ランニングシューズ入門

Begin2Sub3
1-3. ランニングシューズ入門
ランニングシューズの基礎知識:
入門編なので簡単に書きます。入門書では踵部分のクッションが厚く安定性の高い物と書かれています。
ランニングを始めたばかりでも、レース用シューズでは無い物を選べばどれでも大きな差は無いと思います。
ある程度はクッション性がある方が良いと思います。
最近は素材の改良で軽くてクッション性も高いシューズが多くなっています。
どのスポーツショップに行っても良く目にするのは、アシックス、ミズノ、アディダス。各社のホームページにはランニングシューズの紹介が載っています。実際にショップへ行って履いてみるのが良いですが3社のシューズで入門用をいくつか紹介します。
ナイキも多く安いのですがランニング用で履いた事が無いので紹介できません。ニューバランスも良い物がありますがこれも持っていないので紹介できません。

その前にシューズを試す時の注意など。
・実際に履いてみる
ランニングソックスを履いて実際に履いてみると良いです。足が一番浮腫む夕方以降、仕事帰りなどに立ち寄ってみるのも良いと思います。

・シューズのサイズ合わせ方
同じ26cmでもメーカーにより実際の大きさはばらばら。アディダスが少し大きめで、アシックスとミズノはほぼ同じ。
足幅は余裕があり過ぎると足が中で動くので良く無いです。足幅はきつくなくぴったりの物が良いですがある程度は靴紐で調整できます。ぶかぶかの幅は選ばない。

長さはシューズを履いて、踵を合わせます。つま先を少し持ち上げて、踵をトントンと床に当て合わせて、足指が手の指1本ぐらい、1cmから1.5cm余裕があればOK。
ピタリの方が良いという話も聞きます。
体験的にはぴったりだと30km以上など長く走っている間に足指が少なからずシューズに当り、足指の爪が内出血(黒爪)になりました。
足指の形に個人差があるため、ぴったりのサイズがより合う人、少し余裕がある方が合う人が居るように思います。
小さ目だと痛くて履けなくなるので最初は上に書いた余裕が有った方が良いと考えます。その場合も足幅はぴったりです。
余裕が有って大き過ぎるのもシューズの中で足が動き易いので黒爪やまめの原因になります。

シューズの紐の結び方:
シューズを買って来た時はランニング用のソックスを履いて、シューズの紐(シューレース)は一旦全部外します。
前から1列目を下から通し左右均等の長さになるように調整。
実際にシューズを履いて踵を合わせてこら、前から2列目以降を順に通して行きます。

普段のシューズの紐:
シューズの紐はつま先側から3列目以降か足の甲まで、一旦緩めてきつ過ぎに確りと締めて行きます。
面倒がって甲の所だけ強く締めて走ると走っている間に緩み足が中で動いてしまいます。また締付け過ぎて血流を止めたり足が痛くなりますのでご注意を。

シューズの紐の結び方:
蝶結びをすると思いますが、それだけだと走っている間に解ける事が有るので蝶結びの輪同時を団子結びで軽く縛っておくとまず解けません。

イアン結びと呼ぶ方法もあります。一旦、団子結びし輪を作って輪同士で結ぶ方法ですがネットで検索して見て下さい。
普通に平結びし輪を作って輪同士でもう一度結ぶでも良いかなと思います。
私は蝶結びで輪っかを団子結びの方が慣れていて良いですけどね。

オーバープロネーション:
着地のタイプによって二つのタイプが売られています。着地時足首が内側に倒れる(膝が内側に倒れる)オーバープロネーション。特に内側に倒れないニュートラル。
オーバープロネーション用のシューズはメーカーにより「サポート」タイプと呼んだりしています。シューズの内側に硬めの素材を入れて足首が内側に倒れ難くしています。ニュートラルは特に補強材は入っていません。
でも自分のタイプがニュートラルなのかオーバープロネーションなのか判りませんよね。ASICSのランニングラボでいくらか払って調べてもらうことが出来ます。ただニュートラルの人がオーバープロネーション用のシューズを履いても倒れこまないので内側が硬めだなと思う程度で何か支障が出るわけでも無いと思います。自分のタイプが判ればオーバープロネーション用かニュートラル用かを選べば良いのですが判らなくてもそれほど気にしないで良いかと思います。レース用の速いランナー向けシューズではニュートラルタイプが多くなります。
オーバープロネーションと分っている人はオーバープロネーションタイプのシューズを選ぶと脚を痛め難くなるかと思います。

シューズのタイプ:
セパレートタイプとフラットソール。
足裏が前足部と踵部分で分けてあり土踏まず部分にプラッチックの補強材が走っているのが、セパレートタイプ。前足部で蹴り出し易いです。文字通りソールがフラットで分かれていないのがフラットソール。脚の回転の速いピッチ走法に向くとも言われていますが、どちらかと言うと蹴り出すタイプのランナーはフラットソールを履くと進み辛く感じ苦手かも知れません。
足裏で蹴ってふくらはぎを使ってしまうランナーさんはフラットソールで蹴らない走りを身に付けるのも手かも。

お奨めシューズ:
アシックス GT-2000:
ジョギング入門と言えばGT-2000NEW YORK。確り作られていますがその分、重いです。セパレートタイプで、GT-2000はオーバープロネーション向けです。少し安いGT-1000も有りますが履いた事がないのでここでは薦めません。入門用としては良いと思います。

アシックス GELFEATHER GLIDE:
フラットソールです。現時点でGLIDE3ですが型落ちのGLIDE2などはかなり安く売られています。シューズは消耗品なので大きく機能が変わらないので型落ちで安く買うのは有りです。アシックスはソールの耐久性が高いのですが、GELFEATHERは割りと磨り減り易いかなと思います。軽いですがクッション性も高いです。

アシックス GEL-DS TRAINER:
セパレートタイプ。最新モデルで軽くなって来ており、ちょっとレースタイプですがクッション性は有り安定して走れます。

ミズノ ウェーブライダー:
セパレートタイプ。足型さえ合えば、かなりお奨めです。軽い上にクッション性がある。ニュートラルタイプ。型落ちは相当安く売られています。
ジョギングだけでなく初レースにも使えると思います。

ミズノ ウエーブエアロ:
セパレートタイプ。これもお奨めなんですがレースとトレーニングを兼ねたモデルです。入門用としてはウェーブライダーで良いかと思います。
ミズノでオーバープロネーションタイプの入門用だとウェーブインスパイアという物があります。

アディダス
最近のアディダスは反発性とクッション性を兼ね備えたブーストと呼ぶ素材を入れたシューズに力を入れていて何々ブーストと言うシューズが多くなって来ているのですがレースタイプは高いのですよね。青学の駅伝部がアディダスの提供を受けて履いていましたね。入門用のブースト素材シューズはそれほど高くもないようです。
流行のブースト素材で入門用だとアディゼロ ボストン ブースト。
通常素材では、アディゼロ テンポ。ボストンもまだ売っているかもしれません。
アディダスはレース用しか買った事が無いので強くは薦められないのですが、ランステでテンポを借りた時は悪くない印象でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

先日、皇居で一緒に走ってる時に教えて頂いたのが
記事になっていて助かります。
アディダスに絞りましたので、会社帰りに
試し履きして見ようと思います。

ひでちさん

メーカーも色々ですが、ランナーの足型も
様々なのでこれはと言うメーカーは
実際に履いて走ってみるまで分からない事も多いですね。
ブースト素材は私も興味が有ります。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数