走動作と着地音

このブログでも度々記事にしている「アスリートの科学」で疾走速度と関係が深い動作は真下に踏み付ける速度・動作で有ることを以前、書きました。
速く走るための脚の動き

この脚で地面を踏み付ける動作を素早くする事が推進力になり疾走速度に1番関係が深い。
確かにどんな動物も足で踏み付けている瞬間しか推進力を得られない訳なので当たり前の事かも知れないです。

他の動作、脚を後ろに跳ね上げて巻き上げる。脚を前に振り出す。腿を前に持ち上げる。は全て空中動作で推進力には成っていない。それらが速いに越した事は無いです。
ただそれらの動作は踏み付けた反作用で後ろに脚が巻き上げられ、反動で前に振り出され、勢いで腿が少し持ち上がる。
反動だけだと遅くなるのでハムストリングなど関連する筋肉が使われる。
後に脚を巻き上げる動作を素早くすると一見、速く走れそうですが意識し過ぎると脚が後に流れることになり結果的に遅くなる。
体の真下に脚を切り戻して踏み付けることと脚を反転させ切り替えしを速くすること。切り替えしも特に踏み付ける速さにつながる前に振り出した脚を切り返し体の真下に持って来る動作を速くする。
真下と表現していますが、実際には重心より少し前だそうで本当に真下だと前にばたりと倒れるそうです。
少し前でも体が前に前進して来るので着地から足が離れる時には真下を通過して行くのだと思います。
意識としてはおへその下に有る地面を踏み付ける、重心真下で良いと思います。

走動作の方は以前にも書いたのでこれぐらいにして着地について。
体の方は空中移動中で前に進んでいる。キロ4だと時速15kmで体は前に進んでいます。秒速4.17m。まあ速度は参考。
脚を切り戻す事で体の前進速度とは相対的にゼロとなる事で踏み付け時に着地衝撃が小さくなる。ブレーキもかからない。

フラット着地、フォアフット着地と言っても足裏全体や前足部が一度にペタリと着地する訳ではなく、小指側から着地し始め、親指側(拇指球)の着地、踵も後から着地する動作となっている。中には踵が付かないランナーも居るでしょうけどフルマラソンだと少ないでしょうね。
この一連の着地動作で強く踏みつけても速さの割には大きな足音が立たずに走れる。

フルマラソンの走動作の場合、前に振り出した脚が体より前に行かないと思っていました。
意識的には腰高に保った軽い前傾姿勢で後ろに巻き上げられていた脚が前に振り出され重心真下に来たら膝が伸びてストンと地面に着地するイメージです。

実際には体自体は常に前に進んでいるので後に巻き上がった脚が前に振り出される時には、体が進むよりより速いスピードで前に振り出していることになります。
振り出した脚の膝は自然と持ち上がります。腿上げ動作。
膝は、体より前に出るのでその真下にある足は切り替えして後方へ振り戻し着地する。
一旦振り出した脚に追い抜かれた体が追い付くと同時に前に出た脚が切り返しで後へ戻るイメージでしょうか。
やはり切り戻しからの真下への踏み付け動作を意識すれば良いようです。

真下に踏む時に前に進んで来た体が脚の上に乗り込めればスピードを殺さず効率良く前に進む動きとなるように思えます。
着地した時の体が乗込む感じが大事かなと思います。上手く重心移動する感じ。
足が着地してから体が乗り込んで来るのが遅れると接地時間が長くなります。
推進力が強くなるのは体が乗込んで重心が乗った時なので体が乗り込むまでの時間は推進力にならない。
体の真下に踏み付ける感覚、体の真下の地面をポンポンと踏んで行く感覚で重心を載せやすくなり、上手く地面を捉えて推進力を得られると思います。

逆に足音がばたばたと大きく鳴る時の動きはどんな動作でしょうか。
幾つも思い付かないのですが、
まず踵から着地し、踵自体はクッションがあるので大きな音は立たず、次に前足部がバタンと前に接地する時に大きな音になるように思えます。
それ以外だと足の構造からして小指側(足の外側)から地面に近づき親指側(足の内側)が接地となるので、大きな音になり難いように思えます。
踵着地はいまだにマラソン入門書などで薦めたりしていますがエネルギーロスは大きいし、シューズの踵クッションが無ければ衝撃も大きく薦めない方が良いと思うのですが。
私もランニングを始めた頃に本に書いてあった踵着地をしていたら脚が出来ていなかったので膝を痛めてしまいました。

