帰宅訓練ラン続き

一人企画ランを大会なんて書いてしまい、なーんだでした。ご免ちゃいです。
ブログ記事を読んでいると皆さん、帰宅ランとかを練習に取り入れられていていいなとかやってみないなと思っていたんです。しかし距離は遠いし普段はもっと荷物もあるし無理だな。
休日練習の一環でやるかなと思ったのがシーズン真っ盛りの2月頃。シーズン中にフル超の距離を走ると影響も大きいので夏の前の5月が最適でした。

第一回と書いたのは来年もやってみるかなという思いから。しかし最初で最後かもしれません。実際に震災で役に立つようなことにはなりたくないですしね。走った日は気温は低めで晴れたり曇ったりとまあまあのラン日和なんですが、残念なことに北風の強い日でした。帰宅ランは基本、北に向かうことになるのでかなりの区間で向かい風。これ辛かったし走る速度や体力面で効きました。

さて、続きです。晴海橋を渡ったところからですね。東京マラソンと逆コースなので次が佃大橋です。東京マラソンは車道を走らせてもらえますけど、普段は道路横に着いた歩行者専用路。階段を上って橋を渡り階段を降ります。

今回、フルを少し越える距離であること。フルのようにダメージを溜めるわけにはいかないことから、5'30/km-6'00/kmで走り4時間30分ぐらいを目標としました。しかし、都心部の信号待ちって結構、長いのですね。幹線道路を走ったので信号に引っかかる時間は少ないと思っていたんです。ところが、意外と引っかかる。引っかかると1分ぐらい待ちは普通なんで、心拍数が平常に戻ってしまいます。速度も0になるから青信号に変わった後の走りがスタミナを奪っていきます。何度も繰り返しだと後々、ダメージとして返ってきました。

もう一度、全体地図を載せておきます。
kitaku-map.jpg

多少、土地勘もありますが迷うと困るので部分部分の地図を10枚ぐらいに分けて持って走りました。また迷いにくいように幹線道路にしました。交通量も多いのですが、歩道も幅が広めなので走りやすかったです。
ランナーなので歩道のどちらでも走れるわけですが、車の進む方向と同じ側の歩道を使いました。道路標識が役に立ちます。しかし震災だと瓦礫や電線など大変なことになるので走れるのかというところはあります。

予め、ポイント地点もメモしておきました。佃大橋を渡ると新富町で曲がって5km地点が日本橋の三越前になります。Dsc00304s.jpg
中央通りを走り、三越前に到着。埼玉まで到達する国道17号。中仙道ですね。17号を走れば間違いなく帰れます。神田駅を抜けて秋葉原、万世橋。
Dsc00308s.jpg
万世橋の万世警察署を左折して東大のある本郷へ向かいます。信号待ちが多いのでその時に写真を撮ったりしていました。マラニックですね。

途中、東京医科歯科大を通り、本郷の東大へ。
Dsc00317s.jpg
本郷通りは人も多くて走りずらかったです。まず人にぶつからないのが最優先。何故か自転車が来ると先に避けてしまう。チキンレース、弱い。
横の動きは蓄積すると脚に来ますね。

10km地点が白山通り、日本医大病院あたり。途中、巣鴨駅前などを通り15km地点が中仙道、板橋区役所前。
20km地点が板橋Cityマラソンの最寄駅、浮間船橋。
確かに板橋区マラソンじゃ締りがないので板橋Cityマラソンでしょうね。

荒川を渡ると埼玉県です。本郷あたりで人に注意し過ぎ標識を見逃して少し余分で走ってしまいました。本当は荒川の戸田橋辺りでハーフ距離だったのです。いつもの荒川です。ここには普段、来ませんけどね。
Dsc00325s.jpg
Dsc00326s.jpg
やっと埼玉県入り。ここまで来ると道は間違えようがなくなり暫く、国道17号、中仙道を走り続けます。
この時、2時間20分ぐらい経過。

25km地点が中仙道、蕨市の辺り。
30km地点が埼玉市役所と北浦和駅の間。

もうこの辺りで脚に来ています。時間も3時間10分ほど経過。相変わらずの北風が吹き涼しさは良いのですが向かい風。信号待ち再スタート、チキンレース負け、向かい風でかなり体力が奪われたようです。
北浦和駅近くに到着。ここで国道17号を離れ、北浦和駅構内を抜けて反対側へ。旧中仙道が家まで続いています。

