歩いていて走るランナーを見て思った事

昨日の記事で書いたように、昨日、いつもは自分も走っている上尾運動公園を歩きました。

走っているランナーを見ていて思ったのは、市民ランナーのランニングフォームは千差万別、個性豊かだなと言うこと。

体格も年齢も性別も走力も違いますから、違っていて良いと言うか当たり前なのかも知れません。

その中でも、膝や腰に負担の掛るランニングフォームで走っている人も多い事が気になりました。
上尾運動公園の走路はウレタン塗装だし、ゆっくりジョギングする人が多いので、負担になるフォームでも普段は問題無いのかも知れません。

ただフルマラソンやレースなどで走った場合は結構、足腰に負担があるんじゃないかなと思いました。

普段は自分も練習で走っているのでランナーのランニングフォームは目には入るものの自分に向き合っているので関心外。
歩くと暇なので目が行きますね(笑)。

かと言って走っているランナーさんを捕まえて、
そのフォームだと腸脛靭帯に負担ですよとか、
内転筋鍛えて足先は真っ直ぐとか、
着地位置が前過ぎとか、
腕振りが骨盤連動になっていないとか、
骨盤が後傾して背中が曲がっているとか
そんな大きなお世話な事はしませんけどね(笑)。

どのランナーも故障は嫌でしょうから、故障しにくいフォームで走るのは悪い事じゃ無いなと思います。

あと、これも大きなお世話だけど、
ダイエット目的で走っていると思われるランナーさん(体型的に)で、ゼイハアしている人も居ます。
もう少しゆっくり長く走ってある程度体重が減ってからゼイハアした方が良いように思います。

上尾運動公園に休日に走りに来る人は世間一般より意識高い系で良いと思いますけどね。

それにどんなふうに走るのかなんてランナーそれぞれで自由でしたね。
自分だって、普段はいい歳してゼイハア、楽苦しく走ってますからね。

人の事を気にしている暇が有ったら、自分も走れよ(笑)。
あ、でも、走らないと脚は痛めないから。
速くはならないけど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数