FC2ブログ

手術を決意した理由

もう少し白内障ネタを引っ張ると←何しろ人生初手術
ランオフ中でネタ無し←いつもか

人間ドックで白内障と診断されたのは3年ほど前だったかと思います。
年齢的にはかなり早い時期の発症。

ただ右目だけで左目は大丈夫だったのと、手術すると暫く(1ヶ月間ほど)、走れなくなるため放置しておいた事は前々回に書きました。

記録志向でマラソンをやっていますから、1ヶ月間の走れ無い期間は結構、大きいと思いました。
歳が歳だけに一度走力を落とすと戻すのも困難かなと恐れが有りました。

実際には長野マラソンの後、1ヶ月半ほど故障で走力低下、そのシーズンで戻しました。
故障前 2:51:36(56歳11ヶ月)
故障と風邪後 サブ3の閾値ペース(04'00/km)走れず
シーズン最後 2:50:16

青梅マラソン故障(53歳10ヶ月)
故障前 2:56:04
故障後 3:15:00
シーズン初戦 2:56:26

歳は取っても戻そうと思えば戻せるものです。もちろん、維持するよりはずっと辛い(笑)。

話が逸れましたが、
白内障をご存知かと思いますが、目の水晶体が加齢による老化などで濁る病気です。
眼鏡で矯正しても、水晶体が曇りガラスの様に濁っているのでボヤッとしか見えません。
いずれは手術をしなければとは思っていました。

実際には強い拘りなんて無いのですけど、60歳までサブ3を一応目標にしています。
手術はそれまで先に伸ばすかなとぼんやり思っていました。←頭も白内障か

右目が白内障でぼやけてしか見えないため、良い方の左目ばかりを使っているので左目の負担が大きくなっていました。

車の免許更新時期が近づき、視力を測って見ると更新出来るだけの視力が有りませんでした。
取り敢えず、眼鏡を作り直して免許更新はしたものの、このままだと拙いなと手術に踏み切りました。

白内障は放置すれば、水晶体が硬くなって手術自体に時間が掛るようになるそうで、私の場合も放置期間が長った事も有って硬かったようです。

手術後は必ずランオフとなるため、それから走力を戻す期間を出来るだけ長く取りたい。
シーズンが終わった直後が良いかなと4月20日を手術日にしました。
その時はかすみがうらマラソンを走る積りでいたのです。
4月17日と20日を選択出来たのですけど、フルマラソンの2日後だと流石に免疫力とか問題有りそうです(笑)。

白内障の手術自体は麻酔の目薬を差して、15分ほどで終わり日帰り出来る手術なんですけど、手術した目に細菌が入るのが1番注意しなければならない事。
フルマラソンで免疫力を低下した直後は拙いかと思いました。

手術当日、閾値走をやって良かったのかは分かりません(笑)。
フルマラソンと違って大丈夫でしょうか←良い子は真似しないで下さい

それで、かすみがうらマラソンでガアッーと追い込んで走力アップしてから手術を受ける積りでした(笑)←アップしたかは不明だけど

事情によりDNSとなったので、手術前1週間に3度の閾値走で、セコく走力維持←せこいもせこく無いも無いですかね

元々、足立フレンドリーの後、通勤時に痛めた足首痛なども有り、走力は低下していましたから、この手術後1ヶ月間のポイント練習出来ずは、結構痛いです。
まあ仕方無し。

走力が大阪マラソンの頃まで戻ってから手術と言うのもいつになるか分からないです←永久に戻ら無いかも知れないし←寂しい(笑)

ジョギングは2週間ほど経てば出来るそうなのでびびるほど走力低下はしないかも知れません。

それでも1ヶ月後に閾値走を再開したら、かなりきつく感じる気がします(笑)
どの程度走力が戻るかはこうご期待←誰も期待していない←寂しい

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数