O脚の矯正と脚の後方への跳ね上げ、着地位置

プロシードさんからのインスパイア記事です。
今日のプロシードさんの記事を拝見したら、ご自身の脚の着地、足さばきに付いて分析して居られました。
挙がっていたキーワードとしては、
左右の脚が非対称、踵着地、内側への蹴り上げ、つま先が外向き(がに股)。

私もと言いますか、私は酷いO脚でオールスポーツの自分の写真を見る度に、あちゃーと落ち込んでいます←ちょい、大袈裟、半分以上諦めていますけど。
それでも少しでも直らないかと矯正運動やランニング時に注意している事などを書いてみたいと思います。
もっとも効果のほどは何せ酷いほどなので疑問なんですけどね。

O脚矯正運動。ペタン座り。
運動と言うほどの事では有りませんが、体幹トレの時に、いわゆる、ペタン座りをしています。左右の脚を体の外側に膝を曲げて、ペタンとお尻を床に着くように座ります。
最初、お尻が床に着きませんでした。
股関節が固く、O脚だと痛くて着けられないんですね。無理に座ると膝を痛めるので座布団の上で座れる所までを繰り返していました。
始めて2年ほどになりますが、お尻はやっと着くようになりました。O脚が直ったかは疑問です。ただ左右差や股関節の固さはある程度、緩和されたかと思います。
内転筋より太腿外側の筋肉が優位だとペタン座りは難しく、男性は難しいところも有ります。
ペタン座り以外にも股関節周りのストレッチは有効だと思います。

がに股矯正運動。ウォーキング。
ランニングのEペースでも他の練習でもつま先を真っ直ぐ前に向ける事を意識はして走っています。
ただ練習時間は限りが有るので、ウォーキングの時もつま先を前に真っ直ぐと真後ろへ運ぶように注意はしています。
出来ているかと言うと駄目ですね。
motoさんのエア榛名湖の記事でぼっち練アフター、根岸へ向かう写真が載っていましたが、私の脚は思いっ切り外向きでした(笑)。疲れると忘れます。
ただ意識して続ける事は大切です。

着地時につま先真っ直ぐと重心真下は重要。
後方への真っ直ぐ跳ね上げが出来ると着地時も真っ直ぐに成り易くて良いのですが、どちらかと言うと着地時につま先が真っ直ぐの方が大事だと思います。
両方出来る事に越した事は有りません。

着地時に足腰への負担が掛かるため、理想の着地が出来たら故障リスクも減りますよね。
後方跳ね上げと着地時真っ直ぐ。
卵が先か鶏が先のような話ですが、まず真っ直ぐ着地する事に意識を置くのが良いのかなと思います。
逆に真っ直ぐ着地の「意識を外し」、後方跳ね上げを真っ直ぐにの意識の方が矯正になるのか、未だに思考錯誤で継続しています。
まずは着地時に真っ直ぐの方が着地衝撃が自然なので安全だ思います。

踵の厚いシューズは踵着地し易くなる。
厚みが邪魔で踵着地し易くなると思います。踵が厚いシューズでフォアフットやミッドフットすると踵が厚い分、膝の曲げで調整したりして薄いシューズでの着地と変わってしまう。

踵着地と前傾姿勢と乗込み感。
私見ですが、と言いますか今日の内容は全部私見ですけど、
踵着地と前傾姿勢は相殺し合う関係に有り、踵着地しようとすると前傾姿勢が維持し難く、前傾姿勢したままで踵着地しようとすると無理に脚を前に伸ばすような動作となる。と言うか伸ばすのも難しいので、前傾姿勢だと踵着地し辛いと思います。

また踵着地は前方への体重移動が一歩遅れた感じとなり、乗込み感が悪くなる。
接地が踵、中足部、拇指球と抜けて行くため接地時間が長い割に蹴り出す力は強くなく拇指球で強く蹴り出すとふくらはぎを使う足首の動きが伴ってしまう。
またピッチ数維持に接地時間が長くなる踵着地は不利です。
逆に踵着地は前傾姿勢を取るのが、難しく後傾姿勢を誘発し易くなると思います。
一定のピッチ数だと接地時間が長いと空中浮遊時間が減るのでストライドが伸び難くなる。

ストライドを伸ばす。
つま先を前方に伸ばそうとはせずに、重心真下に着地した足を大地の反動で後方へ跳ね上げる。後方へ跳ね上げた脚は膝を曲げたまま前方へ振り出し一瞬体を追い抜いたあと(この間は空中動作)、重心真下に踏み付けと自然な体重の乗込みとストライドが伸びる動作となります。
前方への振り出し時に骨盤(お尻)を使った動きで更にストライドが伸びます。


つま先を真っ直ぐに向けて着地しても後方へは振れる。
これは中々直り難い動作ですが、地道に修正して行くしかないかと思っています。
階段を上がる時に膝が内側に入っているのですが、この動作も真っ直ぐ蹴り上げられない事に繋がっているのかもと思っています。
どこかのプロコーチが分かりやすい指導をしてくれると良いのですけどね。

脚の左右差は腕振りの左右差からも生まれる。
程度問題は有りますが、腕振りに左右差が有ると体の歪みに繋がり、脚の動作へも影響すると思います。
歪みは体幹や脚の筋力で抑え込めるかも知れませんがその分、不自然さが出て動作の違いや負荷の違いに繋がると思います。

インスパイア記事なので好きに熱く語ってしまいました(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございますwww
ペタン座り私できません。O脚ではないのですけど股関節が硬いのですかね。
股関節の柔軟性回復と内転筋を鍛える。あとは普段から意識してみるってのを試してみたいと思います。
でもたのくるさんも一年やっているんですねぇ。長い闘いになりそうです。

軸足と効き足というのがあるようで軸足側のお尻あたりが硬いようなのでそのあたりもほぐしていきたいと思います。
いつも参考になる記事ありがとうございます!!

proceed2600さん

少しでも役に立てばと書き始めたたのですが、思うままに書いてしまい、参考にならなさそうだったので、プロシードさんのブログにはコメント入れず終いでした(笑)。
70歳ぐらいにO脚が直ったらいいなと思って気長にやっています。直らないと思いますけどね。
左右のバランスは負荷に違いにもなるのでアンバランスにならないようにしたいですね。

ちょうどO脚矯正を考えていたのでタイムリーな記事でした。膝が故障がちなのもO脚からくる着地も影響しているかと思いまして・・・。


以前、整体師の方に教えてもらった方法があります。
壁を背に足を揃えてまっすぐ立って、O脚を矯正するよう足に力を入れて立ちます。ポイントは太もも~膝を外旋する方向で力を入れます。O脚の人は足が内旋しているのだそうです。
一日数分を暫く続けているとO脚がかなり緩和されました。(その後、サボってやらなくなったら、生活習慣で元に戻ってしまいました。。。)
これを機に、また頑張ってみようと思っています。
ご参考まで。

baoさん

私の場合、拳がすかすか入るぐらいのO脚なので
直らないとは思っているのですが、1cmでも2cmでも
狭くなると良いなと思っています。
まあ50何年も生きて来た結果なので今更なんですけどね。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数