トレミ閾値ペースを上げる

昨日の「どうしたら速く走れるか」の続きを書こうと思っているのですが水曜日でいつもの練習日誌。
この練習に興味を持って読んでくれているのは、おそらく同年輩か走力的に近いランナーさん、或いはその&の方だけかと思いますけど自分の記録だしね。
走力が異なる方もご自身のVDOT値に合せれば、同じメニューを行えます。
ペースの違いがあるだけで20分間走るのは同じなので。

昨日の続き、「どうしたら速く走れるか」を脳内で一人マラソン談義中←それって記事の下書きですやん
また書くとして、今日は練習日誌。

トレッドミルの閾値ペースを適性かどうかは別として心拍数を把握する目的で少し上げてみました。
03'47/km→03'43/km
ロードを03'47/kmで走ったので、マイ・ジムルールでロードの3秒上げ。
マイルなので16.1マイルの03'43/kmか16.0の03'45/kmしか設定出来ず。
ガチ30km走の後と言う事も有り、4秒上げはきつかった。
57歳のおっちゃんは回復が遅いです(笑)。

心肺的にはそれほど苦しく無かったのですが脚が疲れ気味で何とか走ったものの、いつもやっているそのままキロ3に上げての200m俺流の流し←略してオレ流し←まんま、は給水後に実施しました。
あとはいつものEペースで5km分。

2017年1月11日(水)
ドゥスポーツプラザ、夜6時
2.0km 12'00(06'00/km) アップジョグ 傾斜0.5%
5.4km 20'08(03'43/km) 20分間閾値走 傾斜0
0.2km 00'36(03'00/km) オレ流し 傾斜0
5.0km 23'45(04'45/km) Eペース走 傾斜0.5%
日12.6km 月111km

ランニングダイナミクス
5.4km:03'43/km kcal
平均心拍数 161 HRmax 92.0%
最高心拍数 167 HRmax
平均ピッチ 196
最高ピッチ 201
平均上下動 8.3cm
平均接地時間 169ms
平均ストライド
トレーニング効果 2.9

平均心拍数が閾値心拍域の上限。
ちょっと負荷が高かったですね。
次回は16マイル、03'45/kmかな。

恒例の体組成計 右は前回比
体重 44.3kg -0.0kg
体脂肪率 14.1% +0.9%
体脂肪量 6.2kg +0.3kg
除く脂肪量 38.1kg -0.3kg
筋肉量 36.1kg
体水分量 26.2kg

ええっと(笑)、体脂肪が0.3kg増えて筋肉量が0.3kg減った事になっていて体重の増減は無し(苦笑)。
過去も30km走をすると体脂肪が増えていた気がします。多分筋肉は分解してはいないと思うので体水分量が今日は300g少なかったと思いたい。
何れにしてもかなりの低体重は維持していますね。今週また30k走るとどうなるかな。

家に帰るとターサージール5が届いていました。重量を計ると25cmで147g←軽い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数