厄年は見直さなくて良いのかな

ご存知のように大厄と言われているのは、数え年で男は42、女は33。
厄年は男は25、42、61。女は19、33、37。

男の25歳(満年齢だと24)も女の19も元気溌剌で気にする必要も無さそうですが、大人になって色々な節目でもあるからとか理由は有るのでしょうね。

女性の場合、婦人科系の病気が増えるのも30代からで仕事にプラにベートに負担も増えるから分かる気もします。

男も42歳と成れば、中年期に差し掛かり仕事も責任が重くなりとストレスが増えるのも分かります。

ただ自分を振り返ってみると42の頃は運動もしていなかったので今より体力は無かったのですが病気の心配も特に無かったし無難に過ぎ去りました。

厄年は陰陽道も含め色々な由来が有ると思いますけど、医学と科学が発達し栄養も十分取れる時代になって平均余命も伸びています。
男性の場合、癌になるのは50代、60代が増える頃です。大厄の42歳は現代だとどれくらいが良いのでしょうね?
15、6歳上げても良い気もします。
もっとも61の厄年が有るから60前は元々要注意なんでしょうけどね。
42に15、6歳足すと57歳って現代の厄年か←私の歳でした(笑)

怪我しなくても良いのに怪我したりして走るのに支障が出ているのでふとそんな事を思った次第です。
まあ、男は40歳を過ぎると要注意で良いと思いますけど。

ダニエルズさんによると39歳以降、1歳毎にVDOT値で0.8か0.9の低下が起こるそうで40歳以降は30代より頑張らないと走力維持や走力アップ出来ない事になりますね。

過去記事、年齢別VDOT対比表

57歳だと38歳から19歳、年平均0.85VDOTの低下が有るとすると、38歳の時から16.1低下。38歳でVDOT=56だと、40になっちゃうのですが、そこを練習で頑張って低下させないようにしているわけです。
何か無理している気がします(笑)。

落ちが無くなったけどまあ良いかな。
40歳を超えたら気を付けましょうねと言う事で。
女性の場合は30代になったら人間ドックか婦人科系の検診を定期的に受けましょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数