前傾姿勢

新カテゴリー、Begin2Sub3。
冒頭、目次含めてまだ構想中ですが、コラム的に試し書き。
趣旨としては運動習慣が無かったがジョグでも始めてみようかと言った中高年の方を対象にランニングで注意したら良い点などを一通りまとめて書いてみる。
1冊のデジタルブックのような物が出来たら良いなと。
ランニング初心者から始めてサブ3で走るまで←そこまで求めていないか(笑)

-------------------------------------
コラム01. 前傾姿勢
--------------------------------------
ランニングで軽い前傾姿勢を取ると、体が自然と前に進み効率の良いフォームだと言われています。
上半身が下半身より前に位置する事で自然と前のめりになり倒れ込むように進んでいくからでしょうか?
重力を上手く使った走りと言えそれも1つです。足の着地位置が前への推進力を得易い位置となる点が大きいです。

前傾の反対は後傾ですが、では後傾姿勢の悪い点は何でしょうか?

体の後に重心を置く事になりそれだけで前進するのに不利になるのは分かります。
前に進むために脚は重心より前に着く事になり前に進むためにはブレーキの掛かった動きとなります。
また背筋を伸ばし難くなり猫背になり易く、猫背になると自然と腰が落ちてきます。胸を開き難くなり呼吸が浅くなります。

前傾姿勢はその逆。前に進むのに効率の良い姿勢と言えます。
ではどれ位の前傾姿勢が良いのでしょうか?

前傾姿勢と言っても腰の所で曲げて上半身だけが前に傾くとつんのめるような姿勢となります。背筋を伸ばして前傾姿勢を取る事が大切です。
ところが走り始めたビギナーの場合、その前傾姿勢を取り続けるのは辛くなって来ます。
何故でしようか?

腹筋、背筋と言ったお腹周りの筋肉、体幹が鍛えられていないと前傾姿勢を維持するのが辛くなるからです。体幹を鍛える事の大切さはまた別の機会にして前傾姿勢の角度に付いて書きます。

自然な前傾姿勢の取り方としては、
・足は肩幅か少し狭い位でリラックスして背筋を伸ばし直立します。
・足は動かさず背筋を伸ばしたまま体を前に傾けて行きます。
・そのまま我慢して傾斜すると前に倒れてしまいますので、自然と半歩踏み出した時の体の傾きが前傾角度。
・その角度を保ちながら走って見て下さい。

その前傾姿勢だと重心はどの辺りでしょうか?

前傾しているので、おへその真下になります。おへその真下辺りを踏んで行く感じで足を次々に置いて行くと自然と前に進めます。
わざと後傾姿勢で走った時と走り易さを比べて見ても面白いです。

体幹がまだ弱いビギナーの場合、無理に前傾姿勢を取らず腰の真上に上半身が真っ直ぐ載っているだけでも十分です。
背筋を伸ばし胸を張るように走るともう少し緩い前傾姿勢となりビギナーでも無理の無い姿勢で走れます。
上半身はリラックスして下さい。背筋を伸ばし胸を張って走ると格好が良いフォームとなります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数