ガラスの足首対策

長野マラソンで痛めた左足首、以前から故障しやすく捻挫やアキレス腱炎、足底筋膜炎と左脚ばかり、足底筋膜炎は両足。
長野で痛めたと言うより通勤電車で押されて痛めていただけで走らなかったから気付かなかっただけのような気もしますけど。

とにかく、左足首周りは弱点の一つ。左右バランスが悪かったり、着地が悪かったりと悪い癖があったと思います。
フォームの改善に取り組み続けていて、練習で痛める事はほぼ無くなったのですが、如何せん足首が細いためも有り、耐久度が低い。

オールアバウトの谷中さんの受け売りですが、「マラソンは弱点を消して行くスポーツ。強みが弱点をカバーしてくれない。」弱点はスタミナが無いとかフォームが悪いとかを指すのですが、故障のしやすさも大きな弱点でしょう。

谷中さんの記事

足首が弱点ならば、鍛えましょうと言う事で足首の痛みが消えた頃から、隙間時間なども含めて、カーフレイズをちょこちょこと繰り返す毎日。
カーフレイズと言うとふくらはぎや脛の筋肉を鍛える筋トレですが、ついでに足首周りも鍛えられます。

信号待ちで、カーフレイズ。コーヒーベンディングマシンで、カーフレイズ。
エレベーター待ちで、カーフレイズ。
ドライヤー中もカーフレイズ。歯磨き中もカーフレイズ。
トイレ中もカーフレイズ←嘘です

あまり人前でやるとますます変なおじさんに見えるので多少控える時も有るのですが、まあ誰もおっさんに興味は無いから気にする事も無いですけどね。

そんなこんなで足首強化が出来たのか?
それを試しに行ったのが、Ukeさん主催の東大グラウンドクロカン。

足首強度の確認も有りますけど、クロカンを走った事が無いので走りたかったのと、ぼっち練ばかりで無く、たまには他のランナーさんと一緒に走って、走るモチベーションアップが参加目的でした。
ついでに足首の強度を確認してみました。

ここで足をぐねって痛めるようだとまだまだ、って危ないテストですが、そこは決定的に痛めないようにスピードは控えめで。
スピードを上げられなかったと言うのが真相ですけどね。

草の生えた不整地で見えない窪みや穴、石や落ちた枝などが有り、何度か結構な角度で足首を捻りました。
鍛える前だと捻挫していたかも知れませんし、しなかったかも知れませんが、取り敢えず平気でした。

最終テストは満員電車で強く押されて大丈夫か?
ですが、止めておきます(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

足首痛は私も1年くらい悩まされている問題なので、今回の記事は非常にありがたいです!

そっか、ふくらはぎを鍛えるんですね〜
知らなかった私は、足首ストレッチ&テーピング固定に命かけてましたw
秋に向けて、私もカーフレイズ頑張ってみます!

トヨチンさん

私もカーフレイズは、単にふくらはぎを鍛えるだけかと思っていたのですが、金さんが足首の強化になると言っていたので間違いないですね。
ふくらはぎは、多分太くはならないと思います。
カーフレイズはやると目立つので、電車待ちの時は、踵を着けて、つま先を持ち上げる
脛トレをやっています。
こちらも足首周りも鍛えられると思います。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数