピードで走った時に、ピッチ数が多めの時の方が心拍数が高いようです。

No title

有難う御座いました。
興味深いページがありましたのでご一読いただけたらと思います。

http://www.tokyo42195.net/2018/02/garmin.html

私自身はランニングエコノミーで問題となるエネルギーの量の差は、心拍数に現れるのではないかと思っています。
上下動の少ないピッチ走法が一番であることはわかりますが、その次に上下動の少ないピッチ走法と上下動の多いストライド走法とではどちらがランニングエコノミーに優れるのか。
たのくるさんの経験から言うと、どうやら後者の方が優れているようですね。

まーさん

マラソン完走クラブの記事紹介、ありがとうございました。
正直なところ、ランニングエコノミーとして何が良いのか、未だに良く分かっていません。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数