重心真下と乗込み感

今日のネタは大した事の無い話なんですが←いつも(笑)
最近、Eペースやマラソンペースで意識している着地について。

一流ランナーの証は体重移動での乗込みが優れている事。
着地した瞬間に既に重心は真下にあり体重の乗込みがで着ている事の。

乗込み自体は、けんいち画伯のイラスト支援まで頂き少し前に書いています。
乗込みと着地

書いてからも何しろマラソン研究日誌なので練習であれこれ試したり振り返ったりしています(笑)。

2年ほど前にミズノのFORMで測った時はこの乗込みが85点で平均的には悪くないのですが、サブ10の選手や女子20分前半(つまり女子トップクラス)は乗込み点が100点に近く、そこが一流と市民ランナーの違い。
まあ違いが有って当り前と言えば当り前なんですが、改善出来るならしたいじゃないですか。

ミズノのF.O.R.M.の記事:

F.O.R.M.レポ

F.O.R.M.の続き

当日の私の着地は、ほぼフラットでやや踵寄り。
サブ10選手はほぼフラットのフォアフット気味。
踵寄りだと少し体重の乗込みが着地時点で終わっていない感が有ります。
あくまで私の感覚に過ぎませんけどね。

それでEペースなどのフォーム改善の練習で、今までフラット着地で、土踏まずど真ん中から着地する意識を持っていたのを、それだと結果的にやや踵寄りになっていたため、土踏まずと前足部の間ぐらいで着地する積もりを意識するように走ってみました。

フォアフットで無くフラット着地なんですが、やや前方を意識した動きです。
そうすると何となくほぼフラットの実際にもフラットな着地となり、乗込み感が向上したように思えます。

前足部の一番後ろ寄りを最初に地面に着くイメージです。
意識であり前足部や土踏まず部分のシューズ、踵部分もほほ同時に着きます。
実際には小指側の外側から着いて拇指球側(内側)への倒れ込みも入っての着地です。
これが今の処で自分に合う着地位置かと思っています。

じゃあミズノのF.O.R.M.にもう一度行って測れば良いのですが、初回で90点を叩き出してしまったので行きにくいんですよね。
改良したと思って再計測して下回ったらがっかりするじゃ無いですか(笑)

登録はしていませんが、ブログ村リンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数