ランニングフォームは連動性

今日はランニングフォームの話です。
書きながら、文字だけで伝え切れていない無力さ感じるのですが、書かないと収まらないので書きます(笑)。
じゃあ、絵を書いたらと言うところですが下手絵しか書けないので止めておきます。
少しでも参考になれば幸いです。

ランニングフォームは改めて書くまでも無く、一連の流れるような動作の連続で成り立っています。
私がフォームの改善で書くのはその一部、それが出来たら他の部分も出来るであろうポイントだけを書いたり、語っています。

その次や3番目に直したら良いところは1番目が出来たら自然に出来る事も有り、また1番目が出来てからでも良いかなと思ってもいるのですが、連動性が無いと直したら所がまた悪くなったりして、やはり説明が難しいなと思ったりします。

前置きが長くなりましたが、当ブログや他の方も良く書かれている「重心真下へ着地する」

これはフォーム改善の最重要ポイントだと思っていますけど、他の動きとの連動性や実際に走る時に意識している事などを書いてみます。
さて上手く伝わるかどうか(笑)

意識している事:
重心真下着地での体重の乗込み感を最重要視し、その繰返しを意識する。

具体的には

・足と身体の体重の乗り具合、腰高を保つ膝の曲げ角度、背筋の伸びた姿勢を身体で覚える。

・次の一歩もその高さに戻すだけ。
前に振り出そうとか後ろに跳ね上げようとは強く意識しない。

勿論、後ろに跳ね上げる筋肉の動きや前への振出し動作は筋力を使って行われています。
ただ出来るだけ意識せず、乗込み位置の着地と高さ(膝と腰、背筋)に戻す事を意識。

乗込みの良い着地が出来ると、自然と脚は後ろに素早く跳ね上げられ←流しなどで自然と跳ね上げる動作は体に覚え込ませる、
その反動で折畳んだ膝ごと脚が前方に振り出されます。
膝を前に降り出す際に、前方にツナ缶が並んでいてそれを真下に踏み潰して進んで行くイメージで走ると足裁きがスムーズになります。

ツナ缶なので4cm程度の高さがあり、ほていの焼き鳥缶でも良いのですけど(笑)、それを真下に踏み潰すためには、少し膝を折畳んだまま、体の真下を通過させる必要が有ります。

少し膝の高さを保ち振り出すので、「膝を抜いて行く感じ」と表現しています。

ただあくまで、元の着地を再現させる意識。脚の後ろへの跳ね上げや膝の前への振り出しは、筋力は使っていますが、反射的な動き。

着地に意識を置く事で、力まない軽い走りになると思っています。
フルマラソンでは、力まない走りが最後まで脚を保たせるランニングエコノミーとしても、良いと思っています。

どうもランニングフォームは熱く語ってしまいますね。
えぇ、他の話もじゃ無いか?

登録はしていませんが、ブログ村リンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは
蹴らない走りをできるように、たのくるさんの過去記事見ていろいろ試しています
前に置いているツナ缶踏み潰す感じでって意識しながら、坂道ロング走と闘値走、累計50kmほど走って、ふくらはぎや、脛の痛み出ていません
まだ、ミズノのフォームチェックしていないので、出来ているから定かではないですが…
ここで、質問です
キロ5くらいまでなら、ツナ缶意識と膝から下はないもの!を意識して走れるのですが、流しで4:35くらいにスピード上げると、速く走らないとと思うのか蹴ってしまっているような気がします
あと、上り坂でも、これまた蹴って上ってしまっている感じです
正しいフォームが身に付くまで、流しがむしゃらに走るの止めといたほうがいいですか?
上り坂の、足の運びとゆうか、意識したらいい点など教えていただきたいです!

ヘベレケネエサンさん

流しで故障性の痛みが出ないなら、流しはやった方が良いと思います。スピードを上げたり、流しで足裏で蹴る感覚やふくらはぎの疲労を感じたら、まだフォームが出来ていないからです。ジョグだとどんなフォームでも走れてしまうのです。
上り坂は肘を強く後ろに引き、脚だけで走らない事。
前傾し過ぎも良くないですが坂に対して軽い前傾になるように少し強めに前傾すること。遠くを見過ぎないこと。着地は姿勢が出来ていれば自然と重心真下になります。重心真下で母指球あたりで地面を押すイメージで走れば足裏で蹴らない走りになります。
過去記事だと、
http://tanokuru.blog.fc2.com/blog-entry-1312.html
http://tanokuru.blog.fc2.com/blog-entry-1445.html
http://tanokuru.blog.fc2.com/blog-entry-651.html
http://tanokuru.blog.fc2.com/blog-entry-652.html

こんばんは
アドバイス、ありがとうございます
今日MP10km+1kmTPで走りました
ずりっと滑る感じがなかったので、蹴らない走り身に付いてきてるのかなと
坂道の走り方、明日、夙川から坂道上って甲山森林公園行くときにアドバイス頭に入れてに走ってみます!

ヘベレケネエサンさん

滑らなかったら良い感じだと思います。
上り坂は無理にストライドを伸ばさず、狭めの重心真下と肘引き行けると思います。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数