人間ドック・ショック

リーマンショックならぬ、人間ドック・ショック。人間ドックの結果にショックを受けましたというだけの事なんですけど(笑)。
人間ドックでは様々な検査をしてくれます。
今回は成人病的なところや今後懸念となるような項目で数値が悪くなっていたのですが、それは置いておいて←そこが大事だろうはおくとして
ランナー的にショックを受けるような事があったので日記で記録。人間ドックはほぼ同じ頃、9月上旬のシーズンインする前に毎年、同じ病院で受けています。この病院は検査も丁寧なんですが、体組成計Inbodyの高級な物で計測してくれてそれを受けるのを楽しみしているわけです。

楽しみと書きましたが昨年も同じ頃受けてショックを受けた記事を書いていました(笑)
年に一度のボディチェック
昨年は6,7,8月と間食でおやつをかなり食べており、計る前から結構、体脂肪は多いだろうなとは思っていたのですが、やはり多くて、体脂肪率17.7%、体重は47kg。
流石にこれでは拙かろうと次の週より通勤時に2駅余分に歩く、昼食後少し歩く、おやつ禁止を実施しました。練習量を増やせば良さそうですが、それが出来たら今までも増やしているので練習量自体は据え置き。
それでも地道な努力が実り、つくばマラソン10日前にタニタ食堂で計測したところ、体脂肪率12.1%、体重44.9kgとほぼ体脂肪だけ2kgの減量に成功。

しかし、自分で言うのも何ですがその地道な努力は結構、地味でした。出来たらもうやりたくないなとつくば以降も節制は続けていました。今年になっても暴食しないようにしていました。体重計測はやっていて、最近は47.2kg辺り。ただ昨年より腹回りの体脂肪は薄いだろうと思っていました。絞れていないまでも、おそらく14%かなと思っていました。

引っ張りましたが、タイトルにあるように、数値はほぼ昨年と同じで、体脂肪率17.6%、体重47kg。部位別の筋肉量もほとんど同じで、腹囲も66cmと全く同じ。
おやつは少し食べていましたが暴食レベルでは無く走った日に走った分より少ない量で食べた積もりでした。ただGARMINのデータを見ると、1km走っても42、3kcal程度なので結構走らないと減らないみたいです。

毎日地道に歩くのも根気がいるので今年は少し走る量を増やして見るかな。地道な減量だと筋肉量はそのままで体脂肪だけ減らせたのでその方が理想なんですけどね。
ただ体脂肪率が12%ぐらいになると風邪を引き易いですね。

ヘモグロビン値の方は15.9と昨年より少し下がっていましたが16前後で変化しているので貧血からは遠いようです。赤血球数は560万個とあまり変化なし。今回新しい項目で赤血球の大きさとヘモグロビン量が計測されていて、赤血球の大きさは小さめのようでした。小さい方がさらさら流れ易いと、TVで言っていたと思うので血液面ではランナーとして恵まれているかと思います。
問題は体脂肪と脚の短さだ(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

たのくるさん、プロフの写真だと10%未満に見えますけどね・・・。

最近、市民トライアスリートの間でクエン酸が話題になっています。
もともとはロングのトライアスロンでグリコーゲンをできるだけ食い潰さずに、脂質代謝を出来るだけ利用することができる、とされるものですが、トレーニングで利用すると体脂肪が減ります。石橋剛さんという方が研究されています。
石橋さんのFBに詳しく解説されています。
たのくるさんの場合、トレ前の補給を変えるだけで、体脂肪率下がると思いますよ。
取っ掛かりとしては、ハッタリさんのブログが解りやすいと思います。ご参考まで。
http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/153-3a45.html

baoさん

情報、ありがとうございます。
プロファイル写真は2年前のかすみがうらマラソン、2週間前の行田鉄剣ハーフの時で絞れているかも(笑)。
良く考えたら走る量より、余分に食べている感じなんですよね、やはり(笑)。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数