フォーム研究 重友選手を重点チェック

ランニングで速くなろうという気持ちも、勿論あるわけなのだけれど、その前に故障せずに楽しく走りたいという気持ちが強い。それにもう歳なので力任せの走りも出来なくなっている。ということで意識ばかりはしていないけど、時々気にするランニングフォーム。理想のランニングフォームを追ってみた。

たのくるの場合、小さい、軽いということで男性エリートランナーの走りより、女子選手の走りの方が体重、筋肉量などで近いこともあり、より参考になるかなと。

1月30日のスポーツ新聞一面に大阪国際女子マラソンで優勝した天満屋、重友梨佐選手が大きく取り上げられ、有森さんのコメントが載っていた。「文句の付けようが無い理想のフォームで、スライド走法とピッチ走法の中間ぐらい、あらゆる地形に対応できるフォーム」というような趣旨の絶賛コメントだった。

文句の付けようがない理想のフォーム。うおぉー気になるぜ。あらゆる地形に対応できる。うおぉー色々な大会に出る市民ランナーの憧れだぜ。

村のご隠居「たのくるさん、あんた、聞きましたで。今日は何か女の人が大勢でているビデオを見はるんやて?」
たのくる「ご隠居、また誤解を招くようなことを。大阪国際女子マラソンの重友選手のフォーム研究をするんです。」
ご隠居「何やそうかいな。あんた、本当にランニングに余生をかけてるんやね。ランで思い出したけど、皇居ランで捻挫したと聞いたけど、具合はどないなん?」
たのくる「ああ、もうすっかり良さそうです。明日から走ろうかなと思っています。」
ご隠居「たのくるさん、あんた、歳の割りに治り早いね。」
たのくる「そうでも無いですけど、ご隠居より3倍は若いですからね。」
ご隠居「3倍って、そないになるかいな。わしがまだ皇居と呼ばれる前の江戸城ランをしていたころ。たのくるさん、知ってる。あの頃、1周が4里、16kmもあったんよ。3周したらフルマラソン超えるし。
丁度、江戸城ランで桜田門を通りかかった時に、えらい事件が起こったんやったわ。」


爺さんの思い出は置いておいて、重友選手のフォームを研究してみようではないか。

デジタル放送でもあり、著作権の問題もあるので写真や動画は載せられないのであるが(断らないでも、いつも写真も少なかったね)録画した動画を見ながら記事を書いているところである。

腕の振り:
中間の高さで腕をコンパクトに振っている。脇から腕を少し離れた状態で真後ろというより真後ろ気味の斜め後ろに引いている。余談だが、たのくるは尾崎好美選手のフォームも好きなのであるが、尾崎選手は腕を腰に近い位置に置き、真後ろにコンパクトに引く。これはフォースタンス理論でも当て嵌まっているそうである。
今日、初めて重友選手のフォームを記事にしたのであるが、実は何度も録画した動画は見ているのである。
腕の振りはしっかり真似ているところなのである。何となくバランスも取りやすく楽でいい感じなのである。

着地:
このクラスの選手では踵着地なんて有り得ませんね。重友選手は本当に曲がりもなくまっすぐ足が回転してぴたっとフラットに着地する。中々、真似できないけどイメージトレーニングで何度も見て目に焼きつけよう。

スライド:
たしかに有森さんがおっしゃるようにスライド走法でも極端なピッチ走法でもない。当然ながら後ろへの強い蹴りも無いのでスムーズで疲れない走り。足が後ろに上がる高さとか腿の上げる高さ、角度。これらも簡単に真似できないけどイメージトレーニングで目に焼きつけよう。

体の傾き:
もう少し傾くのかと思っていたけど、これぐらいの傾きが理想なんだ。視線は割りと遠くを見ている感じ。最低でも30mぐらい先を見ているのかな。勿論、きっちり前傾姿勢だ。これも体幹はしっかり鍛えて真似たらいいかな。

これはいいお手本だ!自分の体に合う良いところは取り入れてみよう。

ご隠居「たのくるさん、重友選手は背も168cmもあるんやろ。重友選手と足の長さがだいぶ違うんとちゃう?真似するの、無理ないか?」
たのくる「はい。そうなんですが、綺麗なフォームは綺麗ですし、女の人なんで筋力でごりごり押すフォームでもないでしょうから、良いところは取り入れられるかと。」
ご隠居「たのくるさん、それにしても1ヶ月前の大会を記事にするって、あんた、本当にネタ切れやな」
・・・・
(無視)
・・・・
重友選手、応援ボタン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

しかし、シューズは何を履かれているのであろうか?
コメント、アドバイス、大歓迎です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ
フォーム永遠の課題です。
走っている最中に、ちゃう、そーやなくて、こー!って誰かに言ってほしい。

それにしても江戸城が16kmのほうも気になる・・・

たのくるさん、おはようございます。
ご隠居の鋭いツッコミと、それを無視するたのくるさん。
このパターン、何回やられても笑ってしまいます。
さすが関西出身と、妙なところに感心してます(笑)
これからも笑わせてください。
ん?違う?(笑)

たのくるさん、おはようございます。

すごい研究熱心ですね!
マラソンにかける情熱が伝わってきました。
いや〜、朝から良い刺激頂きましたよ☆

私はフォームについて、あまり細かい所は意識しないようにしています。
以前読んだ小出監督の本にこう書いてありました。

手の動きがどう、脚の動きがどう、と部分的なところを意識しすぎると全体としてギクシャクしてしまう。
気を付けることは一つだけ。頭のてっぺんから糸で引っ張られていることを意識するだけで自然と良いフォームになる。

なるぼどなあ〜と思ったので、私もこれだけしか意識していません。
何が正解か難しいですけど、たのくるさんの努力は結果として現れるはずなので、その姿勢は続けてくださいね。

って偉そうなコメントになってしまって申し訳ありませんでした。

kinさん、
コメントありがとうございます。
kinさんのコメント、視点もユニークでいいですね。コーチ、欲しいですね。確かに。
江戸城ですけど、江城(こうじょう)と一般に呼ばれていたそうで、外堀とかがあったので16kmだそうですよ。それがどこの辺りなのかは調べないとわかりませんけど。ブラタモリみたい。

おっとーさん、
コメントありがとうございます。
ご隠居ネタが関東圏の人に受けているのか、言葉がよくわからないのか不明ですが、関西人には受けるテイストかと思います。ご隠居さんの言葉、京都弁なのか大阪弁なのか混じったような言葉使いですが使い方は間違っていないかなあと思っています。

helloweenさん、
コメントありがとうございます。
小出監督のその言葉は読んだことがあります。
シンプルなのでランニングには良いと思いますが、ブログネタとしてはシンプル過ぎて記事にできないので没です(笑)。
たのくる的重要度
ブログネタになるか?>ランニング技術
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数