中高年で記録更新を狙う事について

中高年でマラソンの記録更新を狙う事はともすると暗くなり勝ちな話題なので避けて来た(笑)が現実を見る事は必要である。
現在、56歳と6ヶ月となった。歳取ったなあ。今に始まった事じゃ無いけど。
記録更新自体は頭打ち感が強いが多少でも更新しようとトレーニングを重ねている。

マラソンランナーとしての体力的な衰えはどんな処があるか?
ランナーとしての年齢的な衰えはあるか?
総論的になるが年齢的衰えと言うより今まで出来ていた練習が出来なくなる事で走力の衰えは有ると思う。
出来なくなる理由として年齢による体力的な、あるいは生物的な衰えも当然有るだろうと思う。
どちらかと言うと負荷の高い練習を継続する意欲だったり意思の面が強いと思われる。

・スピードの衰えはあるか?
実際のところ、サブ3を取りに行った時よりもスピード自体は衰えているが1500m走や5000mレースに向けての練習を特にしていない事に由来し、年齢的な衰えは特に強くは感じない。
これも練習次第と言う気がしている。もっともインターバル走などのような血の味がする練習を避けるのは歳のせいかも知れない。
今はフルマラソンでのタイム更新を目指しているのでインターバル走などより速く走るための練習は多くない。

・肺活量は衰えているか?
統計的には歳と共に衰えるそうである。
今のところ、特に衰えは無い。
毎年人間ドックで測定しているがサブ3を取りに行った年2012年が何故か最低で昨年今年と100ccづつ増えた。息を吹くのが上手くなっただけかも知れないけど。

・故障し易くなったか?
特に故障し易くなったとは思えない。
故障し難くいフォームを追求していたり、故障しそうな事を避けているからかも知れない。経験的に故障しそうかどうかが判るようになり手に抜き方が上手くなっただけかも知れないが身体的に故障し易くなったかと言うとそうは思えない。

・疲労が抜け難いか?
走り始めた頃より練習自体の運動強度が高いのでそう思うだけでそれほど変わらないのかも知れない。年齢的な回復力の低下は当然有るだろうと思うが強く実感するほどでは無い。
もっとも走り始めた頃、既に歳を取っていたので10代20代の頃の回復力。思い出すと、それは段違いだ。
前向きに捉えると中々回復しないので1回練習するとしばらく衰えないとも言える(笑)。

・気力の衰えは有るか?
中高年に限らないが長くランナーを続けていると大なり小なり有ると思う。
特に記録志向で頑張っていて記録が伸びている間は良いが停滞期に入ると練習継続の気力を保つのは大変だと思う。
自身を振り返ると、この1年ほどレースに行くのが面倒と当日朝に思う事が時々有るようになった。
練習も今日はランオフかと思う時も有る。練習は特に一人で練習していて周りがジョグやウオーキングだと一人で苦しく走っているのがかなり身に沁みる。
激走のようなガチな練習会が毎週有るとかなり違う気がする。
またはブログ村マラソンの練習などだが、一番気力が高まりモチベーションが上がるのは、美ジョガーさんとの練習である事は言うまでも無い。

・記録志向は健康に悪いか?
はっきり言って悪い。
一番健康的なのは週3回、1時間程度のジョギングだと思う。流しも2、3本入れておけば速筋も衰えない。
長生きしたければ、健康ジョギングだろう。
また紫外線を出来るだけ浴びない事も白内障の予防などでも必要。もう白内障になってしまったので後の祭りなんだけど。
シミソバカスは男でも気になるよね。

・ダニエルズさん曰く
ランニング・フォーミュラ第三版で年齢、性別のVDOT比較表が登場し、
年齢別VDOT対比表
40歳以降はVDOT値で0.9か0.8毎年、統計的には衰える。
記録志向のランナーはその統計に逆らってトレーニングを積むわけで若い頃より努力が必要になって来る。
ただあくまで統計であって個人個人だと、どれだけの練習だと経年で0.8か0.9落ちるのかは分からない。年齢的に平均でそうだというだけだろう。

・やり直しは効くか?
これが若い人との一番の違いかと思う。若い人も家庭の事情、仕事の事情で走れない期間が出来て一時的に走力が落ちる事もあると思う。
しかし取り戻す時間は十分残されている。中高年と言うより高年に入ると一旦落ちた走力を戻すのは大変ではある。
努力次第で勿論戻して行けるのだが何しろ若い人と比べて、残された時間が少ない。中高年で一番気をつけたいのは、頑張り過ぎて故障しないようにする事である。

・節制は辛いか?
節制は辛い。たまに暴食したり、お菓子、ドーナツ、チョコ、ポテト、大盛りラーメン、二郎系とか挑戦とか、ケーキのホール食いとかしたいなと思う。しかし我慢する。30km以上走った場合にはデザートを許す。
飲みたいように食べたいように生きるのが人生だ。節制なんてと思う反面、体重増によるVDOTの低下や出っ張った腹を思うとやはり、止めておこうと思う。

