珍説:脚は分解して作られる

誰かも言っているか、いないのか分かりませんけど、体験的にそんな感じするので「珍説」。

マラソンランナーの脚は長い間にマラソンランナーっぽい脚になって来ると言う話です。

マラソントレーニングで一旦、筋肉が分解され必要な部分だけが強化されて徐々に脚の形が変わるんじゃないか?

その前にマラソンランナーっぽい脚ってどんな脚でしょう。
お尻や股関節周りの筋肉は確りとついていて太く、膝周りの太股は太く無い。
ふくらはぎも太くは無く足首周りは細い。

日本人だとアキレス腱の長さが違うそうでアフリカのマラソンランナーのような膝から下のほっそりした脚にはならないそうですが締まったふくらはぎになっていますよね。

マラソンランナーっぽい脚じゃ無ければいけないとか、必ずなると言っている訳では有りません。
長くマラソンを走っていると徐々に脚の筋肉の付き方が変わって来るんじゃないかと言う事を言いたいだけなんですけどね。

走り続けていれば、それは当たり前でしょと思われるでしょうかね。
しかしすこし不思議じゃ有りませんか?
何か別のスポーツや長い生活習慣で太股やふくらはぎに確りと筋肉が着いていてランニングと言う運動をしていたら筋肉が落ちないんじゃ無いで太いままじゃないかと。

ランニングは脚に関しては全体的な運動ですよね。運動しないとか寝たきりなら筋肉も落ち脚も細くなるでしょうけど。
筋肉が脂肪に変わるから細くならないか(笑)。

マラソン練習を続けていると運動中はエネルギーが常に使われ、終盤は枯渇に近い状況に置かれると思います。蓄えていた糖質と体脂肪をエネルギーに変えて運動を続ける一方、運動で筋肉が痛み微細な損傷が起こる。活動のためのエネルギーが足りないと筋肉を分解してまでエネルギーを補充しようとする。

運動で損傷した筋肉は超回復で強化され、と言っても遅発性筋肉痛で遅筋が中心なので急に太くなったりしないと思いますが、一旦分解された所も含めて再強化される。
長い間のマラソントレーニングでマラソンランナーっぽい筋肉が出来上がる。

筋肉は酷使した部位、負担が掛かった部位が強化されるので正しいマラソンフォームで走り適切な部位を鍛える。
そんな風に思っているのですがどうでしょうか?

脚が長くなるトレーニングが有れば、そればかりやりたいです(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数