ダニエルズさんの表を確認する

連日でダニエルズさんネタになります。私はダニエルズさんが好きなものでご容赦を。

ある方のブログを拝見していてVDOT値と各練習ペースの数値を見て、こんな数値だったかなと、ふと思い、改めてダニエルズさんの表とダニエルズさんの計算機を比較してみました。

数値を見て違和感を覚えるところ自体が相当なダニエルズさん信者と言いますか、ダニエルズさんフリークな気もしますね(笑)。

まず、ダニエルズさんの表は、整数のVDOT値で構成されていますが、きりの良い5の倍数と私の走力に近い+目標のVDOT値辺りを集中して確認しました。

VDOT Eペース範囲 Mペース Tペース Iペース フルマラソンのタイム の順で456は、04'56/kmの意味。
フルの025814は2時間58分14秒の意味です。数字の羅列で見ずらいと思いますけど。

35 636-721 604 540 --- 041603

40 556-638 527 506 442 034945

45 523-603 456 438 416 032826

50 456-534 431 415 355 031049

54 438-514 414 400 341 025847
55 434-510 410 356 337 025601
56 430-505 406 353 334 025320
57 426-501 403 350 331 025045
58 422-457 359 345 328 024814

ダニエルズさんの計算式のリンク:
ダニエルズさんの計算式

これらのマラソンタイムを計算機に入れてみると微妙に数値が違っていました。サブ3以降のVDOT値は同じVDOT値でした。
計算機でのVDOT値と各ペース 順番は上の並びと同じ。

36.5 635-657 604 530 503 041603
41.2 559-620 527 459 435 034945
45.9 530-549 456 434 412 032826
50.7 503-523 431 412 353 031049

54.0 448-506 414 400 341 025847
55.0 444-502 410 356 337 025601
56.0 440-457 406 353 334 025320
57.0 436-454 403 350 331 025045
58.0 433-450 359 346 328 024814

ダニエルズさんの表では,VDOT=35 だったフルマラソンタイム 4時間16分3秒が、計算機だとVDOT=36.5となり、VDOT値で1.5も違いました。
もっともフルマラソンのタイムをインプットしているので、どちらもMペースは同じで06'04/km。これが違うとおかしいですからね。

表 計算機の順に各ペースを並べると
VDOT 35 36.5
Eペース 636-721 635-657
Mペース 0604 0604
Tペース 0540 0530

もう一つ、VDOT 50で
VDOT 50 50.7
Eペース 0456-0534
Mペース 0431 0431
Tペース 0415 0412

VDOT 55では
VDOT 55 55
Eペース 434-510 444-502
Mペース 410 410
Tペース 356 356
Iペース 337 337

ダニエルズさんの表の数値は、ランニングフォーミュラ第3版(英語版)から拾ったものです。
Eペース範囲は見直しが行われて計算機の方には最新が反映されたと考えて良いかと思います。

サブ3以降のVDOT=54以降は、各ペースも一緒なので変更なしで、確認した35、40、45、50ではフルマラソンタイムでのVDOT値が上方修正され、Mペース以外の練習ペースがより速くなっています。

例えば、サブ3.5を目指す方が、ダニエルズさんの表を使うとVDOT=45 を見て
Eペース(これは全体的に見直されたと見て良いが)
05'23/km-06'03/kmのところをVDOT=45.9となり05'30/km-05'49/km。
幅が狭くなって上限は緩くなり下限は厳しくなっていますね。

Mペースは同じ。

Tペースは、04'38/kmだったのが、04'34/kmと4秒速くなっています。
MペースとTペースの差で見ると、表の方は18秒/kmが計算機では、22秒/kmとなっています。Mペースが同じでTペースが速くなっているので当り前ですけどね。

基本的にフルマラソンはTペースより遅く走るスポーツですが、走力が上がるとその差は小さくなります。
ちなみに、2時間5分だとVDOT値は82、Mペースが02'58/kmで、Tペースが02'51/kmで差異は僅かに7秒。

サブ3.5のランナーだと、計算機は22秒差、表では18秒差。
サブ3のランナーだと、計算機も表も14秒差です。
4秒差は大きいですが、22秒差の方が妥当な気がします。

フルマラソンの目標タイムで各ペース練習をする場合、ダニエルズさんの表の方がペースは優しく、VDOT値は低いと言うことになるので、VDOT値の高さを自慢したい場合は、計算機を使い、緩く練習したい場合は表を使う。←えっ、使い方が違うやろ?

計算機の方が最新のデータを反映していくと思われるので利用するには良いと思います。
中が分からないだけにどこかの数値で変な個所はあるかも知れません。表と見比べてみるのは良いと思いますね。

VDOT=58 フルマラソンをキロ4切って走ろうと思ったら、Tペースが03'46/kmか。確かにTペースの13秒/km落ちがMペースになっていますから、それぐらいで走らないといけないのですね。まだまだ遠いな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
訪問者数