トレミで閾値走

平日練習は根性がなくなり、夜明け前ランをおさぼりして、夜にジムトレ。
どんな傾斜で走ろうかとダニエルズさんのトレッドミル運動強度から色々とアレンジしました。

傾斜率を上げると速度を落とせますが、脚の回転は遅くなります。ただ坂がきつい分、脚特にお尻やハムストリングスはかなり鍛えられます。坂にも慣れて強くなるし。

今日は速めに回して傾斜は緩い閾値走と傾斜を少し付けてのMペース相当を走ってみました。

閾値走は、03'58/kmの速度にして傾斜率は0.5%。これで平地03'53/kmに相当します。

Mペース相当走は、04'38/kmの速度で傾斜率を2.0 %。これで04'09/km相当です。

閾値走は20分間。キロ4を切るとトレミの回転音も結構うるさくなります。空いていたので一番端っこで走りました。
2列ある内の前列。

後列の方が前列に美ジョガーさんが走られていたら目の保養になるのですが閾値走の時に余裕が有るのかと言うのも有りますが、おっさんが走っていたらおっさんを見ながら走る事になり←見ないけど
と言うのは嘘で理由はもっとストイック。
以前、アスリートの科学を記事にした事が有ります。映像の呪縛と言うか、悪い癖を直そうと自分のビデオを撮りじっくり見る事で悪い癖を脳が映像で覚えてしまい悪い癖が定着してしまうと言う視覚の呪縛。
無意志に前列のトレミで走る人のフォームが脳に焼き付くのを防ぐために誰も見ないで良い前列にしました。
そこまで気にする事は無いとも思うのですがそこは記録を志向するランナーです(笑)。

そんなことで気を紛らわせるものはトレミに付いているTV。こちらもストイックにNHKのニュースを見ましたが、お天気のお姉さんが綺麗だなと(笑)。

何とか単調な20分間を走り終え、一旦トレミを停止して給水。
リセットしてMペース相当走。ペース自体は04'38/kmなので楽なんですが傾斜が2度付いているのでじわじわと脚に特にハムストリングスに効いてきます。
また傾斜の着地で平地よりつま先を少し上げた形の着地になるため脛の筋肉に負荷が加わります。
ふくらはぎの拮抗筋である脛の筋肉が鍛えられるのは脚のスタミナとしても良い事だと思います。
Mペース相当走は5km分。

アップジョグはキロ6、傾斜率0.5%で12分間(2km分)
ダウンジョグはキロ6で傾斜なしで1km分。

今日もモニター中のEPSON SF-810Bを装着して心拍数を測定しました。今日は抜けも異常値もなく比較的まともな数値でした。

閾値走の心拍数 1kmオートラップで計測。GPSオフですがストライドセンサーで比較的正確でいた。
155(161) 160(162) 162(163) 163(166) 163(165) 163(164)

Mペース相当走
150(155) 154(156) 154(160) 154(156) 153(156) 154(156)

少し高めの気もしますが異常値が無いので目安として使えます。

2014年12月10日(水)
Do Sports Plaza 夜6時
2.0km 12'00(06'00/km)
5.05km 20'07(03'58/km)
5.0km 22'47(04'38/km)
1.0km 6'00(06'00/km)
日13km 週33.1km 月58.2km
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数