いたばしリバーサイドの案内が来ない

12月6日の第9回いたばしリバーサイドハーフマラソン(公認コース)にエントリしています。
そのホームページによると、11月24日に案内はがきを発送したそうですが、未だに到着せず。
事務局に電話して聞いてみたところ、送付して戻っても来ていないと言うことで行方不明。登録されているか確認したら、有ってゼッケン番号を教えてもらいました。
色々と大会に出ましたが案内が来ないのは初めてで、どこに行ったのやら。

いたばしリバーサイドは、戸田橋陸上競技場からで、足立フレンドリーの会場とは荒川を挟んで反対側、いたばしシティマラソンの側ですね。上流になりますけど。
足立フレンドリーでは、記録更新を狙って走ろうと思っているので、その前に似た荒川でのハーフを走り慣れておくのも目的です。
もちろん、いたばしリバーサイド自体も公認コースですし、気温の低い時期なので、どれだけ頑張って走れるか精一杯走る積もりです。

参加料が3500円で参加賞にTシャツも付くのでかなり安い大会だと思います。板橋区陸連登録者は何と3000円。1.5km走が1500円とこちらは、100mが100円と割高です(笑)。Tシャツが付いていたら安いですけどね。
保険未加入は珍しいが、万一の時は自己責任。

そんなレースが近づいていますが、私自身、レース目標では、松竹梅を宣言しないのですが、やはりある程度の目標は持ちます。
ランナーそれぞれで目標の持ち方や結果に対する考えは有って良いと思います。

神戸マラソンで言うと、松が自己ベスト更新(2:54:56)、松の上が2:53:20の真性VDOT=56以上(笑)。
竹は55分台でした。梅は会場でカミさんにも言ったのですが、最低でもサブ3。
そう言う意味では、
松:2:54:56(グロスPB)未満
竹:55分台
梅:2:56:00~2:59:59

それで2:58:04で走ったのですが、勿論、うれしい訳ではありません。ただ残念でならないかと言うと最低でもサブ3だったので悔しくて堪らないという事は無いです。
サブ3が謂わば、最低防衛ラインでしたが、体調や天候で必ず防衛できるものではありません。
体調次第ではDNFも考慮しなければいけません。
結果は梅のサブ3したが、1秒でも速く、
竹に近づけるように走りました。
57分台でも58分台でも同じでしょと言われるとそうかも知れませんが、やはり違うかと思います。

思いとしては、たとえ(程度はありますが)どんな天候でも2時間55分台で走れる強さが欲しかったところで、まだ強くないなと思いました。

ただマラソンというスポーツは諦めた時点でいくらでも遅くなるので、何とか苦しくても頑張る最低ラインを守るべく踏ん張ることも大切だと思っています。
今回は不本意でも最後まで諦めないで頑張った事が次に繋がるように思います。
頑張った結果、最低ラインも守れなくて、3時間1分だったとしてもそれは精一杯頑張ったと言うことで悔しいけども、悔いは無い感じでしょう。
逆に松だけ決めて駄目そうなら早々と諦める方が後で悔いが残りそう。

レースでは松竹梅を心で決めて書かないのは、天候や体調次第で守れないことも多いからと、別に言い訳の防衛線を張っているわけでも無いので書いても書かなくても心で持てば同じだからです。
書いている方は自分を鼓舞する意味もあるように思いますね。

松竹梅を持つのは、レースよりむしろ、練習ですね。
練習も体調や天候次第ですが、強くなるための練習をしているわけで、これだけはやっておきたい、これだけは最低やって走力維持はしたいなど、練習では辛くなると、ともすると自分に甘くなり緩めて良いことにし勝ちだからです。

例えば、キロ4に慣れるためにミドル走をやる時に、
松:18km、竹:15km、梅:12km、梅の下:10kmと言うように決めておいて、調子が悪くても故障や後に影響するぐらいの無理をしない範囲で最低でも梅は頑張ろうとか、「良し、最低の梅は通過。次、竹まで頑張ろう」など自分を鼓舞して甘くならないように頑張る目安にします。
もっとも、予めブログで明日の練習、松竹梅を書いておくわけでも無いのですが、目標として持って臨むということですね。
書いたら、更に頑張れるかなと思います。
またどうしても無理な時はジョグでも走れれば良いと思いますが、やはり積み重ねです。

フルマラソンというスポーツでは、積み重ねた練習以上の奇跡は起こらないと思っています。
奇跡のような結果だとしても、自分が思っていた以上に、練習を積んで来たそのランナーに走力が備わっていて走れただけで、それはそう言う練習をやれていたからだと思います。
もちろん、レース当日に体調が良くなく練習していたのに結果が伴わない事もあるでしょう。それはそれで良いと思います。
今度こそはと、また練習を積み上げ、体調も注意しようと努力する。
世の中、努力しても報われない事も多いですが、フルマラソンは努力したらその努力がそれなりに結果として現れるスポーツかなと思います。
実業団やオリンピック代表のように常に結果を求められる選手と違い、自分が納得できるかどうかかとも思います。
それでもPB更新は嬉しいし、目標に届かないと残念ですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数