さいたま副都心を通り、大宮駅へ。ここでおよそ35km地点。残りまだ10kmあります。エネルギーチャージは20km辺りで羊羹を食べたんですが残り10kmとなり、即効性のある物が良いなとアミノ酸入りゼリー飲料をコンビニで購入して食べました。

残り10km。大宮から上尾に向かう旧中仙道はここから歩道が狭くなります。慣れないバックパックで結構、肩が凝ってきていました。ペットボトルとか入れるので何やかやで1kg近くにはなるので重みで肩が疲れたんですね。
北風も益々強くなってきて、飛ばされた枯葉が顔に当ったりと散々です。

バス停に差し掛かった時に路線バスが来ました。これに乗れば上尾駅まで運んでくれる。天使の誘惑。
萌えじゃないか。
38kmか40km辺りだったか忘れました。本当の帰宅困難なら乗るでしょうけど、今回は訓練。ブログ記事も途中、断念記事になっちゃうし。我慢して走る。

やっとのことで上尾駅に到着。家まであと少しですが46.5kmを表示していたので完走としました。コンビニでお握りを買い歩いて家まで帰りました。ここまで来ると風は強風になっていました。体が煽られる。

ウルトラマラソンで100km超を走るランナーさん、やはり凄いなと思いました。この倍以上を走るしバックパックには今日以上の荷物を持っている。とても真似できません。

帰宅訓練マラソンについての家族の反応:
行く時。行ってらっしゃい。気を付けて。普段通り。
45km。あれ、それぐらいで帰れるんだ。割と近いね。
5時間ぐらい。ふーん。それぐらいで戻れると良いね。
実際走ったらかなり疲れた。そうだよね。フルマラソンと同じだもんね。

と無関心と言うより平然と受け止めている。ちなみにランナーはたのくるだけです。

一回やっておいて良かったねボタン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今度はウルトラやねボタン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

実は風邪を引きました。昨日走る前に喉に違和感があったのですが、昨日しか走る日が無かったので強行。本当は家でじっとしていれば良かったんですが。でもじっとしていても風邪は引いたと思うので昨日、練習しておいて良かった。
やっぱり、少し変かな。普通だよね。

コメント、アドバイス、大歓迎です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

帰宅訓練ランお疲れ様でした
こういうことを普通に実践するところがすばらしいです
実際に役立って欲しくないのは当然なんですが、
一度走りで経験するのとしないのとでは心の余裕度が全然違いますもんね
家族も、どんな状況でもたのくるさんは戻ってくるって思ったんじゃないですか?

本当にお疲れ様でした

お疲れ様です。
実行することに意味がある、って感じですよね。
風邪はお大事になさってくださいね。
長引くとやっかいですから。

たのくるさん、こんばんは。
ものすごくわかります。
僕も帰宅ランには興味津々なんですけど、荷物を考えるとできないんですよね。
革靴とか最悪ですし(笑)
昨日の記事へのコメントで、「僕もやってみようか」と書いたのは、全く同じ気持ちからでした。
荷物の軽い帰宅RUN、サイコーじゃないですか^^
やってみたいなぁ。
ちょっと悩んでみます。

万が一のために1度はやっておきたい大会ですね(^^)
私も震災のとき歩いて帰宅しましたが(32~33キロ)、信号待ちで疲れた記憶があります。

うーぱぱさん、
ありがとうございます。
普通にやることが変なんでしょうけど(笑)。
一度ぐらいやっておいても良いかなと震災の時に思ったのです。実際にはがれきの中を帰ることになるので数日留まってから動くとかあると思うのですけどね。
家族は、たのくるがフルマラソンに出ているので45kmと言っても驚きませんでした。

kinさん、
ありがとうございます。
一度ぐらい道を調べておいても良いなと思いました。何とか帰れるぞとか。ランニングシューズとかじゃないと無理ですけどね。
風邪は病院に行って来ました。

おっとーさん、
ありがとうございます。
普段の荷物、意外と重たいので背負って毎日走っているランナーさんを尊敬しますよ。
ノートPCを持つ日もあるのでその日は無理だし。
帰宅練習は夏以外で大会の入っていない時期が良いですね。となるとあまり時期がないんです(苦笑)

アカリパパさん、
33kmですか、かなりありますね。ロング走に丁度良い距離(笑)。信号待ち、心拍が平常に戻るのでかなり心臓にも負担をかけているような気がします。良い練習と言えば良い練習かもしれませんけど。5時間走っていると足裏が痛く感じました。
脳が痛いから止めろと指令を出していたようです。
終わったら痛くも痒くもなかったです。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数