大阪国際女子マラソンを見て思ったマラソンの難しさ

レース自体は重友梨佐選手の復活優勝で感動したのですが、改めてフルマラソンを走るのは難しいなと思いました。

今回の陸連テーマはネガティブスプリット。それ自体は世界のレースの潮流で有り、世界戦で勝つにはレース後半にペースが上がる事に対応出来る事が必要との事。

以前の選考レースでは結果的に勝っても先頭集団に果敢に食らいついて行かないと駄目だとか変な?基準が入っていました。

フルマラソンは基本的に42.195kmを自分の持てる力を全て使い出来るだけ早くゴールするスポーツ。
選考レースはタイムだけで無く順位も重要で駆け引きも必要ですけどね。

私がフルマラソンは難しいなと思ったのはもっと単純な事。
どれだけ走り込んで脚を作ったと思われる選手でさえも後半にペースダウンしてしまう事。
市民ランナーが30km以降にペースダウンするのは当り前なのかも知れないねと言うような感想。

お断りしておきますと、選手の良い悪い、練習の良い悪いを言っている訳では有りません。

今回2位だった堀江選手は実業団の練習が終わった後も1人居残りで20km以上を走っていたそうです。テレビの解説でも筋肉が浮き彫りになって走り込んで鍛えられていますね、と話されていました。
だから成果が出てPB更新出来たのかも知れませんけど、そんな走り込んだ選手でさえも後半ペースが少し落ちてしまいます。

走力や求めている物が違うとは言え、市民ランナーが30km以降もペースダウンしないで走り切るには、一体どんな練習をすれば良いのだろうか?

マラソンペースで42.195kmを走り切れれば良いので最適な練習って何だろうと思った次第です。
男子でも女子でもアフリカ系のトップ選手の練習をすれば良いのでしょうかね。

30km走をいくらやっても、その不安は払拭出来ないし、川内優輝選手のように先人に倣い超ロング走で脚を作るのか?

35km走や40km走をやったところでまだまだ不安。マラソンペースで42km走ったらフルマラソンその物だし(笑)。
一発で結果を出す必要が無く、何度でも挑戦出来る市民ランナーは、レース自体が次のレースへの経験と考えれば良いですかね。

今シーズンは古河はなももで終了。
今の練習方法で結果が出るかも実験ですね。
まあ気楽に行くか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数