着地の研究

先日のハイテクタウン駅伝で血液検査を無料でやっていて一緒に参加した方は検査してもらっていました。ランナー的検査なのでヘモグロビン値です。
私の数値も知りたいなと言われたのですがアンカーだっとのと5月の健康診断結果がもうすぐ出るので検査しませんでした。

健康診断結果ご返って来たので記載。
正常範囲:
ヘモグロビン 13.1-17.9
赤血球数 421-564
血小板数 14-37.9

2015/05 結果
ヘモグロビン値 16.3
赤血球数 561万
血小板数 24.1

練習は週に3回と赤血球が壊れるほど練習していないため比較的高い数値です(笑)。
記録志向で走る前は17.4とか610万とか更に高い数値だったので少しは壊れているかも知れませんがここ数年こんな数値です。
以前の数値は多血症でいわゆるドロドロ血だったかも知れません。
ランナーで血漿、血流量が増えて高めの正常値に収まるようになったように思います。

以下、没ネタ
------------------------------------
まだ色々試行中なんですが、上り坂での着地について。
先日の今井選手に学ぶ坂の上がり方で書いた「拇指球で強く蹴る」ですが、今井選手のような強い筋力も能力もない一般市民がその技を使うにはどうしたら良いだろうか?
今井選手の着地部分の細かい走動作は動画からは分からないので真似になっているのかも不明ですが考えて見ると。

前回の記事の中でも実際にトレッドミルで走って見ましたが、拇指球での踏み込みを意識した着地で確かに強い推進力を感じました。
拇指球で強く踏み込むと行っても、いわゆる足裏を返して強く蹴り出すのでは、ふくらはぎを使ってしまい長持ちしません。いくら上り坂だけとは言え、ふくらはぎに負担を掛けない方が良いでしょう。また足裏を返す動作の分、全体の走動作が遅くなってしまいます。

ふくらはぎを使わず、拇指球での踏み込みを強くし強い推進力を得るにはどうしたら良いだろうかがテーマ。

今のところ、二通り考えたのですがどちらがよりフルマラソン向きか、どちらがより効果的か、はたまたそれが正しいのかは試行中。

一つ目は、通常の真下に踏み付ける着地動作で土踏まず部分やや前方に意識をおいて踏み付ける時に、最初に接地する箇所として拇指球に意識をおく方法。
土踏まず自体は土踏まずなので接地しませんが、土踏まずと前足部を同時に着地のイメージで意識を拇指球におく。
着地した最初の反動を拇指球で受けて脚を後に跳ね上げて走るやり方です。ちょっとフォアフット気味かもしれませんが、あくまで土踏まず部分で踏み付ける積もりのミッドフット着地で拇指球の着地反発を意識したもの。

上り坂で拇指球の強い反発が欲しいためですが、特別に上り坂でなくても使おうと思えば使えます。ただフルマラソン全距離を同じ着地で走り切れるのかが試してみないと分からないところがあります。衝撃自体はそこそこあると思いますので。

二つ目は、真下には踏み付ける意識は同じく持ちますが、足外側(小指側)から着地して足内側(親指側)に倒れこむ動作で着地するやり方。これは通常のランニングフォームでも行われる動作ですが、内側に倒す際に、拇指球の踏み込みに意識をおいて倒してみる。
拇指球は力を加え易いので意識をおかない時よりより強い推進力が得られるように思えます。
内側に倒れ込むと言っても内側が一瞬遅れて着くだけでほぼ同時の動作。

一つ目とあまり変わらないように思えますが、足外側から内側に倒れる動作で着地衝撃は小さくなり脚への負担は軽いかと思います。足底のアーチ構造を使って着地衝撃を吸収する感じ。
上り坂ではその外から内への倒れ込みで拇指球の接地をより速くより強く意識して走る感じでしょうか。
平地の走行時と走動作の違いが少ないので切り替え易いかなと思います。
足裏で蹴る動作との違いは足裏で蹴るのが足首の返しでふくらはぎが使われるのに対し、外から内への単なる倒れ込みなので足首自体は大きく動かず、ふくらはぎを使う動きにならないところでしょう。

両方試してから書いた方が良いのですが風邪を引いてしまったのと普段のロードでは坂が無いからトレッドミルで走る時にしか試せないんですよね。
トレッドミルの全力運動テストでどちらが長く続いたか(よりきつい坂を走れたか)とそのフォームでどちらが疲れ難いかの検証が必要ですね。
あまりやりたくない(笑)。
一つ目の着地は脚を痛めやすい気もします。上り坂専用で走りを切り替えるかです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数