肩甲骨ストレッチ

フルマラソンに向けた基礎練習を書く、カテゴリーあしたのために
久しぶりの更新です。えっ、ネタ切れだろと言うのはおくとして。
未読の方は、その1からどうぞ←暇潰しになります(笑)

今まで、流し、腕振り、腕振り2、体幹トレ、腰高、閾値ペースの把握 と地味な内容(笑)。
今回は当ブログで1番熱く語っている1つ腕振りシリーズの更に基礎版、肩甲骨ストレッチ←どれだけ地味なんだよ
ストレッチが練習かと言うの有りますけど。

フルマラソンで腕振りは重要と考えています。コンパクトに振り、左右均等に動く事が着地バランスや左右の脚への均等になり大切だと考えます。
腕を振らずに高速で走るランナーさんも居られますが腕を振ると更に豪速だったので、やはり重要でなのでしょうね。

今更言うまでも無いのですが、そんな腕振り。マラソン的には、風が吹いて桶屋が儲かる式の動きです。

腕が振られる→肘が引かれる→肩甲骨が動く→反対側の骨盤が前に振られる→お尻が使われる→脚だけに頼らない走りになり、ストライドも伸びる

最後が長いけど、風→桶屋より複雑か(笑)。連動性としては自然ですね。

腕振りと呼んでますが意識的には肘引きですね。ただ肩甲骨引きとは呼ばないし、それ以降の動きの連動も言わない。
肘を引く事により全てがつながって行く。肘をリラックスして引く事だけを意識すれば全部、自然と繋がって行くと思います。
世間では肩甲骨のストレッチの事を肩甲骨はがしとも呼ぶようで、この呼び方はちょっと怖い(笑)。

そんな腕振り=肘引きですが、肩甲骨の動きが固く悪いと肩振りになってしまったり、肘は引けているのに肩甲骨は動かずとなってしまいます。
また固いと肘を引いて動かず際も抵抗になり長く楽に振り続けられなくなりがち。

ランニング以外の普段の生活でも肩甲骨をストレッチしておくのが良いと思います。
ストレッチの方法は、肩甲骨ストレッチとでも検索すると色々と出て来るのでそれをご参考に。

私が電車待ちなどでやっている肩甲骨ストレッチは、肘を後に引いて左右の肩甲骨どうしを背中でコンニチワさせる簡単なもの。
これでも肩甲骨の動きは良くなる他、肩凝り予防、背筋が伸びて猫背にならないなど、ランナーじゃ無い人にも良いんじゃないかと思います。

結局、今日も腕振りを熱く語っただけでした(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですよね。腕振り大事ですね。(^_^;)

去年のかすみがうらで、一本の太いゴム紐を両手にもって走っているおじさんがいました。ゴール間際で見かけたので3時間一桁の走力だと思います。
片方の腕を振れば他方はゴムの力で引っ張られるので、楽に腕振り?なるほどと思いました。
腕振養成ギブスですね。(笑)

ふらっとさん

腕振り無しでも速ければそれでも良いのですが、振れば更に伸びしろですね。
そのおじさん、見た事が有ります。
腕の機動を矯正しているのかも知れませんね。
ブンブンは振れないのでコンパクトに左右均等な振りになり良い感じで振れるのかなと思います。
腕振りで左右非対称な人は意外と多いんですよね。

「あしたのために」未読ですから読ませていただきますm(__)m

肩甲骨のストレッチはしんどくもないし、仕事中でも簡単に出来るので毎日頻繁に行なっています

ただ、腕振りは上手く出来てるかは分かりませんが…(笑)

ちょーみんさん

流しと腕振りを熱く語っているだけですけどね(笑)。
無用に長いので暇潰しにどうぞ。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数