現状の走力分析

書く事が無いのでマラソンPDCAとして現在の走力を考えてみる←大袈裟

古河はなももは条件が良かったとは言え、自己ベスト更新で2:51'36(ネット)、VDOT=56.6。
その後、今シーズンを迎え長野マラソンを足首痛でDNF、実際にはその前の通勤時に痛めていた模様。
歩くのも痛くて困難な状態が続き風邪まで引いて走力が低下。
練習再開するもサブ3、VDOT=54の閾値ペース04'00/kmのトレッドミル閾値走は20分間走り切れずでした。
この時点が今シーズンの底だったと思います。

故障明けで夏期に実施しているインターバル走は行わず、閾値走と流しでスピードを戻して行きました。
9月になり、Mペース30km走を実施し現状把握。
まだ暑い頃に平均04'08/kmで走れた事でサブ3には戻ったと判断出来、推定VDOT=55、2時間56分には戻ったかと手応えを感じました。

だがしかし好事魔多しで脚が疲れていた事も有り、まさかの風呂場で転倒。
今の家には20年住んで居ますし、生まれて風呂場でコケた事は無かったんですけどね(笑)。
また走力を落とす。気持ちも萎えてまた風邪を引く。

それでも神戸マラソンが迫っていたので3週連続、2週間前までのMペース30km走を実施し急造。
結果は17kmから早くも苦しくなり、ぎりぎりサブ3。

足立フレンドリーは風が強く気温が高めとは言え、昨年の自己ベストから2分落ち。
レースでは結果が残せていません。レース結果からするとぎりぎりサブ3ぐらい。

まあこれが現状なんですが、神戸マラソン以降、手応えは感じていて、トレッドミルの20分間閾値走では昨年と同じ設定ペース、03'45/kmに戻り、さらに上を伺う情勢←2秒上げだけど(笑)

年度末には美ジョガーさんたちと30km走で走りモチベーションアップ。
1月になり、怪盗さん、きりさん、Ka_naさん、フジヤマさんと上尾ぐるぐる30km走でコース自己ベスト。

駒沢公園30kでは無給水で04'14/km走れ、上尾ぼっち30kでは時計を止めずの04'03/km、上尾ぼっち練習自己ベスト。

一見、走力は古河はなもも自己ベスト時かそれを少し上回ったようにも思えます。

ただスピードがさらに落ちているようにも思え、1kTTをやったら03'30を切れない気、それどころか03'35も怪しい気もします←やっていないけど
5kTTは自己ベストの18'30は出ないだろうなと思っています。

スピードの衰えを少なくしようと、流しを速く走ったり、トレミ03'00/kmレペをやったりしているのですけどね。

5kmTTや1kmTTは置いておいて、肝心のフルマラソンはどうか?
やはり30km以降のペース維持に不安が残ります。
それも有り、先日の大阪国際女子マラソンで、フルマラソンはやっぱり難しいなと所感を持った次第です。

フルマラソンの場合、加齢で多少スピードが落ちても、閾値を維持し、ランニングエコノミーでカバーし、ある程度のスピード持久力は維持出来るとは思っています。

徒歩数が増えた事で昨年より、体重は2kgほど軽く、その割にはあまり速くなった感じはしないんですよね。

逆算が正しいか分からないですけど、
新VDOT=旧VDOT×旧体重÷今の体重
で計算すると皮算用では(笑)
56.6×46.5kg÷44.5kg=59.1
う~ん、あり得ない(笑)
逆は効かないようで楽観視しない方が良さそう。増えると途端に効きますけどね。

取り敢えず、昨年の古河はなももに近いところまでは戻ったと信じてテーパリングを上手くやり2時間55分は切りたいです←気温も低く風が弱い場合ね(笑)

古河はなももは、今シーズン最終レース。悔いの無いように走りたいものです。
古河はなももから3週間ほどすると、58歳。
アラシックスティがいよいよ近づいて来た。←60歳の場合、還暦でアラカンと呼ぶのかな

現状分析と言うよりただのシーズン振り返りじゃん(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数