・基礎代謝は落ちるのか?
細胞レベルで、ミトコンドリアの活性度とかが違い、落ちていることは落ちると思うがそれ以前に運動量が減ることによる筋力の衰えの方が基礎代謝の低下には影響が大きいと思う。ある程度運動して筋力が維持出来ていればそれほど落ちない気もする。
一方でマラソンランナーと言うのは筋肉量が多いわけでも無い(人それぞれだけど)、筋肉量による基礎代謝の維持は意外と難しいのかも知れない。特にランニングエコノミーを向上させたりしたら、同じスピード・距離でも消費カロリーも減ってしまう。
腹周りに脂肪が着き易い気はする。

・同年輩の頑張りは糧になるか?
これはなる。年代別入賞などではライバル関係ではあるのだが、同じ世代の頑張りはやはり率直に嬉しい。ちょっとだけ負けてくれたらもう少し嬉しいかも。

・苦しさの向こう側にあるもの
何だろう。これは人それぞれだろう。体力的にまだ衰えていないという自信とか。今を生きているという実感とか。他の苦しさを忘れられる別種の苦しさとか(笑)。直接、利害関係のない人たちとの同じ趣味を通しての年齢、性別を超えた交友とか。健康的な食欲とか。

何が書きたいのか良く分らない内容になったけど、たまには良いよね←いつもか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

読ませて頂いて清々しい気持ちになりました。
ありがとうございます!

お初です、長いです

たのくる先生!こんにちわ。初めて書き込みします。
偶然にも見つけたたのくる先生のブログがあまりにも良く出来た内容で熟読させて頂いています。(走力別攻略についてはすべてプリントアウトしてマニュアル本の用にしています)

それで、ついに影響されダニエルズさんの本を買いまして(日本語版)、どうしても分からないことがあり、教えて頂きたいのです。
レースのためのトレーニングという章にて、レースまでの残り週が24-22週前からレース週まで1週間ごとに練習メニューが記載されている表があり、
そこに週ごとで「最大走行距離に対する割合」とあります。「最大走行距離」と「その割合」は何を指しているのでしょうか?=つまり分母と分子が何か?
大体1週当たり80-70%、最大で90-100%くらいとなっているのですが、分母(最大走行距離)はレースまでのプログラム全体の中の1回当りの最大走行距離(例えば30位キロとか?)・・・ただそうなると100%の週は30キロの練習1日しか練習できないことになるし??
100%の週合計の走行距離を最大走行距離と換算して、のこりの70%-90%の週の走行距離を決めるものなのか??(100%となるのはレース3か月前2か月前1か月前の3回・・・そうなると合点がいくような)

そしてもう1つ、細かいですが「Iペース+レスト」のインターバル練習で「合計距離は週間走行距離の8%」とあるのですが、合計距離にはレストの走行距離も入れるのでしょうか?若しくは純粋にIペースでの距離のみを換算するのでしょうか??
初めての書き込みなのに「・・・わしゃ、ダニエルズちゃうわっ!」とツッコミが入りそうでごめんなさい。
お時間あるときで結構なので、教えて頂けるとありがたいです!

いつかたのくるプログを全部プリントアウトして製本しマニュアル本にしようと思っているサブ3.5にあと4分の道民女子ランナー(たのくるさんの実家近く西宮市出身)より

たのくるさんのマラソンに向かう姿勢にはいつも敬服しております。
私も41歳になり加齢を感じることが多くなりましたが、たのくるさんをはじめ、50代の方々の頑張りをみると、まだまだ自分は甘いなと。
いつまで気力がもつか分かりませんが、まだ数年は記録志向でいこうと思ってますので、これからも宜しくお願いします。
って、なんだか堅苦しいコメントになってしまいました(笑)

青海さん

コメント、ありがとうございます。
何か書き散らかした内容だったのでお恥ずかしです。

ハロさん

コメント、ありがとうございます。
逆に失礼だったかも知れないのですが、コメントをまとめさせて頂きました。
ハロさんと私の中なのでお許し頂けるかと。
40歳代になったばかり、まだまだ若いですしこれからですね。いいなあ(笑)。
歳は取っても気力は歳は関係ないと思ってもう少し頑張ります。

自分も50代中盤を迎え、大変興味深く読ませていただきました。
諸先輩方に比べて、絶対的な練習量が不足しているなかで、走力が落ちたなんて言えません。
やはり自分にとってはこれからは気力的な部分、モチベーションの維持が大きいのかなって思っています
そう言った意味でたのくるさんの記録は凄く気力アップに繋がっています。たのくるさんにとって怪我なく長いラン生活を願っています。

北海道ランナーエヌさん

初めまして。
長いから無視しようかと思ったのですが
女性なので良く調べてあとで回答します。←こらっ(笑)
Iペースの処はつなぎは入りません。Iペースでの疾走距離です。週50km走っていたら、4kmですね。
1000mを4本か800mを5本、一本が5分間を超えない距離にします。

こーちさん

同年代のこーちさんの頑張り、私も刺激を受けています。
お互い健康ジョギング、ファンランに逃げたいなと
ふと思うお年頃ですが(笑)、もう少し頑張りましょうね。

記録志向は健康に悪い、激しく同意ですw

けれど、
苦しさの先にあるもの
を求めて、私も走っているのだと思います
それが何なのかは上手く説明できませんが

たのくるさんのランニングに対する姿勢が、なまけものの私を戒めてくれています
これからもお怪我に気を付けて楽しく走り続けてください

風切 翼さん

ありがとうございます。
達成感はありますよね。
お年寄りなので健康ジョギングにも心惹かれるところもあるのですが、頑張ります。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数