臑は衰え易いか

ふくらはぎの拮抗筋、脛の筋肉の話。
脛の筋肉、足首を動かした時に力が入りますよね。特につま先を上げる動きをした時に一番力が入るでしょうか。
アップダウンが多いコースで走っているランナーなら上り坂でつま先が上がる形、坂の傾斜に合わせて膝から下に対してつま先が持ち上がった形で着地するので、平地と比べて脛が使われます。長い坂だとハムストリングスも疲れますが脛の筋肉も疲れて来るかなと思います。

一方、上尾市のような超フラット地帯では坂が無いため、坂道のように足首を曲げて着地しないため脛の負担も軽いかなと思います。フルマラソンでは、足裏で蹴り込まず、ふくらはぎを酷使しない走りが大事だと思いますが、使わないと言っても必ず着地はするわけで、着地の際に、ふくらはぎも脛の筋肉も緊張します。
ただ伸縮しない緊張であり、蹴り込んだり、坂で足首を曲げた(つま先を上げた)使い方ではない利用です。

平地では走っていても、脛の筋肉は衰え易いのかどうか?
走っていたらさきほど書いたように着地で緊張するわけで、衰えるということは無いのでしょうが、坂を上るための伸展や伸縮運動は少なく、いざ坂道を上るとすると脛は疲れるんじゃないかと思ったわけです。

以前にも書きましたがマラソンでは体のバランスや安定が重要であり、主動して動く筋肉に相対する拮抗筋を鍛える事も大切だと思っています。
拮抗と書くと反対勢力のようにも取れますが拮抗筋は主動筋が収縮して力を出す時に弛緩して主動筋の動きを補助しスムースに動けるようにしてくれる。

ランニングではどの筋肉が一番大事か、脚のそれぞれの筋肉が大事だと思いますが、ふくらはぎに相対する脛の筋肉、これも大事なんじゃないかと思うのです。脚の筋肉で攣りやすいのは、ふくらはぎ、ハムストリングス、内転筋。走り終わったら足裏の筋肉も攣り易い気もしますが、ふくらはぎが小さい筋肉な分、一番じゃないでしょうか。

一旦攣ると痛いですし、無理に走ると肉離れになることもあり、減速は避けられないですよね。ふくらはぎの負担を軽くする意味でも拮抗筋である脛の筋肉がお疲れちゃんにならないように鍛えておいた方が良いかなと思っています。

坂を走れば良いのでしょうけど、坂が少ないので筋トレで。電車の待ち時間や電車の中でつり革に掴まっている時に、踵は地面に付けたまま、つま先を持ち上げる。つま先を上げて踵だけで立つ感じですが、両足のつま先上げをやると、外から見ると変なおじさんになるので、片足づつ、つま先を上げたり下ろしたり何かリズムでも取っているようにつま先上げ下げ(笑)。
脛が段々と疲れてくるので辛くなったら、左右交代。

本当は両足同時につま先上げが効率が良いので、周りに誰も居ない時は両足のつま先上げです。まあ家で誰も居ないところでやれば良いのですけどね。
フルマラソンやロング走をやっていて、脛が疲れた、ふくらはぎは蹴り込んでいないんだけど攣ったというランナーさんは脛の筋肉も鍛えられてはどうでしょうか?

平地市民ランナーな私、今日も電車待ち、電車の中でのつま先上げ。変なおじさんと思われてもやっております。一応、片足づつですけどね。

業務連絡:
明日の鴻巣ハーフマラソン。待ち合わせ場所としては、大混みかもしれませんが、雨でも平気な中央小学校体育館にしようと思います。鴻巣パンジーの案内書5ページ目の会場案内図を参照下さい。
体育館の空いている所になりますが、おそらくど真ん中辺りの空きを見つけてとなるかと。
8時10分頃には着いているかと思います。電車は鴻巣駅7:44着。
雨はレース中、止んでいるような天気に変わってきましたね。
明日、鴻巣パンジーを走られる皆さん、よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数