四年前

四年前の東日本大震災は良く覚えている。東京マラソンの終盤、東雲橋の近くで勤務していた。

14:46と言う時刻は今日黙祷をしたので再認識したのだがお昼過ぎに事務所で仕事をしている時に強い揺れを感じた。
今までに経験した事の無い長い時間の揺れだった。

勤務していた建物は低層でどっしりとしたビルだったので揺れている間も倒壊するとは思わなかった。
揺れが収まって被害は天井の蛍光灯が幾つかぶら下がっていたぐらいだった。
停電も無かった。窓から外を見ると千葉方面でガスタンクか石油タンクかから黒煙が高く上がり、炎も見えた。

消防車のサイレンが聞こえて来て異常事態が発生した事を認識した。
揺れ戻しもありビル内に留まるように案内があった。インターネットで情報を収集したり、落ち着かない気分で執務を続けたりした。

電車は停止している情報が入り、夕刻になったが誰も帰れなかった。
夜になると会社が備蓄しているミネラルウォーターと乾パンが配られた。
搖れは収まって来たので近くのコンビニに行くとかなりの棚が空になっていた。
スパイシーチキンがまだ有ったので、お握りやパンと一緒に買ったのを覚えている。

深夜になっても電車は復旧せず、事務所で一夜明かすことにした。
動いた地下鉄や徒歩で帰れる人は帰り、近くのイオンで自転車を買って帰った人も居た。

その夜だったが長野でも震度6の地震が起り、何かこの世の終りか悪夢を見ているように思った。

朝になってもJRは復旧していなかった。
10時位に山手線が動いたと言う情報が入り帰宅することにした。もう土曜日の昼前だった。
豊洲から有楽町線で有楽町駅に着くとJRはまだ動いていなかった。

その頃はまだ記録狙いのランナーになる前で1週間前に鴻巣パンジーマラソンで初ハーフを走った。膝を故障していたが強行出場して1時間50分で完走した。
ふくらはぎが攣り捲くった唯一のレースで想いで深い。

結局、有楽町駅から上野駅までまず歩いた。上野駅も人でごった返しており、高崎線は動いていなかった。
地下鉄は動いているようだったので南北線で出来るだけ家に近づく事にして、
浦和美園まで到達した。

土地勘がなくそこからどう帰るか分からずバスの路線沿いに大宮を目指した。
かなり歩いてバスが来たので乗り、大宮まで到達した。

肝心のJRはまだ動いておらず、大宮駅から自宅までの10kmを歩いて帰った。

その後の計画停電やガソリン不足なども想いで深い。

大震災で犠牲になった方へ黙祷。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数