肘は真っ直ぐ引くのが良いのか?

当ブログの頻出ワードは、流し、重心真下着地、前傾姿勢と腕振り。
腕振りについては何度も書いていて、書く事が無い気もするのですが、他のランナーさんのブログを読んでいると、

体の進行方向と並行して腕を振れと指導されたと言う方が多いように思いました。

ランニングにおける腕振りの意味は次のように思っています。

・腕を振る事により肩甲骨が後ろに動き、その捻れエネルギーが体幹を通して、骨盤に連動。
骨盤が動く事で脚の筋力だけに頼った動き出なく体全体(主に下半身全体)を使った動きが出来るようになる。
結果的に脚運びが楽になり、ストライドも伸びる。

・脚を回転させて走って行く上で、体のバランスを取り安定させる。

2番目の意味はどのように振ってもある程度の効果と言うかバランスは取れるので、とても必要な事ですが、あまり注目されません。まあ良いでしょうか。

「骨盤を動かすために腕振りをする」が意外と出来ていなかったりするので、注目されるんですね。

脚も体も前に進み、脚は前と後ろに動くので、腕振りも体の横を真っ直ぐ前と後ろに動く方が効率は良さそうに思います。

多分、ランニング教室に行っても真っ直ぐ前後に振るように指導される事が多いかと思います。もちろん、自由で構わないと言う指導者も居られます。

真っ直ぐ前後以外の振り方は駄目なのか、駄目じゃ無くても効率が悪かったりするのかが気になりますよね←ならないですか(笑)

腕振りと骨盤連動の関係を
昨日登場した真鍋未央コーチは、「でんでん太鼓を叩くように」。
金哲彦コーチは、普通に立って、腕を両脇腹に沿うように構えて、前後に動かし骨盤が良く動く様を示しています。

どちらもコンパクトに体近くで腕を振って骨盤を動かす指導かなと思っています。

真っ直ぐ前後なのか、そうじゃ無くても良いのか?
そうじゃ無い動きってどんな動きか。
真っ直ぐじゃ無いので体には沿わず、少し斜め後方への動きですね。

あまり浸透していない(気がする、笑)、4スタンス理論では、真っ直ぐ前後も、斜めの腕振りも、タイプにより変わり、有りだとしています。

4スタンス理論を学ぶ

4スタンス理論の科学的な根拠があまり理解出来ていないのですが、幼少期を含めた長年の癖や動作で身についた動き易さに違いが出るのかなと思います。

前後真っ直ぐ腕を振る方がリラックスして無理なく振れるなら、その動きが合っており、後方斜めへ腕を振る方が自然ならそれでも良いと思うのです。
外側に斜めに振るのも体の捻りを作りやすく、あまり力を使わずに振れるようにも思えます。

4スタンス理論では、4つの腕振りタイプが有ります。

・高めに腕を構えて胸に近い位置
・低めで腕を構えて腰に近い位置

・体から外へ斜めに振る
・体と平行に真っ直ぐ前後に振る

腕の構える高さが2種。腕の振り方が2種。組合せて4通りです。

腕振りはバランスを取る事と肩甲骨が動き、楽に骨盤が動けば、ほぼ目的を達していると思います。
後はフルマラソンで腕を振り続けられるかなので腕振りに無理や力みが伴うと最後まで保たないと思います。

そう言う点で前後でも斜めでもどちらでも良いかなと思い、同じ動きを繰り返すより、前後で振ったり、斜めに振ったりして筋肉の使い方を少し変えてロング走をやったりしています。
ブログのプロフィール写真は、後方斜めへの腕振り中です(笑)。

前後でも斜め後方でも肘が後ろに引かれる時は直線的な軌道で前に戻る時も直線が多いです。ただ前への戻りは、肩甲骨を後ろに引く動きでは無いので同じ速度で戻せればどんな軌道でも良いのかな思っています。
肘が体より前に行くのは、肩甲骨の動きとしても無駄かなと思います。

皆さんの腕振りは、前後派、斜め派どちらでしょうか?
腕をあまり振らずにサブ50で走っちゃうランナーさんも居られますね(笑)。

登録はしていませんが、ブログ村リンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

腕振り

はじめまして

●●いわさんのブログからたどり着きました。
私自身はぜんぜん肩甲骨が動かなくて、寄せても
指が入らずジムのインストラクターにあきれられています。
腕振りって大会で見ていると皆いろいろですよね。
デンシモ選手のように右腕だけ前で大きく回る、
高橋尚子選手は小さく前でくるくる回るように振る、
肩甲骨が動けばどんなふうでも
いいということでしょうか。

腕による身体の浮揚

腕振りの意味ですが、二点に追加し、身体の浮揚もあると思います。

腕振りは2年前から改善してきました。
元々抱え込むようなカッコ悪いフォームから、効果は分からないけど、見栄えの良い後ろに振る腕振りに変えてきました。
その中で、まずは後ろに腕振りして半年ぐらいで股関節との連動が何となく出来てきました。
まだまだ腕振りが安定せず、フルのタイムも大きくばらついていたのですが、タイムが良かった時を思い起こすと、思いっきり後ろに振った時でした。
その腕の動作が走りに及ぼす影響を考えると、腕振りが身体の浮揚させていることに気づき。その後その腕振りを意識することで30km以降に落ち始めたタイムを戻すことが出来るようになって来ました。

OnsidekickRecoverさん

初めまして。
選手でそれぞれですよね。
私は肩甲骨が動けば、どんな腕振りでも良いと思っていますが、フルマラソンで振り続けられる事と
体幹がある程度強くて、肩甲骨の動き(捩れ)を体幹から骨盤へ上手く連動できたら十分と考えています。

tamaさん

コメント、ありがとうございます。
私のブログの特徴(欠点とも呼ぶ、笑)で伝えたい事を端的に書けていないからなんですが、伝えたかったのは、体に沿って真っ直ぐ肘を引けと指導される事が多いけど、本来の骨盤を動かすためなら、真っ直ぐでなくても良いですよと言いたかったのでした。
腕振りの意味を全部書く意図ない内容です。
色々の考えや感じがあって良いと思っていますが、
私自身は浮揚についてはあまり思っていません。
上り坂での強めの腕振りや肘の捻りで強い蹴り出しを得られる事がtamaさんが書かれた浮揚と同じなのかも知れませんね。
平地だと体を如何に平行移動させるかだと思っているので、腕振りでの浮揚は意識していないと言うことなんですけど。
腕振りが重要だという点でも共通認識ですね。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数