気を取り直して高島平ロードレース・レポ

昨日は高島平ロードレースを書き終えて保存と押したところ、別画面で開いていた同じ記事(空欄、タイトルだけ)の影響か、記事が喪失。再び書き直す戦意も喪失でした。

出てみたいなと思っておられるランナーさんも居られると思いますので、気を取り直して、高島平ロードレースのレポ。

最寄駅は都営三田線の高島平駅で徒歩2分で会場に着きます。
都内の大会なので交通の便は良くて、板橋区が埼玉県よりということもあり、最寄駅、北上尾を7:23の電車で赤羽駅乗換え、埼京線浮間船渡駅で下り、バスに乗って、高島平警察署前で下車すると横断歩道を渡ったところが会場でした。8:30前には到着。

着替えは更衣室として男子は体育館、女子も更衣室が用意されています。体育館は到着した時には混んでいましたが、5kmと10kmのランナーが出走すると空いて、トイレのストレスもありませんでした。
荷物は体育館に放置しますが見回りはあるようです。昨日は晴れていたので外で着替えの人も多かったようです。

貴重品はA4サイズのビニール袋に入る物なら預かってくれます。ゼッケン番号かと思いましたが名前と電話番号を記入して、預かり証として幅1cm長さ15cm程度のビニール帯を持ち、返してもらう時に電話番号を伝えますが、預り証にも書いてあるので泥棒さんも言えるかな。ゼッケン番号を見せる方が確実だと思うのですけど。どうでも良い話でした。

体育館で着替えようと思っていたら、同じ会社の知り合いランナーが入って来たので声賭けして(出ることは聞いていました)、着替えながら談笑。外に出たら、ひとみさんが居たので挨拶し、3人でスタート地点へ向いました。numaさんともお会いしました。
集合は20分前の9:30ですが、10km走がまだ行われているので、スタート地点から少し進んだ場所で目標タイム順に並びます。
takashima-S.jpg

大学生、1時間10分以内、1時間10分から20分以内、1時間20分以上の4段ぐらいでしょうか。疲労も残っているし、切れても20分ぐらいなので、1時間20分以上の看板の最前列に並びました。
暫くすると、出場するるーぷさんが声を掛けてくれて、応援のてーいさん、ほしこさんともお会いしました。
時間が来てスタート位置へタイムの遅い組から移動。女子は右側に並んで下さいと連絡があり、きぐまさん、PONKOさんを発見して声を掛けました。

調子の良い時のハーフマラソン持ちタイムからすると80分切りは出来ますが、日差しも強く何より疲労残りで判らなかったので、良くて4'00/kmで悪くてサブ3ペース、04'15/kmかと思っていました。松で79分切り(03'57/km)。
5kmの周回コースを4周。初めて走るので前半抑え目、最後の1周を頑張る感じかなと思っていました。

20km走のランナーは600名ほどで1時間20分以上の最前列ですが、スタート地点は結構遠くに見えて、GPS時計ではロスタイム24秒で距離50mでした。もう少し遠くの感覚でした。
オートラップは気っていたし体感でキロ4を走って調子を見ようと思っていたので1kmの入りは気にしていませんでした。走力は揃っているしむやみに前に並ぶ人も居ないのですが、道が狭いので少し渋滞でした。それでも後で会社の人に聞いたら、04'06ぐらいだったそうです。私は100m前方に暫く見えていたそうなのでそれぐらいのタイムですね。
公認コースで距離表示は残り3km(つまり2km)、残り2km、残り1kmと5km目にあります。給水は水のみで、スタート地点からしばらくした所に1ヶ所。最初の周回は取らないので2周目から3回ですね。
水だけですが、テーブルが何台か離れて設置されていた空いている所や取るのを失敗した後も取ることが出来ます。

昨日書きましたが改めてラップタイム。最後の1周だけ、距離表示でラップ計測しました。それまでは周回毎。
高島平ロードレースのラップ:
50m 24秒 スタートロス 1時間20分以上の看板最前列
05km 20'03(04'00/km) 150(158) 192 129
10km 20'12(04'02/km) 155(158) 194 133
15km 20'00(04'00/km) 157(161) 197 129
ラスト1周はラップ計測
17km 08'00(04'00/km) 161(162) 197 126
18km 03'52(03'52/km) 162(163) 197 135
19km 03'56(03'56/km) 163(164) 197 130
20km 03'51(03'51/km) 164(165) 197 139
ラスト5kmは19'39(03'55/km)

脚は重く疲労残りでしたが、心肺の方は余裕があり、04'00/kmペースでも息が弾むことなくマラソンペース走のような感じで走っていました。04'00/kmで行けそうだったので3周までは行き、ラスト1周は普段練習している閾値走のイメージで走ることにして2周目に入りました。