フォアフット着地(あとから踵も着地するとしても)をいきなり入門で書くのも故障の元なので書いていないのかも知れませんが、「体の真下にあるツナ缶を土踏まずで踏み付ける」とすれば踵着地にならずに良いと思います。
その場合も意識はミッドフットでぺたっと押す感じですが足の構造から小指側が着いて直ぐ親指側が着く着地となっているかと思います。
あまり色々と考え過ぎるとフォームがぎこちなくなるので、単に真下に踏み付けると言うのが分かり易い説明なのかな易いかなと思います。

走るイメージ:
・体の真下に有るツナ缶をポンポンと留踏み潰す
・踏んだ時に体がすぐ乗込み重心移動は終えて推進力が最大に
・ポンポンと踏んだ反動で脚を後ろに巻き上げる。
・後ろに巻き上げた脚は反作用で前に振り出される。
・降り出した脚は素早く切り返して踏み付ける
・着地は土踏まずか、フォアフットで小指側から親指側に着く。親指側が着く時に踵も着く。

この記事、何を書きたいのか分からん内容になったので、と言うか内容が無いよーなので、消してしまおうと思ったのですが、まあ良いかとアップ。
本当は足音が大きくなる要因とかどんな足音が速く走るために良いかとか書きたかったんですけど(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

記事の内容には納得です。
音については、原因はわからないですが、速いランナーとそうじゃないランナーでは音が明らかに違いますし、或いは、素質はあるのに伸び悩んでいるランナーさんって、ばたばたと音がする人っていますよね。
トレイルランナーの鏑木さんは、足首の腱の強い選手は、蹴る音が明らかに違うっておっしゃっていましたが、これとはまた違いますもんね。
蹴る力が42キロ持続しない、私のような一般ランナーは、たのくるさんがおっしゃるように、理想はフォアフットですが、効率が良くて疲れにくい重心の真下に足を置いて走る走法に帰結しますよね。

Jimmyさん

足音については研究が足りておらず
中途半端な記事になってしまいました。
重心真下に踏み付けるは多くの指導者も言っている
事なので正しいと実感もしています。
足音はまた色々調べたいと思っています。

ありがたいです♪

フォーム固め?にアドバイス受けた蹴っているのでふくらはぎが持たないってこと考えて走っています

それと故障避けたいので今までより効率良く走れる様にと脚の動きを気にして走っています
脚の方のランニングエコノミーですか…(*^^*)

たのくるさんの後ろへの脚の上がりかたと脚の着地位置を重心へと言うことでの脚の動きの説明の大体のニュアンスは分かるので自分が走ってて脚の動きがその様に動いているか、若しくはこの感じで良いのかを気にしながらフォーム固めたいと思います!!

夏の終わりには、今の走り方よりも良くなっていたいと思います♪




これの次に長居でも少し話に出た説明のしにくそうだったお尻の使い方とかになると思いますが…


足音の事も参考になるかも知れないので、また書いて下さいねm(__)m


ちょうみんさん

フォームの修正は一番悪いところをまず直してみると他の悪かった点も自然と修正されてしまうことも多いです。割と多いのが腕の振り方でこれが改善されることでバランスも良くなり、骨盤が動き易くなって結果としてお尻も上手く使えるようになったり。

お尻の使い方の一般的なことは少し前に書いたものがあります。
http://tanokuru.blog.fc2.com/blog-entry-1096.html

私のブログ内を「お尻を」で検索すると、山のように
出てくるんですけどね(笑)
足音はまだ考察不足なのでまた後日ですね。

かなり前にコメントさせていただいたものです。(高温多湿下で走ることについての記事だったと思います。)

今サブ55やサブ50に向けて、ストライドの長さを保ちつつどうやってピッチを上げるかについて考えていまして、こちらの記事の地面の踏み付け速度とツナ缶のイメージが大変参考になったので、自分のブログでリンクさせていただきました。

googleにキーワードを入れて検索すると、たのくるさんの記事が多数ヒットします。非常に参考になっています。

hirotoさん

hirotoさんは、シンガポールに滞在されているランナーさんでしたよね。
ブログ拝見しました。
ピッチとストライド、フォーム、着地位置は、永遠のテーマですね。
これからも追求したいと思います。
お互い、頑張りましょう。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数