20XX年 吉日

ある日、ある時、ある惑星でのお話。

息子がしょんぼりして帰って来た。
確か今日はお付き合いしている娘さんのご両親にご挨拶、端的に言えば、結婚の承諾を貰いに行ったはずだった。

首尾はどうだったのか尋ねてみると。
結婚自体は承諾して貰えたらしいのだが、条件が有るらしい。
6ヶ月先のどこかのフルマラソンでお父様に勝てば許すとの事。
何処かで聞いた事が有るような条件だったが、お父様は50代後半。

ぼそぼそと話す息子から更に聴き取ると。
お父様は今でも3時間15分以内で走れるらしい。昔はサブ3だったようだ。
息子は運動部の経験は全く無い。運動と言えば学校の体育の授業か通学、今は通勤ぐらいだ。
息子は勝てる訳が無いともう敗戦モード。

頑張ってみて駄目でも努力を認めてくれるのでは?
と話してみると少しはやる気になったようだ。しかしどういった練習をすれば判らない。それはそうだろうな。

他ならぬ息子の結婚が懸かっている。
「運動経験無しから6ヶ月でサブ3.15達成メニュー」を作ることになった。

私には長いランニング経験がある。
かなり前の事だが、駅伝で結果を残さなければならない狛江市のランナーにそれではと無理矢理練習メニューを押し付けた事が有った。迷惑な話だ(笑)。

そのランナーの努力以外の何物でも無いのだか、僅か1ヶ月で5kmを17分台で走った。話に金の鯱級尾ひれが付き、私のメニューは鬼だが凄いと評判になったな(遠い目)。

それ以来、目標を達成したいランナーのために練習メニューを作るようになり、たまに失敗するのだが実績が残るようになった。失敗は闇に葬られ成功事例だけが残るからだ。
狛江市民向けメニューは適当だったが、今では練習メニュー作りには自信が有る。

私自身もマラソン研究を継続し、いつの頃か畏れ多くも「さいたまのジャックダニエルズ」と呼ばれるようになっていた。
たまに、美味しいバーボンを求めて人が尋ねて来るようになったのは、ご愛嬌だ。

フルマラソンの攻略にはコースを良く研究しコースに対応した練習をする事が大切だ。今回は6ヶ月先のレースを好きで選んで良いそうだ。
お父様なりにハンデを与えたと言う事だろうか。しかし所詮、素人対ベテランランナー、力の差は歴然だった。

息子に有るのは若さと結婚したいと言う愛の力だけだった。

マラソンレースは少しでも有利になるように選ぶ事にした。住んでいる上尾市は真っ平、やはり、つくばか?

もっと良いコースが有った。何年も前だが横浜国際女子マラソンからさいまた国際女子マラソンとなり、その翌年に、さいたまマラソンとして都市型マラソンが開催されるようになった。

ところがやはり美ジョガーからお洒落な街で走りたいと言う要望が上がり、今年から再び新横浜国際女子マラソンとなる予定だ。

梯子を外されたのは、さいたまマラソン。強い美ジョガーが出ない、放送もされないマラソンはスポンサーが激減。
車の利用率が高い埼玉では長時間の交通規制も元々不評だった。

それでも一度開催したさいたまマラソン、中々止めると言う訳にも行かず今年からコース変更となった。
第XX回さいたまマラソンの要項を見ると。さいたまアリーナ前をスタート。
これは変わらないようだ。アリーナも広くて収容力も有り良いよね。

スタートすると旧中仙道を熊谷方面に進む。おお、これも良いね。東日本実業団駅伝と同じ道路だね。
駅伝だとそのまま北上するがマラソンは戻って来る。

注意書きが有る。
「交通規制の関係で、中山道はさいたま新都心から上尾運動公園まで。」
「距離が足りないため、上尾運動公園で20周して折り返しです。」

そんなの公認コースなのか?
今年から非公認になったようだ。
まあ大会はどこでも良いなら地元で有利だ。

さいたまマラソンのツイッターを見ると「上尾ぐるぐるマラソン」との投稿。
「一周800mの20周。トレミの方が楽!」
と書き込みがあり、その後、向い風の無いトレミか景色の変るロードが楽かの議論が巻起こっていた。

新横浜国際女子マラソンの方も新横スタジアムでぐるぐる、新横ぐるぐるマラソンに傾いていたのだが、それでは公認コースの認定が取れないと以前のコースとなった。
ぐるぐるの背景は有力大会委員の一人が贔屓の美ジョガーを何度も応援したかったからとの噂もあった。
確かに応援側としては何度も見られて魅力的ではある。
雨の日は新横の回廊も使えるだろうとの話も有ったが回廊45周は無いだろうと一蹴された。

そんなこんなで、さいたまマラソンにした。
特に取り柄のない息子だったが、真面目な事と単調な作業に強いと言う誰に似たのかそんな取り柄が有った。
上尾運動公園に行っては私が作った練習メニューを愚直に取組んでいたようだった。

それから6ヶ月。それなりに練習したようで、息子の体はマラソンランナー体型に変わっていた。

ここでハタと考えた。お父様は実績のあるベテランランナーだ。プライドも有るだろう。ここは下手に勝たずに僅差で負けた結果の方が良いのじゃないか。
お父様も面目を保った上でかなり頑張った息子を認めて結婚を許してくれるのでは無いかな。

