トレミでアップダウン走

神戸マラソンの最終練習はやはりジムに逃げる。
いつもの20分間閾値走は疲れが残りそうだったので最初から考えず、Eペース走を中心に走りました。

先週、トレミの操作を間違えて傾斜率がマイナス(下り坂)にもなる優れものなトレッドミルと分かりました。

埼玉国際ほどでは有りませんが神戸マラソンも細かいアップダウンが有るのでトレッドミルを使った傾斜走を実施。←今更だけどね

2km キロ6の平坦アップジョグの後、Eペース04'45/kmに上げて傾斜率2%で600m、傾斜率-2%で400m。
やはり下りは楽(笑)。

2km分、Eペースで走った後、山手バイパスの坂を想定して1kmだけ04'04/kmに上げて傾斜率3%で500m、傾斜率4%で500m。
これは結構きつい。本番では35km地点でこのペースでは無理(笑)。
速度はそのまま傾斜率-2%で200m下り、0%で800m走りと目まぐるしく傾斜率を変えて走りました。

Eペースに戻して繰り返し。途中、03'00/kmまで上げて200m分の流し。
ペースの上げ下げ分走っているのでこれが1番きつかったかも。

ドゥスポーツプラザ、夜6時
2.0km 12'00(06'00/km)
8.0km 36'00(04'30/km) 変化走
0.2km 00'36(03'00/km)
日10.2km 月110km

恒例の体組成計(一般市民ランナーモード)
体重 44.9kg +0.1kg
体脂肪率15.3%
体脂肪量 6.9kg +0.1kg
除く脂肪量 38.0kg 0kg
筋肉量 36.0kg
体水分量 26.0kg

先週とほとんど変わらず。昨日、体組成計のアスリートモードを書いたのでアスリートモードでも計測してみました。

恒例の体組成計(アスリートモード)
体重 44.8kg 0.0kg
体脂肪率6.8% (笑)
体脂肪量 3.0kg (笑)
除く脂肪量 41.8kg
筋肉量 39.6kg
体水分量 26.5kg

えらい違いですなあ(笑)。
体重も100g軽いですが、これは乗り方でしょうね。
流石に体脂肪量3kg、体脂肪率6.8%まで絞れてはいません。

アスリートモードが週12時間以上だから、6時間弱の運動しているので、間を取ったぐらいかな(笑)。
足して2で割ると、体脂肪率11%。良い線かも。
アスリートモード、市民ランナーモード、一般市民モードが選べたら良いかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
僕も神戸走るんでよろしくお願いします。

アスリートモードはそんなカラクリやったんですね。
市民ランナーの我々だと、一般モードで出る体脂肪率より実際は少し低くなるということになるんですかね。

ひでちゃんさん

神戸マラソン、よろしくお願いします。
体組成計、良く分かりませんね。
同じ人間でモードを変えるだけで体脂肪率が変わる。
モード入力なしの自動の体組成計が出来ると信用出来るのかも知れません。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数