FC2ブログ

ランナーズウオッチ

自分のフォーム修正の参考になればと、運動公園や皇居などランナーが多いところでは、自然と周りを走るランナーさんのフォームに注目してしまいます。

美ジョガーさんには、もう少し修正したら楽に走れますよとか、もっと痩せますよとか言いたくなるのは内緒です(笑)←言った事は無い

修正ポイントが有るフォームで目にするのは

・上半身に力が入って固い。
上半身が固いので流れるような走りが出来ず、脚に頼った走りになりがち。
背中に疲労が有れば、走った距離に寄りますけど、力が入り過ぎかな。

・肩が上がっている
上半身に力が入って固いの派生形です。
セルフチェックポイントとしては、比較的長い距離を走った後に肩が凝っていたら力が入り過ぎかと。
腕を時々降ろしてリラックスしたり、肘を曲げて肩から自然下ろした位置を意識するなど。腕振りも柔らかく。

・腕振りの動きが大きい
結果的に上半身にも力が入り易くなりますが、マラソンフォームとしては腕を振り過ぎのランナーも意外と多い。
セルフチェックとしては、拳の位置が脇腹より後に行かない事。
前に振る時に肘が脇腹より前に出ない事。

上半身が固いと下半身の動きと連動しにくいので脚への負担が大きい。

・腕振りの動きが左右で違う
左右差が有っても影響は大きくは無いかも知れません。一流選手でも左右の有るランナーも割といます。
結構、癖な部分で修正し辛いに慣れていて不自由を感じ無いので直そうとは思わないかも。

・つま先が外側を向いている
これも意外と多いし、女性でもいます。
女性の場合は内転筋が弱いからかなと思います。つま先が外側を向いて着地していると推進に無駄もあるし、膝への負担も有ると思います。

・それなりに重心の前方着地も多い
以前より少なくなった気がしますけど、まだ多いですね。あともう少し後に着地したら重心真下になるのにと言うランナーさんも割と多い気がします。

・踵の跳ね上げが強いかあまり無いかのどちらかに分かれる
跳ね上げの強いランナーは足裏の蹴りが入っている割合が高い気がします。
一方、あまり跳ね上がらず摺り足に近いランナーかどちらかに分かれていて、膝の高さ位まで踵が上がるランナーは少ない。
個人的には膝の高さより多少高くても良いと思っていますけどね。
脚の回転が滑らかに回れば良いので踵の跳ね上げは結果的なものでどちらでも良いのかも知れません。
ただローリングするような回転運動で脚を動かすならある程度の跳ね上げと前への振出し(膝を前に抜いて行く)は必要かと。

・お尻の筋肉が使えていないランナーは多い
これは以前にも書きましたがランニングコースにも寄りますけど、皇居だと使えていると思える人は1割ぐらいかな←最近行っていないけど
重心真下着地とインナーマッスルが使えれば自然とお尻の筋肉も動員されますけどね。上半身に力が固く無い事が前提で。
肩甲骨が動けば骨盤と連動してお尻の筋肉も使い易くなる。

まあ、よそ様のフォームを見ているより、自分のフォームを直せよ、その前に走れよは有ります(笑)。

明日は走ろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数