いやいや、親バカだった。息子が練習したのは僅か5ヶ月と少しだ。勝つ事を心配する必要は無かったな(笑)。

レースの応援に行けば良かったのだが、同日開催の新横浜国際女子マラソンの応援を優先した。
以前から知り合いの国際女子美ジョガーが大勢出ているからだ。

「ブログ市マラソン 」カテの国際女子。有に20人は超えている。相変わらず若々しくて美しい。ランニングをやっていると歳を取らないようだ。
あ、そうそう。ブログ村マラソンは登録人数が増えて、2年前に村から市に昇格した。

私もブログは続けて来たが相変わらず長々と書いてしまい忙しい読者からは読んでもらえない。
さいたまのジャックダニエルズなんだけど。またどうでも良い事を書いてしまった。やはり原稿用紙三枚に収めないとね。

そうだ、息子の首尾だった。帰って来た息子に結果を聞くと、何とサブ3だった。タイムは2時間56分1秒。
私の初サブ3より速いではないか。
あと2秒速く走ればと息子は悔しがっていた。うん、気持ちは分る。
私も頑張って相当練習して達成したサブ3のタイムを抜かれて悔しかった。
私の事はどうでも良かったな。

時計を見て走らなかったのかと聞いたら腕時計を待っていないのでIPhone18に時刻を喋らせながら走ったそうだ。

それはイカンよ、ちゃんとGPS時計を買わないと。当たり前過ぎてそこまで薦めていなかったな。
最新で高性能なEPSON SF-9800BかGAMIN 8800Jがお薦めだ。
GAMIN8800Jは衛星捕捉0.01秒、稼働時間300時間。なんでも超ウルトラでも使いたいと言うニーズだそうだ。
またペースキープ機能が搭載された。
予め設定したペースより遅れると警告が鳴る他、電撃が走るそうでランナーは痛さを恐れて必死に走ると言う。
それはドーピングに当るとか、動物虐待に当たるとか変な話題になっている最新式だった。

あ、また話がそれてしまった。お父様は3時間18分とサブ3.15に届かなかったとの事。お歳を考えれば十分速い。
上尾運動公園のぐるぐるで単調さにペースダウンしたそうだ。
ハハハ、作戦勝ちだ。イカン、勝ってはいけなかったのだ。プライドを傷付けてしまったか。

息子にレース結果より結婚を認めてもらえたのかを聞くと認めて頂いたそうだ。
流石にスポーツマンだ潔い。何でも初マラソンでサブ3を達成した息子の努力と若い奴にはやはり敵わないと思ったそうだ。

良かった、やれやれと思っていたら、息子は結婚はしばらく延ばそうかと思っていると打ち明けた。
何で?と聞くとすっかりランニングに嵌り結婚は延ばして練習に専念したいそうだ。

おいおい、それは本末転倒だろう。説教しようかと思っていたらと、さっさと自分の部屋に息子は上がってしまった。
困ったものだ。結婚とマラソンは両立するよな、なあ、かあさんと言うと妻は首を傾げて苦笑していた。

説得するために息子の部屋に行くと扉が開いたままもう居なかった。どうも早速練習に行ったようだ。
若いと凄いな。フルマラソンの当日に2部練かよ。

あ、関心している場合じゃ無かったな。
息子の部屋には電源の入ったままのノートPCが開かれあり、書きかけの文が有った。
ブログ市マラソンとあった。何だいつの間にかブログも始めていたのか。
タイトルは
「凝り性、たのくる2世のマラソン研究日誌」

尊敬するジャックダニエルズJrさん曰く、練習目的を明確に持て…

いつになってもマラソンは永遠なり。
ある日ある時ある惑星での出来事。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

会社の昼休み、もう笑いをこらえるのに必死ですwwww
一番面白かったです!!!!(笑)

バーボンのくだりとか、
上尾ぐるぐるとかもう、たまらんww
最高です(笑)

あーおもしろかったーーーwww

仕事中だったのですが、声出しそうになりました(^_^;)
しかも、全部織り込んでますね(*^_^*)

たのくるJrのブログみたいですよ!( ´艸`)

しかし、800m20周は地獄です(*^_^*)

尾運動公園で20周(笑)。
新横浜国際女子マラソンとか本当にありそうな感じですね。
楽しませて頂きました!

孫の代まで続きますねw

ごぶさたしております。
恐れ入りました。
こういう才能がおありとは。
発想が自由すぎます。
夢でもみました?

RUMIOKANさん

関西人には笑いの箇所が少ないかと思っていたのですが、楽しんで貰えて良かったです。
新横ぐるぐるを追記しておきました。

proceed2600さん

おお、元祖 20xx年 吉日のブロガーさんからコメント、ありがとうございます。
仕事中、読んじゃいけませんね(笑)
800mの20周は慣れると何でもないのですよ。
40周はきついです。

たかしさん

楽しんで頂けて何よりです。
ブロガーがコラボ記事を書くと
色々なバリエーションが有って面白いですよね。

風切 翼さん

孫まで考えませんでしたね。
実際のところ、内の息子が結婚することもまだ想像が出来ないんですよね。

ちーばくんさん

いえいえ、夢じゃなくてですね、
プロシードさんが最初に書かれて、ブロガーが
コラボして記事を書いているのです。
かるりーのさんが娘の母目線、たかしさんがお婿目線とか。色々な視点が有って面白いです。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数