FC2ブログ

左右腕振りの差と左右接地時間バランス差

1昨日の記事、左右接地時間バランスの考察
では、左右の接地時間差の計算で疲れてしまい浅い内容になっていました←えっ、いつもだろ(笑)

今日はその追加記事として、私の左右腕振りの差が左右接地時間バランスの差に影響しているかを考えてみます。

長くなりそうなので結論から書くと
「利き腕である左腕の強い腕振りで、反対側の右脚はより強い力を得て、左脚より強く蹴っている。」
考えられる理由については以下に書きます。

まず、左右腕振りの差についてですが、前提条件として、私は

・左利きである、従って左腕の方が力が強い。
子供の頃に右利きに矯正され、筆記やお箸は右手←細かい仕事は右手
ボール投げとか力の要る仕事は左手と言う特徴が有ります。

・腕振り自体に左右差がある。
公園を走っているランナーを見ても左右均等な腕振りのランナーは少ないです。
私も次のような差が有ります。

左腕はやや外側に肘を引くように腕振りし、右腕は、身体に沿うように肘を真っ直ぐ引いて振っている。
見た目ではっきりと判るほどの差は無いかも知れませんが、ややその傾向が有ります。
修正しようと思い、左右均等な腕振りを意識している事もあり、差は徐々に小さくなって来てはいます。

この差は何で生まれたか?
やはり長年に渡り、上尾運動公園の楕円コースを反時計回りで走る事は影響していると見ています。

反時計回りだと、常に右脚、右腕がコースの外側。楕円部分で遠心力が働き、外への動きが出ます。
そのバランスを取るため左腕をやや外側に振っています。←やじろべえか
逆に右腕を外に振ると、更に外側に流れるため、右腕は身体に沿った動きで真後ろに振っています。

これはある意味、コース特性に合わせてフォームを変えているわけでいちが一概に悪いとは言えません。ただその必要の無い直線路でも左右差のある腕振りは必要無いですね。

ただこの左右腕振りの差がそのまま左右接地時間バランスの差に繋がっているかと考えると違うかなと思います。

ではどこからかと考えると、左右の腕の力の差が影響しているのではないかと。
仮に同じ軌道で同じ速度で腕振りをすれば、モーメントと言うかエネルギーは同じかも知れません。
利き腕は知らない間に自然と力強く振っている事は有ると思います。

左腕の腕振り(肘引き)の力は、肩甲骨が後ろに引かれ、背中の捻じれを通して、右側の骨盤に連動、右脚へ伝わって行きます。
この左腕の動きが力強いと右脚へ伝わる力も強くなると思います。

疲れた時に腕振りを強くすると脚の負担も軽くなる事は体感出来るかなと思います。←別大で脚が疲れたら試してみてね

私の場合、元々が右脚が利き脚。
楕円コースで外側の右脚への遠心力負荷が高い。
左腕振りで強い力が右脚へ伝わる。
などで右脚の筋肉量が左脚より多く、力も強い。

一方、右腕の振りは身体に沿って振り、力も強くないため、左脚へ伝わる力も右脚と比べると弱い。
この差が左右接地時間バランスの差に繋がっているかなと思っています。

ただ、脚で蹴る力が強いと接地時間が長く、弱いと接地時間が短いとは限らないと思います。むしろ強いと踏み込みが強いため、一瞬で着地が終わって短くなるようにも思えます。
速く走れば走るほど、接地時間は短くなっていますが、踏み着ける速度も速いですからね。

左右接地時間バランス差の改善策として、右腕の腕振りを左腕と同じ軌道で、やや外側に振る。←楕円部分は別
全く左右均等に腕振りするのでは無くて、逆に右腕の方をより強めに振ってみる。
を試して実測値を見れば正しい推論なのか違うか分ると思います。

左右の脚の筋肉量の差は練習だけで解消するのは、長い期間が必要かも知れません。
普段の生活でも、今まで右肩にバックを担ぐ事が多かったので、最近、左肩に担ぐようにしています。←小さな事をコツコツと(笑)

多大な努力を要する事より、日々のちょっとした努力なら気軽で継続できますからね。←地味だけど

ランニングダイナミクスの接地時間だけで、コテコテに考えて遊べるのは、素敵だ←オタクなだけか(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も左右差があります。
酷いときは、左48%、右52%
そして私も左利きです。
接地時間差の原因は左の方が強く蹴ってるために接地時間が短くなっています。
これは解ってるのですが
なぜそうなるのかは解りません。
最近いろいろとフォームを変えて走ってるんですがそんなに簡単には解らない(治らない)ですよね。

やまけんさん

試しに弱い方の脚と反対側の左腕をいつもより強めに振って走って見て下さい。
それで右脚も強く蹴れるはず。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数