04'00/kmを若干切って走っている感覚(時計は見ていませんけど)で走っていると前のランナーに徐々に近づいて来て追い付きました。2周目はまだ04'00/kmで良いので丁度、04'00/kmを刻んでいるランナーかと思い無理に抜くことなく少し後に付きました。

たまたま、ペースが合ったからでブロンド美ジョガーさんだったからではありません(笑)。
女子ランナー3名、たのくる、男性1名の5人で集団走のようになり2km程度並走で走りました。いや、快適快適。
04'00/kmで女子が3名並んで並走出来るのは高島平ならではですね。いつまで並走していたかったのですが、2周目のラップを取ると20'12(04'02/km)と10秒遅かったので、渋々前に抜け出し04'00/kmペースを維持。

次第に美ジョガーの足音が小さくなり単独走に(泣)。
やはりタイムより快適さと美しさを追求すべきだったでしょうか。
3周目はジャスト20'00(04'00/km)。その1km手前、自分の14kmを過ぎた辺りで、トップ選手が近づくとスピーカーから聞こえて来て、4周目に入る500mぐらい前?で1位選手に抜かされ周回遅れになりました。

1位は今年もベンジャミン選手(モンテローザ)でしたが、惚れ惚れするような力強い走りでした。結局、4周目に入る前に6人に抜かれました。周回遅れにされないためには、15kmをおよそ59分以内(03'56/km)で走れば良いようですね。

さて、周回遅れとなりましたが自分に取ってもラスト1周。ここからは普段の閾値走で頑張り処。15kmまでは04'00/kmで抑えているのでまだ心肺には余裕がありました。ところが脚は最初から重いので上げた積もりが上げきらず、最初の2kmが04'00/kmのまま。

高島平はほぼ平坦コースで坂のある所で練習しているランナーには真平らに見えると思います。平地県民からすると微妙な上り下りが判ります。周回の後半に超緩い下りのように思えましたのでその分、前半2kmは緩い上りなのかも知れません。
体感的に上げた積もりでしたが、04'00/kmと上げ切れず、少し巻きを入れプチペースアップ。やっと閾値ペースまで上がりました。

その分、呼吸も上がって来てさらに脚も重くなりますが残りわずか。最後の1kmは03'40/kmを切るイメージで走りましたが、結果は03'51止まりでした。GPS時計では1.05kmだったので03'39/kmだったんですけどね。
最後の100mはおっさんダッシュしてゴール。昨日書いた通りでグロス80分切り成らずでした。つくばに向けては重い脚で、04'00/kmペースで走れたので、まあまあだったかもしれません。もっとも疲労が抜けない恐れもあり最後の調整を慎重に行きたいと思いました。

陸連登録の公認コースなのでゼッケンは後と前で2枚。足に付ける計測チップも2枚装着は珍しいですね。計測チップと交換に参加賞のタオルとスポドリ、バナナ2本を貰いました。
着替えた後は同じ会社のランナーとひとみさん3人で高島平駅周辺のつけ麺屋で昼食。
体重を増やしたくないので普通盛りにしましたが、麺の量は240gと食べたらお腹一杯でした。

朝食も一応20km走だからと流山ロードレースのカステラ2切れ250kcalに加え、カロリーメイトゼリー200kcalを摂取。野菜ジュースと合わせて525kcal。これでは痩せないよねと二部練習実施したのでした(笑)。

再掲
2014年10月19日(日)
高島平ロードレース、9:50、晴れ、17℃-19℃
20km 1:20'21(1:19'57)(04'00/km) 155(165) 193 130
上尾運動公園、16:10、晴れ、21℃
13.2km 1:08'00(05'09) - 183 99
日33.2km 週33.2km 月188.6km 先週76.6km

ひとみさんから聞いた話で、ブロンド美ジョガーさんは結構有名な選手だそうでフルマラソン2時間55分とエリート市民ランナーでした。やはりずっと一緒に走った方が良かったかな。ガチで硬派な高島平ロードレースでした。

17.5km地点の関門が90分の12分前でスタートロス無しで04'27/kmが必要。1時間20分以上ブロックに並ぶとタイムロスが30秒以上かかるので、20kmを04'20/kmぐらいで走れると関門を気にしないで走れるかと思います。
20kmにエントリする前にコースを知りたい方は陸連登録も不要の5km、10km走も良いかと思います。それぞれトップはレベルが高く10kmが30分切っていたりですが、制限時間はそれぞれ35分と55分と20km走より緩めになっています。
神奈川県からは遠いかもしれませんが都内の大会で交通も便利。ガチで参加人数も少なく快適な大会でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

レポ大変参考になりました!^ ^
横浜からはちょっと遠いですが(笑)来年は出ようと思います。
実業団や大学生の走りを真近で体感してみたいです。

たけしさん

少人数で走力が揃っているので是非、走ってみて下さい。ガチな大会でたけしさんに合っていると思います。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数