ストライドを伸ばすと女の子走りを直すには

昨日の記事で表の中に間違いが有りましたので差し替えました。

さて、
このタイトルも新横ぐるぐるのランチで、美ジョガーさんたちから質問された話です。
ストライドを伸ばすにはどうしたら良いかで、即座にお答えしたのは、「流しをする」でした。
またですか?と言う顔をされました(笑)。確かに耳タコですよね。

実際にストライドを伸ばす時に必要な要素は、流し=ウインドスプリント走で備わります。
ストライドを伸ばす事は今までよりも大きな脚の動きですよね。仮に上下動と接地時間が同じでも滞空時間が延びますので、着地衝撃も強くなります。
大きな脚の動きと着地衝撃に耐える脚→強い脚力、筋力が必要。大きなストライドで走るには体を安定して保ち走る姿勢も必要。
それとストライドを伸ばそうと思い、重心前方の着地や足裏で蹴る動きを間違って覚えてしまうのは、土の上での流しで防げます。重心真下、足裏で蹴らない動きが習得できます。

ストライドを伸ばすドリル等は、過去記事で、あまり整理できずに書かれています。いつもか。
ストライドを伸ばす

かなりコテコテ記事です←えぇ、いつも? 

ストライドを伸ばすには?の質問は、流しで流して←洒落ね、しまったのですが、女の子走りを直すには間違って内転筋を鍛える事と答えてしまいました。元々、女性は内転筋がそれほど弱いわけじゃありません。
その場でも美ジョガーさん同士で内転筋は鍛えているという話で内腿を触りっこされていました。どれくらい鍛えているのか私も確認したかったのですが、流石に触れないので遠慮しました(笑)。

内転筋は勿論、マラソンで必要な筋肉で鍛える必要は有りますが、外またになる場合に最も効果的な鍛える部位。

ここで言う女の子走りとは、後ろに蹴り上げた足が外側に流れ、内股気味のフォームになる事です。
着地時に拇指球で真っ直ぐ踏み込んで後ろに脚を運ぶ事とつま先自体を真っ直ぐ向ける事はお話しました。

ストライドを伸ばすドリルも兼ねますが、外側に足が流れるのを直すドリルとしても使えるのが、上のストライドを伸ばす中に引用したバイオメカニクスを勉強する
で紹介している、「踵引き付けドリル」。

腕を振りながら、脚を交互に、踵をお尻に付けるイメージで引きつけます。ハムストリングを使うというより、着地した反動で後に跳ねるイメージで。
縄跳び動作に似ているのでランニングエコノミーも向上すると思っています。
重心真下にフラットまたはフォアフットで着地した後の脚の巻き上げの練習にもなります。

バリエーションとして、
手の甲をお尻に着けて手の平で後ろに蹴り上げた踵を受け止める動作を繰り返す踵引き付けドリル。少しづつ前に進んでも構いません。
真っ直ぐ後ろに蹴り上げる動作とハムストリングスを使いストライドを伸ばすドリルになります。
手の平に踵が当たらなくても良いですが当てる感覚で行うと、足が外に流れていないか実感出来ますし、真っ直ぐ蹴るための筋肉が養成されます。
女の子走りの矯正とストライドを伸ばせるのでお得かな(笑)
あ、男性に多い(私も)、足先や膝が外にが開いてしまうフォームも真っ直ぐ後ろになので矯正できます。この場合、内転筋も別途、鍛えます。

女の子走り、じゃあ、大腿四等筋(太股外側、前面)を鍛えてバランスを取ったらと良さそうですが、それだと太股が太くなっちゃいますよね。
太くしないで真っ直ぐに矯正して行く方が美ジョガーさんには良いと思います。

その他、ドリル系の過去記事、夏の読書

腕振りが女の子動作を直すには、肘を体に沿って並行で引くのか、体と斜めに引くのかはどちらでも良いのです。
肘の軌道を真っ直ぐ引く事で矯正出来ると思います。拳の動きが肘の動きより大きくならない事、つまり肘を起点に拳を振らない事を意識して、肘を引く事で良くなります。

登録していませんけど、ブログ村リンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
楽しいブログが一杯
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数