体組成計のアスリートモード

ジムの体組成計で体脂肪15%と言われた、たのくるです。

体組成計では一般市民ランナーモード←そんなの無い(笑)、一般モードとアスリートモードが有りますね。
ジムの体組成計に乗る時は当然ながら、一般モードで計測、それで体脂肪率15%となるわけです。

ところが同じ人がアスリートと設定して計測すると、あれ不思議、体脂肪率が一般モードの約半分になるじゃ有りませんか。←試しに測ってみたのです。

なーんだ、モードで変えているのか、ちゃんと測らんかいと言いたいところですが、実際のところどんな計測になっているのでしょうね。
アスリートと聞いてえこ贔屓していると言う事は無いと思うのですが←何しろ体組成計君は機械だし。

同じ人が体組成計に乗った時、モードで体脂肪率が変わると言う事はアスリートと一般市民の体を流れる電流は変わらないと言う事?
筋肉と体脂肪では導通が違って判定しているのでどう言う事なんでしようか。
体脂肪は電気を通し難いのでしたよね。筋肉は水分量も多く良く電気が流れる。

違いが分からないまま置いて置いて←
おいおい
アスリートモードにする基準はと取扱説明書を読むと週12時間以上の有酸素運動をしている人と有ります。
12時間も練習していないので、実際のところは、良く走った週で6時間も走っていませんね。
30km 走とアップとダウンジョグで2時間40分間。
セット練習でEペース走で90分間ほど。
平常練習で閾値走とジョグで70分間として、5時間20分間。
相当、サバ読んでもアスリートモードに出来ません(笑)。

週12時間の有酸素運動と言うと2時間ジョグを6回だから、確かにそれだけ運動すれば体脂肪率は下がりそうですね。
今の倍以上だから、一般市民ランナーモードに甘んじ体脂肪、15%を受け入れるしか無いですね。

アスリートって12時間のジョグでも良いのか←まだ言ってる
体脂肪率を減らすにはアスリートモードで計測が手軽そうな気がします(笑)。

走っていなかった頃、体重は52kgほどで体脂肪率25%位だったような記憶が有ります。当然、運動していないので今より筋肉量も少なく体脂肪量は7kgほど多い事になります。
そう考えるとまあ、良いかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数