カフェインの是非

カフェインと言えば、利尿作用です。
今までフルマラソンの本命レースでは、レース中にトイレに行きたく無いためレース数日前からカフェイン抜きで過して来ました。

結果的にフルマラソンを12回走り(喜多を除く)、一度もレース中に行った事は有りません。

普段の平日はコーヒーを4杯、休日は2杯と欠かせた事は有りません。そのためレース前にカフェインを断つと終始、鈍い頭痛になっていました。

最初の頃は1週間前からカフェイン断ち(コーヒーだけで無く、緑茶や焙じ茶も飲まない)と気合が入っていました。
最近では鈍痛期間を短くしようと冬のレースで木曜日午後のコーヒーを最後。
これはこれで頭痛のピークが土曜日に来るので辛いのですけどね。

アドバンストマラソントレーニングのコラムにアメリカスポーツ医学会の報告書が述べられています。
カフェイン摂取による軽度の利尿作用が見られる人も居るが、日常的にカフェインを摂取している人は、水分摂取に何の影響も与えない。
カフェイン過敏性で無い限り問題は無く、カフェインをいつも飲んでいる人は適量のカフェインで有れば同程度の水を飲むより尿量が増える事は無い。

一方、カフェイン摂取による運動能力向上効果は運動負荷試験の結果では1%~2%。マラソンでは90秒~4分。
うーん、無視できない効果ですけどね。
ただし負荷試験であって実際のレースでは試験と同じ効果(差異)は無いと思われるとのと。
カフェイン効果の1つ、アドレナリン濃度上昇はレースの興奮でも起こるからとのこと。

マラソン的なカフェイン効果としてはグリコーゲンの節約、筋繊維内に存在するカルシュームの放出増加、中枢神経系の刺激。
脂肪酸が動員されるため脂肪がより使われグリコーゲンを節約できるようになる。

確か、クロロゲン酸を多く含んだコーヒー飲料で脂肪燃焼を助けると言う特保の缶コーヒーが有りましたね。

利尿作用と影響度も個人差があるようで、私はコーヒーを良く飲んでいますが、飲むと必ずトイレが近くなります。
シャキッとするのは分っていてもレースの朝には飲めないんですよね。

カフェイン断ちによる鈍痛は運動中なら忘れると言うか血行が良くなるからかも知れませんが気にならなくなります。
運動を終えるとまた鈍痛です。

大田原マラソンのスペシャルドリンクにレッドブルを置いて後半に飲んだら確かに効いたのでカフェイン効果も有ると思うのです。
その効果とトイレ1回のロスは同じ位かも知れませんね。
ちなみにマラソン後半(30km以降)だとカフェイン摂取しても脱水が進んでいるのでトイレは大丈夫ですね。

マラソン的には小技かも知れないですが結構、切実でも有ります。
どれくらいだとトイレに行かずに済むかを色々試しておこうかと思います。
カフェインを摂取した方がマラソンのパフォーマンスは良くなるようでバランスですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もそのコラムを読んでから、カフェイン抜きせずに、何度かフルを走ってますが、全く問題なかったですよ。
レース前のトイレは隙をみて何度も行きますが、スタートしちゃえば何とかなりますね。
要は気持ちの問題なのかも(笑)
ちなみに、普段はコーヒー1日5〜6杯&(たまに)コーラです。

ゲン担ぎの一つでしょうか、フルの時は金曜日からカフェイン抜きしてます。

ハロさん

私はどうもコーヒーを飲むとトイレが近くなると思っているせいか、本当に近くなってしまいます。
席を立てない会議などでは朝コーヒーを止めたりして飲まないと大丈夫なんですよ。
個人差もあると書いてあったで私の場合は影響がある方ですかね。
レース中のカフェイン摂取は問題なさそうなので
気持ちの問題なのかな(笑)。

たまさん

今までカフェイン断ちでノートイレなので、
コーヒーをレース前に飲んでトイレに立ち寄ることに
なると悔やみ切れずにやれないんですよね。
カフェインを摂取した方がパーフォマンスは良さそうなので切り札的に使いたいのですけど。
カフェイン断ちしても、京都マラソンの時は待ち時間が長かったので最初からトイレに行きたかったです。
レース後、すぐに飛び込みました。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数