ストライドを伸ばす時に意識している事

当ブログではランニングフォームは重要な研究テーマです。年寄りなのと脚が短いので他のランナーさんより余計にフォームを気にしています(笑)。
ストライドを伸ばすことは、過去何度もカテゴリ、マラソン研究:フォームで書いて来ました。

腸腰筋を使って走る
ストライドを伸ばす

これだけ書きてきたのはネタ切れのため脚の短いおっさんのストライドへの妄執と言っても良いかも(笑)。

どのランナーもピッチ数とストライドの長さで速度が決まり、脚の長いランナーさんの方がまあ有利なことは事実です。
私を知っている方は脚が短いことをご存じだと思いますが速度がその2つで決まる以上、短いと言っていられないのでピッチ数とストライドを伸ばす工夫が必要になってきます。ピッチ数はある程度限界もあり、ストライドも限界がありますけど、1cmでも伸ばせればその分、速くなりますからね。

過去走ったフルマラソンのデータで見ると、
大会、フルタイム、平均ペース、ピッチ数、ストライドの順。

2015神戸 2:58:04 04'12/km 188spm 1.27m

2014つくば 2:54'56 04'08/km 195spm 1.24m

2016古河 2:51'47 04'04/km 193spm 1.27m

ピッチ数とストライドの表で見ると
ピッチとストライド1
ピッチとストライド2
サブ3なら、ピッチ数195と1.21mや190と1.24m、脚の長い人は180と1.31m。
の組合せが必要。

サブ50となるとキロ4なので195と1.28mや190と1.31mが必要となってきますので平均ピッチ数195前後の私の場合は嫌でもストライドを伸ばす事が必要になってきます。

ストライドを伸ばす練習で意識しているフォームは2点。

・着地した後の後ろへの足の跳ね上げ
膝の高さかそれより少し高い程度に足を後ろへ跳ね上げる事を意識し、折り畳んだまま前へ振り出す。

・膝を前へ抜く
「膝を前へ抜く」は自分で考えた言葉なのかどこかで見たのか分からなくなりましたが、要は後ろから振り出した膝を少し折り畳んだまま、膝と膝を擦るか擦らないかぐらいで両膝を擦るように前へ出す動作です。結果的に少しだけ膝を持ち上げると言いますか着地までの時間が長くなります。
当然ながら、その後はすぐに重心真下に着地します。膝を前に出してもある程度折り畳みが残っているので足が重心より前に行ってブレーキが掛かることは無く、重心真下へ踏みつけます。

この2点の意識で得られるメリットは
・脚の振り出す効率が良い事
・膝を擦るように前へ抜く事で骨盤が動きやすくなる
・重心真下に踏みつけやすい
・空中浮遊時間が若干伸びる

空中浮遊時間は長ければ良いものでも有りませんけど、脚の短いランナーに取っては短い脚を浮かすことでカバー出来るのである程度は長い方が得かなと思っています。
それ以外で意識しているのは、基本動作として、腰高と腕振りですね。
全体のイメージとして青学の一色選手のフォームを頭に描いて走っています(笑)。
あくまでイメージですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マラソン大会
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最近ガーミンが新しくなり、ストライドがわかるようになりましたが、昨日の高島平で1.11mでした。
身長の低い分、相当頑張らなきゃです。

珍しく、たのくるさんに反論です。
あーでも、打ち負かされるかも(笑)
私は背が高く、相対的に足が長いと思いますが、マラソンに有利とは思っていません。(半分くらい、背が高く歩幅が広くて有利でしょと、子供の頃から言われ続けてきた反骨心かも…)
歩幅が広くても、その広い分動かすには、それだけのエネルギーが必要で、そのエネルギーは歩幅が広くても狭くても変わらないと思うんです。
もし、仮に背が高いことがマラソンに有利に働くならジャイアント馬場がマラソンに有利かといえば、たぶん違うだろうし、オリンピックの選手は、背の高いランナーが集まる傾向が出ると思いますが、実際はそうではないですよね。むしろ背が低い人のほうが多い気がします。特に日本の女子の場合。
って、反論しましたが、うーん、いまひとつ説得力にかけますね・・・
あ、でも無理ない範囲でストライドが広いことに、越したことはないですね。

ひとみさん

高島平、お疲れ様でした。
高島平は今回で最後だったんですね。
ふみこさん(笑)、ストライドもピッチも分かって良いですよね。
ストライドは少しでも伸びると違いますね。その分、筋力は必要な気がします。
お互い、頑張りましょう。

kinさん

脚の長い悩み、分かる気もします←分かりません(笑)
身長の75%がストライドだとして、身長180と160だと、135と120。
やはり私なら長い脚が魅力ですね。
マラソン以外でもっと良い事が多いと思いますし。まあ短い脚なので悩みも良さも分からないのかも知れませんけどね。
身長2m有ったら、私ならマラソンやらずにNBAを目指します(笑)。
脚が長くて扱いに困っているなら←一度言ってみたい、後への跳ね上げと折り畳んだままの振り出しが脚の長い事の弱点(???)をカバーしてくれるように思います。

No title

いつも拝読しております。
膝の擦り合わせの記事について、大変興味深く実践しています。
質問なのですが、この擦り合わせにベストのタイミングはありますか?
速度が上がれば上がるほど前の方で当たるという認識でしょうか。
また、これを意識する恩恵は、シザースの意識と同じでしょうか。
ご教示のほど、お願いします。

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数